>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

D 9421:2009  

(1) 

 

目 次 

ページ 

序文  1 

1 適用範囲 1 

2 引用規格 1 

3 リムの種類及びその記号  1 

4 構造 3 

5 形状及び寸法  3 

6 品質 4 

6.1 外観  4 

6.2 めっき  4 

6.3 強度  4 

7 試験方法 4 

7.1 リムの強度試験  4 

8 製品の呼び方  5 

9 表示 6 

附属書A(参考)自転車用リムの測定方法(例)  13 

附属書JA(参考)JISと対応する国際規格との対比表  22 

 

 


 

D 9421:2009  

(2) 

 

まえがき 

この規格は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,財団法人自転車産

業振興協会 (JBPI) 及び財団法人日本規格協会 (JSA) から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正す

べきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS D 9421:2005は改正され,この規格に置き換えられた。 

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。 

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権及び出願公開後の実用新案登録出願にかかわる確認について,責

任はもたない。 

 

 


 

 

日本工業規格 

      JIS 

 

D 9421:2009 

 

自転車−リム 

Bicycles-Rims 

 

序文 

この規格は,1996年に第2版として発行されたISO 5775-2,及びAmendment 1 (2001)を基に作成した日

本工業規格であるが,技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。 

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,附属書JAに示す。 

 

適用範囲 

この規格は,主として,JIS D 9111に規定する一般用自転車及び幼児用自転車に用いるリム(以下,リ

ムという。)について規定する。 

注記 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。 

ISO 5775-2:1996,Bicycle tyres and rims−Part 2 : Rims 及び Amendment 1(2001) (MOD) 

なお,対応の程度を表す記号(MOD)は,ISO/IEC Guide 21に基づき,修正していることを示

す。 

 

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。 

JIS D 9111 自転車−分類及び諸元 

JIS D 9112 自転車用タイヤ−諸元 

JIS D 9420 自転車用スポーク 

JIS D 9422 自転車用タイヤバルブ 

JIS H 8617 ニッケルめっき及びニッケル−クロムめっき 

JIS K 6302 自転車用タイヤ 

ISO 5775-1 Bicycle tyres and rims−Part 1: Tyre designations and dimensions 

 

リムの種類及びその記号 

リムの種類及びその記号は,リムの形式及び形状によって区分し,表1による。リムの種類は,表1に

示すBEリム1),WOリム2) [又はSSリム3)],HEリム4) [又はHBリム5)]及びCTリム6)の4種類と

する。 

注1) ビーデットエッジリムの略。 

2) ワイヤードオンリムの略。 


D 9421:2009  

 

3) ストレートサイドリムの略。 

4) フックドエッジリムの略。 

5) フックドビードリムの略。 

6) クロチェットタイプリムの略。 

 

表1−リムの種類及びその記号 

種類(記号) 

形式 

リムの呼び幅a) 

形状の例 

BEリムb)(BE) 

BE-1 
 

(22.2) 
(25) 

 

WOリム(WO)又
はSSリムc)(SS) 

WO-2 
WO-4 

(20.3) 
(16.5) 

 

WO-3 
WO-5 

(22.5) 
(20.3) 

 

SS 
 

18,20,22,24,27,30.5 

 

HEリム(HE)又は
HBリムd)(HB) 

HE-1 
 

(25) 

 

HE-5 
 

(20) 

 

HB 
 

20,25,27 

 

CTリムc) 

CT 
 

13C,15C,17C,19C, 
21C,23C,25C 

 

注記1 SSリム,HBリム及びCTリムは,ISO 5775-2に規定するリムに該当するものであって,外幅寸法を規定

していないので,二点鎖線を用いてその形状の例を示す。 

注記2 リムバンドの幅及び厚さは,使用中にスポークヘッドとスポーク穴とを完全にカバーするほかに,横方向

に安定して取り付けられるように,また,タイヤとチューブとを確実に取り付けできるように選択する。 

注a) リムの呼び幅は,表5,表6,表8及び表9の図におけるAの寸法を示すが,( )を付けた呼び幅はリム

の呼び方として用いない。 

b) BEリムは,JIS D 9112に規定するBEタイヤに適合する。 

c) WOリム又はSSリム,及びCTリムは,JIS D 9112に規定するWOタイヤ及びISO 5775-1に規定する“ワ

イヤードエッジ”タイヤに適合する。WOリム又はSSリムは,JIS K 6302に規定する硬鋼線のビードワイ
ヤを使用したタイヤを使用する。ただし,JIS K 6302に規定するタイヤのリム外れ強さを満足するアラミド
繊維のビードワイヤを使用したタイヤは使用できる。CTリムは,硬鋼線及びアラミド繊維のビードワイヤ
を使用したタイヤを使用する。 

d) HEリム又はHBリムは,JIS D 9112に規定するHEタイヤ及びISO 5775-1に規定する“ビーデッドエッジ ”

タイヤに適合する。 

 

 


D 9421:2009  

 

構造 

リムの構造は,次による。 

a) リムは,滑らかな輪郭をもち,タイヤ側に鋭い角があってはならない。 

b) 継ぎ目のタイヤ側,並びにスポーク穴及びバルブ穴の端面に,著しいばりがあってはならない。 

c) スポーク穴は,リム中心線から交互に離れており,かつ,均一に交互に離れていることが望ましく,

スポーク穴の位置は,リムを外側(タイヤ側)から見たときに,図1のように,バルブ穴に最も近い

右手にあるスポーク穴が,リム中心線の上側の位置とする。 

 

 

図1−バルブ穴位置 

 

形状及び寸法 

リムの形状及び寸法は,次による。 

a) リムの各部の寸法は,種類ごとに表5〜表9による。 

なお,許容差の記入がない寸法は,推奨寸法を示す。 

注記 リムの形状及び測定法の違いによって,測定結果にばらつきが発生しやすい。このため,自

転車用リムの測定方法(例)を附属書Aに記載する。 

b) リムのスポーク穴径は,表2による。 

 

表2−スポーク穴径 

単位 mm 

スポーク径の呼び 

(JIS D 9420) 

スポーク穴径 

ニップル径(参考) 

(JIS D 9420) 

No.12 

5.0 

+0.2 
 0 

4.6 

+0.2 
 0 

No.13 

4.7 

4.3 

No.13,No.14又はNo.15 

4.4 a) 

4.0 

注a) 径の呼びが20未満,又はリムの呼び径が422未満でスポーク径の呼びがNo.14の

場合には,スポーク穴径4.4を4.5にすることが望ましい。 

 

c) リムのバルブ穴径は,タイヤバルブの種類別に表3による。 

 

 

 

 

 

 


D 9421:2009  

 

表3−バルブ穴径の種類 

単位 mm 

   タイヤバルブの種類 (JIS D 9422) 

バルブ穴径 

 英式バルブ 

VEM,VER 

8.2 

±0.1 

 米式バルブa) 

VAM 

8.2 

VAR 

8.7 

 仏式バルブ 

VFM,VFR 

6.3 

注a)  米式バルブで,ボディー径が8 mmのバルブは,バルブ穴径8.2 mm

に使用できる。 

 

d) スポーク穴のピッチの差は,2 mm以下とする。 

e) リム直径寸法の差(直径ひずみ)は,スポーク穴2ピッチ相当間隔で任意の2か所を測定したとき1 mm

以下とする。 

f) 

リムの平面ひずみは,スポーク穴2ピッチ相当間隔で任意の箇所を測定したとき,0.3 mm以下とする。 

 

品質 

6.1 

外観 

リムの外観は,次による。 

a) めっき及び装飾加工を施した面には,素地の露出,はがれ,さび,その他の著しい欠点があってはな

らない。 

なお,車輪に組み立てた後,表面に現れる部分には,著しいめっきむらがあってはならない。 

b) めっき及び装飾加工を施さない仕上げ面には,さび,割れ,著しいすりきず,その他の欠点があって

はならない。 

c) マーク類には,打刻不良,位置ずれ,かすれ,色むら,その他の著しい欠点があってはならない。 

6.2 

めっき 

めっきを施したリムのめっき厚さ及び耐食性は,JIS H 8617に規定する表2の等級3級以上とする。た

だし,車輪に組み立てた後,表面に現れない部分及びめっき後加工を施した部分は除く。 

6.3 

強度 

リムの強度は,7.1の試験を行ったとき,永久ひずみは1 mm以下とする。 

 

試験方法 

7.1 

リムの強度試験 

図2に示す方法によって中心方向に表4の試験力(F)を静かに加えて2分間保持した後,力を取り除

いたときの力の負荷点での永久ひずみを測定する。 

 

 

 

 

 

 
 


D 9421:2009  

 

 

図2−リムの強度試験 

 

表4−試験条件 

種類 

形式 

リムの呼び幅 

試験力 

BEリム 

BE-1 

(22.2),(25) 

500 

WOリム又はSSリム 

WO-2 
WO-3 
WO-5 

SS 

(20.3) 
(22.5) 
(20.3) 

20,22,24,27,30.5 

WO-4 

SS 

(16.5) 

18 

300 

HEリム又はHBリム 

HE-1 
HE-5 

HB 

(25) 
(20) 

20,25,27 

500 

CTリム 

CT 

19C,21C,23C,25C 

13C,15C,17C 

300 

 

製品の呼び方 

製品の呼び方は,次による。 

a) BEリム,WOリム及びHEリムの場合,規格番号又は“自転車用リム”(名称),リムの呼び及びリム

の種類を表す記号による。 

例1 JIS D 9421 26×1⅜ WO 

例2 自転車用リム 26×1⅜ WO 

b) SSリム及びHBリムの場合,規格番号又は“自転車用リム”(名称),リムの種類を表す記号,リムの

呼び径及びリムの呼び幅による。 

例1 JIS D 9421 SS 349×20 

例2 自転車用リム SS 349×20 

c) CTリムの場合,規格番号又は“自転車用リム”(名称),リムの呼び径,リムの呼び幅及びCTリムで

あることを示す“C”による。 


D 9421:2009  

 

例1 JIS D 9421 622×13C 

例2 自転車用リム 622×13C 

 

表示 

リムには,リムの表面に刻印,ラベルを付けるなどの容易に消えない方法で,次の事項を表示する。 

a) 製造業者名又はその略号 

b) 製造年月又はその略号 

c) リムの呼び(SSリム,HBリム及びCTリムの場合は,リムの呼び径及びリムの呼び幅) 

d) 種類を表す記号(ただし,CTリムの場合はCと表示する。) 

 

表5−BEリム 

単位 mm 

 

記号 

リム各部の名称 


D2 


R2 

リム外幅 
規定リム幅 
外周 
リム外径 
リム高さ 
ビードフランジ高さ 
耳の深さ 
フランジ半径 

 

形式 

リムの呼び 

(径の呼び×幅

の呼び) 

D2 

スポーク穴

の数(参考) 

BE-1 

26×1 3/8 

40 22.2 

±0.8 

1 885 ±3 

600 

14.9 

±0.8 

10.5 

32又は40 

26×1 1/2 

26×1 3/4 

44 25 

1 885 

600 

16.3 

11 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


D 9421:2009  

 

表6−WOリム又はSSリム 

単位 mm 

a) WOリム 

 

記号 

リム各部の名称 

D2 

R2 

リム外幅 
規定リム幅 
リム外径 
リム高さ 
ビードフランジ高さ 
フランジ半径 

 

形式 

リムの呼び

(径の呼び
×幅の呼
び) 

リム
の呼
び径 

D2 

R2 

スポーク穴の数 

(参考) 

WO-2 

16×13/8 

349 

28又は26 20.3 ±0.8 

362 

11.6 ±0.8 

1 097 ±2 

6.3 

20 

18×13/8 

400 

413 

1 257 

28 

20×13/8 

451 

464 

1 416 

22×13/8 

501 

514 

1 575 

24×13/8 

540 

552 

1 695 

36 

26×11/2 

584 

597 

1 835 

26×13/8 

590 

603 

1 854 

26×11/4 

597 

610 

1 876 

27×13/8 

630 

643 

1 978 

27×11/4 

28×11/2 

635 

647 

1 994 

28×13/8 

642 

655 

2 016 

WO-3 

16×13/8 

349 

32.5 

22.5 

362 

14.1 

1 097 

20 

18×13/8 

400 

413 

1 257 

28 

20×13/8 

451 

464 

1 416 

22×13/8 

501 

514 

1 575 

24×13/8 

540 

552 

1 695 

36 

25×13/8 

565 

578 

1 775 

26×11/2 

584 

597 

1 835 

26×13/8 

590 

603 

1 854 

WO-4 

26×11/4 

597 

23 

16.5 

610 

10.8 

1 876 

1.6 

27×11/4 

630 

643 

1 978 

700C 

622 

635 

1 955 

WO-5 

20×13/8 

451 

28又は26 20.3 

464 

12.6 

1 416 

28 

22×13/8 

501 

514 

1 575 

24×13/8 

540 

552 

1 695 

36 

25×13/8 

565 

578 

1 775 

26×13/8 

590 

603 

1 854 

 

注記 ビード周Fの測定方法を,附属書Aに示す。 

  


D 9421:2009  

 

表6−WOリム又はSSリム(続き) 

単位 mm 

b) SSリム 

 

 

記号 

リム各部の名称 

規定リム幅 

規定リム径 

D1 

測定リム径 

フランジ高さ 

ビードシート幅 

H1 

リムバンドを取り付けたときの,リム
ベース上のタイヤ装着最小自由深さ 

L1 

リムバンド面上のウエル幅 

R2 

フランジ半径 

R3 

ビードシート半径 

R4 

ウエル上部半径 

β 

ビードシート角度 

 

 

リムの
呼び幅 

H1 a) b) 

L1 b) 

R2 

R3 

R4 

β c) 

±1 

±0.5 

最小 

最小 

最小 

最小 

最大 

最小 

±5° 

18 d) 

18 

6.5 

1.8 

1.8 

10 

1.5 

1.5 

10° 

20 

20 

6.5 

11 

1.8 

1.5 

10° 

22 

22 

6.5 

2.2 

11 

1.8 

10° 

24 

24 

11 

2.5 

10° 

27 

27 

7.5 

3.5 

3.5 

14 

2.5 

2.5 

10° 

30.5 

30.5 

3.5 

3.5 

14 

2.5 

2.5 

10° 

 

注a) リム径が400 mm以下のものは,深さH1に1 mmを加える。 

b) H1及びL1の寸法は,リムバンドを取り付けたときの,リムベースとニップル頭部上におけるタイヤ装

着可能スペースとして定める。リムの実際のウエル深さは,上記の目的を達成させるために,リム製
造業者の判断による。 

c) リムの呼び径が,400 mm以下のSSリムは,β=15°±10°とする。 

d) Aの許容差は,    とする。 

 

 

 

 

 0 

−1 


D 9421:2009  

 

表7−SSリムの規定リム径及び測定リム径 

単位 mm 

リムの呼び径 

規定リム径 

測定リム径a) 

D1 

リムの呼び径 

規定リム径 

測定リム径a) 

D1 

194 

194.2 

193.85 

438 

437.7 

437.35 

203 

203.2 

202.85 

440 

439.9 

439.55 

222 

222.2 

221.85 

451 

450.8 

450.45 

239 

239.4 

239.05 

484 

484 

483.65 

248 

247.6 

247.25 

489 

488.6 

488.25 

251 

250.8 

250.45 

490 

490.2 

489.85 

279 

279.2 

278.85 

498 

497.5 

497.15 

288 

287.8 

287.45 

501 

501.3 

500.95 

298 

298.4 

298.05 

507 

507.3 

506.95 

305 

304.7 

304.35 

520 

520.2 

519.85 

317 

317 

316.65 

531 

530.6 

530.25 

330 

329.8 

329.45 

534 

533.5 

533.15 

337 

336.6 

336.25 

540 

539.6 

539.25 

340 

339.6 

339.25 

541 

540.8 

540.45 

349 

349.2 

348.85 

547 

546.5 

546.15 

355 

355 

354.65 

559 

558.8 

558.45 

357 

357.1 

356.75 

565 

564.9 

564.55 

369 

368.6 

368.25 

571 

571 

570.65 

381 

380.9 

380.55 

584 

583.9 

583.55 

387 

387.1 

386.75 

590 

590.2 

589.85 

390 

389.6 

389.25 

597 

597.2 

596.85 

400 

400.1 

399.75 

609 

609.2 

608.85 

406 

405.6 

405.25 

622 

622.3 

621.95 

419 

418.6 

418.25 

630 

629.7 

629.35 

428 

428.1 

427.75 

635 

634.7 

634.35 

432 

431.6 

431.25 

642 

641.7 

641.35 

 

注記 リムの呼び幅とリムの呼び径との組合せは,ISO 5775-1を参考にして組み合わせるとよい。 
注a) ビードシートの円周(π×測定リム径)を測定したときの許容差は,±1.5 mm。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


10 

D 9421:2009  

 

表8−HEリム又はHBリム 

単位 mm 

a) HEリム 

 

 

 

 

記号 

リム各部の名称 


D2 

R2 

リム外幅 
規定リム幅 
外周 
リム外径 
リム高さ 
フランジ半径 

 

 

形式 

リムの呼び 

(径の呼び×
幅の呼び) 

リムの呼
び径 

D2 

スポーク穴の数 
(参考) 

HE-1 

121/2×21/4 

− 

33 

25 

±0.8 

691 

±3 

220 

14.8 

±0.8 

20 

14×1.75 

HB 270 

848 

270 

16×1.75 

HB 321 

1 007 

321 

20又は28 

18×1.75 

HB 372 

1 167 

371 

28 

20×1.75 

HB 422 

1 327 

422 

22×1.75 

HB 473 

1 486 

473 

24×1.75 

HB 524 

1 646 

524 

36 

26×1.75 

HB 575 

1 805 

575 

HE-5 

14×1.50 

HB 270 

28 

20 

848 

270 

14.0 

20 

16×1.50 

HB 321 

1 007 

321 

20又は28 

18×1.50 

HB 372 

1 167 

371 

28 

20×1.50 

HB 422 

1 327 

422 

22×1.50 

HB 473 

1 486 

473 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


11 

D 9421:2009  

 

表8−HEリム又はHBリム(続き) 

単位 mm 

b) HBリム 

 

 

 

 

 

記号 

リム各部の名称 

D2 

R2 
R7 

規定リム幅 
リム外径 
ビードフランジ高さ 
フランジ半径 
ウエル半径 

 

 

 

 

注a) 自由すき間は,1 mmを超えてはならない。 

 

 

リムの呼び幅 

 

最小 

R2 

R7 

最小 

±1 

±0.5 

20 

20 

13 

30 

25 

25 

14 

50 

27 

27 

15 

70 

 

HBリムの規定リム径及び外周 

リムの呼び径 

規定リム径D 

測定リム外周πD 

±2.5 

270 

269.9 

847.9 

321 

320.7 

1 007.5 

372 

371.5 

1 167.1 

422 

422.3 

1 326.7 

459 

458.8 

1 441.4 

473 

473.1 

1 486.3 

510 

509.6 

1 601 

524 

523.9 

1 645.9 

560 

560.4 

1 760.6 

575 

574.7 

1 805.5 

611 

611.2 

1 920.1 

 

注記 リムの呼び幅とリムの呼び径との組合せは,ISO 5775-1を参考

にして組み合わせるとよい。 

 

 

 

 

 

 

 

 


12 

D 9421:2009  

 

表9−CTリム 

単位 mm 

 

 

 

 

記号 

リム各部の名称 


D1 


R1 
R2 

規定リム幅 
フック幅 
規定リム径 
測定リム径 
フランジ高さ 
ビードフランジ高さ 
クロチェット半径 
フランジ半径 

 

 

注a) R22以上は,タイヤをきずつけないように,滑らかで損傷の原因になら

ない表面とする。 

 

 

リムの呼び幅 

±0.5 

±0.3 

±0.5 

H b) 

以上 

R1 b) 

13C 

13 

1.5 

5.5 

2.2 

0.9±0.1 

15C 

15 

17C 

17 

1.1

2.01.0

 

 

19C 

19 

6.5 

3.5 

21C 

21 

23C 

23 

4.5 

25C 

25 

 

注記 リムの呼び径は,SSリムの表7による。 
注b) H及びR1の寸法は,リムバンドを取り付けた状態で,クロチェット形リム

にタイヤを確実にはめ込むためのリムベース及びニップルヘッド上の邪魔
されない最小空間を定義する。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


13 

D 9421:2009  

 

附属書A 

(参考) 

自転車用リムの測定方法(例) 

 

序文 

この附属書は,本体に関連する事項を補足するもので,規定の一部ではない。 

 

A.1 目的 

この附属書は,SSリム,HBリム,CTリム及びWOリムの寸法測定及びゲージ測定の方法について示

す。 

注記 表6のWOリムのビード周Fは,表A.1に示す断面寸法のバンドゲージを用いて測定する。 

 

表A.1−バンドゲージ寸法 

単位 mm 

リムの内幅A 

バンドゲージの断面寸法 

幅 

厚さ 

16.5 

15.3 

±0.3 

0.30±0.05 

20.3 

19.1 

22.5 

21.3 

 

A.2 概要 

測定は,すべてタイヤに取付けできる状態のリムを平たんな面に置いて行う。測定の精度を得るため,

スチール製メジャー及びバンドゲージ(ISO 5775-2ではtapeと呼称)は,常に両方のビードシート部でリ

ムフランジに垂直に押し当てる。 

 

A.3 スチール製メジャーによって測定するリムの主な寸法 

スチール製メジャーによって測定するリムの主な寸法を図A.1,図A.2及び図A.3に示す。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


14 

D 9421:2009  

 

単位 mm 

 

図A.1−SSリム 

 

 

図A.2−HBリム 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


15 

D 9421:2009  

 

単位 mm 

 

図A.3−CTリム 

 

A.4 規定リム径及びビードシート円周の測定方法 

第一の方法(A.4.1)は,SSリムだけに適用可能である。第二の方法(A.4.2)は,SSリム及びCTリム

に適用できる。 

A.4.1 第一の方法 

リムの測定は,マンドレル円周に対応する標準レベル円周の回りで行う。図A.4に示すようにバンドゲ

ージを用いる。バンドゲージはばね鋼で製作し,両方のビードシート部でリムに均等に当てる。バンドゲ

ージには,対応するリムの内幅及びリムの呼び径が明確に表示されていなければならない。バンドゲージ

は,あらかじめ対応するリム径に合致したマンドレル又は平たんな面の上で,その長さを確認する。リム

のビード周Fは,バンドゲージを両方のビードシート部でリムに均等に巻き付けたとき,バンドゲージの

まっすぐな先端が,3 mmの切欠きの位置で他端に接するかによって確認する(表A.2,図A.4,図A.5及

び図A.6を参照)。 

なお,測定場所の周囲温度の参考値は,20 ℃とする。 

熟練したリム検査員の場合を除いて,測定は二人で行うとよい。一人がバンドゲージを定位置に保持し

て先端を50 N以下の力で引っ張り,もう一人が読み取る。 

A.4.2 第二の方法 

両耳の外周部(図A.4のD1)は,伸びのないスチール製メジャー(幅10 mm,厚さ0.3 mm,0.5 mmの

目盛付き)で測定する。スチール製メジャーは,リムにぴったりと接触するように注意する。両耳各々の

外周の測定値U0AとU0Bとを記録する。 

適切なノギス(ISO 5775-2ではvernier gaugeと呼称,図A.7〜図A.9を参照)を使用し,両側のフラン


16 

D 9421:2009  

 

ジの高さGA及びGBを各々数点測定し,各々の平均値を算出する。 

次の式を用いて円周の測定値,U1A及びU1Bを算出する。 

外周で考えると, 

A

0A

1A

2G

U

U

 

B

0B

1B

2G

U

U

 

半径で考えると, 

A

0A

1A

2

2

G

U

U

 

B

0B

1B

2

2

G

U

U

 

両方の円周を,表7で示したD1の値とπとの積と比較する。 

注記 二つの外周U0AとU0Bとの差が2 mmを超える場合は,ノギスを正しく当て,円周の差を補正

するために厚さがδのスペーサを入れる(図A.8を参照)。 

2

0B

0AU

U

 

スペーサは,図A.8に示すように短い方のフランジの先端とノギスとの間に入れる。 

 

 

図A.4−リム径の測定 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


17 

D 9421:2009  

 

単位 mm 

 

図A.4−リム径の測定(続き) 

 

 

単位 mm 

 

図A.5−バンドゲージの寸法 

 

 

 

 

 

 

 


18 

D 9421:2009  

 

単位 mm 

 

図A.6−バンドゲージの長さを確認するためのマンドレル 

 

表A.2−リム及びバンドゲージの幅 

単位 mm 

リムの幅 

バンドゲージの幅 W 

 0 
−0.1 

18 

16 

20 

18 

22 

20 

24 

22 

27 

25 

30.5 

28.5 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


19 

D 9421:2009  

 

単位 mm 

 

図A.7−1/20 mm目盛付きノギス 

 

 

図A.8−ノギスとスペーサとの併用 

 

 

 

 

 

 

 

 


20 

D 9421:2009  

 

単位 mm 

 

 

a) SSリムの場合 

b) CTリムの場合 

 

図A.9−フランジ高さGを測定するためのノギスの詳細 

 

A.5 リムバンド装着部のくぼみ幅の測定 

図A.10及び図A.11を参照する。 

 

 

 

 図A.10−リムバンド装着部のくぼみ幅L1の測定 

図A.11−寸法L1を測定するためのノギス 

  

A.6 ビードシート角βの測定 

図A.12及び図A.13を参照する。 

 

 

 

 


21 

D 9421:2009  

 

単位 mm 

 

 

 

図A.12−ビードシート角βの測定 

図A.13−β測定用ツール 

  

A.7 その他のリム寸法の測定 

ビードシートのリム幅A1,及び規定のリム幅Aは,図A.14に示すノギスで測定する。 

 

単位 mm 

 

図A.14−リム幅測定用のノギス 

 


 

 

附属書JA 

(参考) 

JISと対応する国際規格との対比表 

 

JIS D 9421 : 2009 自転車−リム 

ISO 5775-2:1996,Bicycle tyres and rims−Part 2 : Rims 及び Amendment 1(2001)  

 

(Ⅰ)JISの規定 

(Ⅱ) 
国際規格
番号 

(Ⅲ)国際規格の規定 

(Ⅳ)JISと国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容 

(Ⅴ)JISと国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策 

箇条番号
及び名称 

内容 

箇条番号 

内容 

箇条ごと
の評価 

技術的差異の内容 

1 適用範
囲 

JIS D 9111に規定す
る,一般用自転車及び
幼児用自転車に用い
るリム。 

 


 

自転車用タイヤのリ
ムの寸法について規
定。 

追加 

JISではリムの強度,外観まで
規定している。 

JISでは安全性,品質を確保するた
め,規定を追加している。 

2 引用規
格 

 

 

 

 

 

 

3 リムの
種類及び
その記号 
 

リムの種類を表す記
号6種類(BE,WO,
SS,HE,HB,CT)を
規定。 
リムの種類はBE,WO
又はSS,HE又はHB,
CTの4種類 


 

ISO規格では,SS,
HB,Cリムについて
規定する。 
 
ISO規格ではSS,
HB,Cリムについて
規定する(3種類)。 

追加 
 
 
 
追加 
 
 

JISでは,WO,HE,BEを追
加,CをCTと呼称している。 
 
 
JISでは,BEを追加している。
また,SSをWO又はSSに,
HBをHE又はHBに分けてい
る。 

日本では市場に合わせ,重量物運
搬用のBEリムが追加され,SSリ
ムがWOとSSに,HBリムがHE
とHBに分けられている。 
混乱を避けるため,注,注記によ
ってISO規格との対応を表示して
いる。 
 

注b) BEリムはBEタ
イヤに適合 
注c) WO,SS,CTリ
ムはWOタイヤ,ISO
規格のワイヤードエ
ッジタイヤに適合。 
 

 

SS又はCリムに取り
付ける“ワイヤーエ
ッジ”タイヤ 
 

追加 

 

 

2

 

D

 9

4

2

1

2

0

0

9

 

 

 

 

 

 


 

 

(Ⅰ)JISの規定 

(Ⅱ) 
国際規格
番号 

(Ⅲ)国際規格の規定 

(Ⅳ)JISと国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容 

(Ⅴ)JISと国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策 

箇条番号
及び名称 

内容 

箇条番号 

内容 

箇条ごと
の評価 

技術的差異の内容 

 

注c) WO,SSリムに
は,硬鋼線のビードワ
イヤを使用したタイ
ヤを使用,適合すれば
アラミド繊維のビー
ドワイヤを使用した
タイヤも使用可。 
CTリムは,硬鋼線及
びアラミド繊維のビ
ードワイヤを使用し
たタイヤを使用 
注d) HE,HBリムは
HEタイヤ及びISO規
格のビーデッドエッ
ジタイヤに適合。 
注記1 SS,HB及び
CTリムはISO規格に
規定するリムに該当。 

 

4.1 
 
 
 
 
 
 
6.1 
 
 
 

 
 

SSリムは,ノンフォ
ールタブルタイヤ
(リジッドビードタ
イヤ)だけで使用。 
 
 
 
Cリムには,リジッ
ド及びフォールタブ
ルビードタイヤだけ
で使用。 
HBリムに取り付け
る“ビーテッドエッ
ジ”タイヤ 
 

追加 
 

 

 

4 構造 

c) スポーク穴の位置 

 

− 

追加 

JISでは,スポーク穴の位置を
規定している。 

JISでは強度,安全性を確保するた
め追加している。 

5 形状及
び寸法 
 

a) リムの各部の寸法
を種類ごとに規定。 

2,4.1,
5.1,6.1  

SS,HB,Cリムにつ
いてはJISと同じ。
WO,BE,HEについ
ては規定なし。 

追加 

JISでは,WO,BE,HEリム
について追加している。 

日本では,WO,BE,HEリムとし
て定着しているため,追加してい
る。 

b) リムのスポーク穴
径を規定。 

 

− 

追加 

JISでは,項目を追加している。 JISでは強度,安全性を確保するた

め追加している。 

c) リムのバルブ穴径
を規定。 

3.2  

バルブ穴はリムのく
ぼみの中心にあるこ
と。 

追加 

JISでは,バルブ穴径も規定し
ている。 

JISでは強度,品質を確保するため
規定を追加している。 

 

2

 

D

 9

4

2

1

2

0

0

9

 

 

 

 

 


 

 

(Ⅰ)JISの規定 

(Ⅱ) 
国際規格
番号 

(Ⅲ)国際規格の規定 

(Ⅳ)JISと国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容 

(Ⅴ)JISと国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策 

箇条番号
及び名称 

内容 

箇条番号 

内容 

箇条ごと
の評価 

技術的差異の内容 

 

d) スポーク穴のピッ
チの差は2 mm以下。 

 

 

− 

追加 

JISでは,項目を追加している。 JISでは品質を確保するため,項目

を追加している。 

e) リムの直径ひずみ
は,1 mm以下。 

 

− 

追加 

JISでは,項目を追加している。 JISでは品質を確保するため,項目

を追加している。 

f) リムの平面ひずみ
は,0.3 mm以下。 

 

− 

追加 

JISでは,項目を追加している。 JISでは品質を確保するため,項目

を追加している。 

6 品質 

リムの外観(めっき,
マーク類)について規
定。 

 

− 

追加 

JISではめっき,装飾加工,マ
ーク類まで規定している。 

JISでは品質を確保するため,項目
を追加している。 

6.3 強度 リムの強度
は,7.1の試験を行い,
永久ひずみは1 mm以
下。 

 

− 

追加 

JISでは,項目を追加している。 JISでは安全性を確保するため追

加している。 

7 試験方
法 

7.1 リムの強度 表4
の試験力を2分間加
え,永久ひずみを測定
する。 

 

− 

追加 

JISでは,項目を追加している。 JISでは安全性を確保するため追

加している。 

8 製品の
呼び方 

BE,WO,HE:(タイ
ヤ外径のインチ記号)
×(タイヤ幅のインチ
記号)・種類 
SS,HB:リムの種類・
(リムの呼び径)×
(リムの呼び幅) 
CT:(リムの呼び径)
×(リムの呼び幅)・
リムの種類 

4.3 
 
 
 
5.3 
 
 
6.3 

SS:リムの種類・(リ
ムの呼び径)×(リ
ムの呼び幅) 
 
HB:リムの種類・(リ
ムの呼び径)×(リ
ムの呼び幅) 
C:(リムの呼び径)
×(リムの呼び幅)・
リムの種類 

追加 

SS,HB,CTリムについては
ISO規格とJISは一致。しかし,
WO,HE,BEについては,JIS
ではリムをはめ合わされるタ
イヤの呼びで呼称し,しかもイ
ンチ記号の呼び表記が使われ
ている。 

長年日本では,リムをはめ合わさ
れるタイヤの呼びで呼称してきて
おり,変更するとユーザーの混乱
が予想される。ISO規格で規定さ
れているSS,HB,CTリムについ
ては完全に一致しており,問題は
ない。 

 

2

 

D

 9

4

2

1

2

0

0

9

 

 

 

 

 


 

 

(Ⅰ)JISの規定 

(Ⅱ) 
国際規格
番号 

(Ⅲ)国際規格の規定 

(Ⅳ)JISと国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容 

(Ⅴ)JISと国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策 

箇条番号
及び名称 

内容 

箇条番号 

内容 

箇条ごと
の評価 

技術的差異の内容 

9 表示 

製造業者名,製造年
月,リムの呼び(SS,
HB,CTの場合はリム
の呼び径及びリムの
呼び幅),リムの種類
など表示すべき事項
を規定。 

4.3,5.3,
6.3  

リムの種類,リムの
呼び径,リムの呼び
幅を表示する。 

追加 

JISでは,製造業者名,製造年
月も表示するよう規定されて
いる。 

JISでは消費者の利便を考え,規定
を追加している。 

附属書A
(参考) 

自転車用リムの測定
方法 

附属書A
(参考) 

 

 

 

 

 

JISと国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 5775-2:1996及びAmendment 1(2001),MOD 

 

注記1 箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。 

  − 追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 

注記2 JISと国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。 

  − MOD…………… 国際規格を修正している。 
 

 

 

2

 

D

 9

4

2

1

2

0

0

9