>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

D 9422:2008  

(1) 

まえがき 

この追補は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS D 9422:1992は改正され,一部が置き換えられた。 

 

 


 

 

 

日本工業規格          JIS 

 

D 9422:2008 

 

自転車用タイヤバルブ 

(追補1) 

Tire valves for bicycles 

(Amendment 1) 

 

JIS D 9422:1992を,次のように改正する。 

 

1.(適用範囲)の備考1.のJIS H 3250 銅及び銅合金棒を,JIS H 3250 銅及び銅合金の棒に置き換える。 

 

1.(適用範囲)の備考1.のJIS K 6304 自転車用ゴムチューブを,JIS K 6304 自転車タイヤ用チューブに置

き換える。 

 

1.(適用範囲)の備考1.のJIS K 6307 虫ゴムを,削除する。 

 

1.(適用範囲)の備考2.のISO 4570/1:1977 Tyre valve threads−Part 1:Threads 5V1,5V2,6V1 and 8V1を,

ISO 4570 Tyre valve threadsに置き換える。 

 

1.(適用範囲)の備考3.の全文を,削除する。 

 

3.(性能)の表3(ゴム座の接着力)の表中の{ }を付けて示してある単位及び数値を,すべて削除す

る。 

 

4.(バルブの構成)の表4(バルブの構成)の構成部品“虫ゴム”の“JIS K 6307による”を,“内径1.7

〜2.0 mm及び肉厚0.4〜0.7 mm”に置き換える。 

 

7.1(気密性試験)及び7.2(ゴム座の接着力試験)の{ }を付けて示してある単位及び数値を,すべて

削除する。