>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

X 0301:2019  

(1) 

追補1のまえがき 

このJIS X 0301の追補1は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣

がJIS X 0301:2002を改正した内容だけを示すものである。 

JIS X 0301:2002は,この追補1の内容の改正がされ,JIS X 0301:2019となる。 

 

 


 

  

日本工業規格          JIS 

 

X 0301:2019 

 

情報交換のためのデータ要素及び 

交換形式−日付及び時刻の表記 

(追補1) 

Data elements and interchange formats- 

Information interchange-Representation of dates and times 

(Amendment 1) 

 

JIS X 0301:2002を,次のように改正する。 

 

3.34(元号)の例を,次に置き換える。 

例 明治,大正,昭和,平成,令和 

 

5.1.3(元号による日付のための文字)のa)の後に次のb)を追加し,b)〜e)の細別符号をc)〜f)に置き換え

る。 

b) [令],[R]:令和を示す記号として使う。 

 

附属書1(参考)(元号による日付と西暦との対応)の表を,次に置き換える。 

 

元号 

元号による最初の日付及び最後の日付 

対応する西暦日付 

明治 

M01.01.01(1) 
M01.09.08 
M05.12.02(2) 
M06.01.01(グレゴリオ暦採用の初日) 
M45.07.29 

1868-01-25 
1868-10-23 
1872-12-31 
1873-01-01 
1912-07-29 

大正 

T01.07.30 
T15.12.24 

1912-07-30 
1926-12-24 

昭和 

S01.12.25 
S64.01.07 

1926-12-25 
1989-01-07 

平成 

H01.01.08 
H31.04.30 

1989-01-08 
2019-04-30 

令和 

R01.05.01 

2019-05-01 

 

注(1) 明治時代までは,慣例として,元号が変わったとき,その年の1月1日にさかのぼって,

その元号の最初の日付としていた。 

太政官令が発令されたのは明治元年9月8日で,その日付から明治となった。 

(2) M06.01.01より前は,日本は太陰太陽暦が使われていた。したがって,それ以前の元号表

記は,この規格の適用範囲外であり,この期間の元号による日付の換算には特別な注意が
必要である。