>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

B 8832 : 2001  

(1) 

まえがき 

この規格は,工業標準化法第12条第1項の規定に基づき,社団法人日本産業機械工業会 (JSIM) /財団

法人日本規格協会 (JSA) から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工

業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。 

この規格の本体表1は,標準数の数値であるのに対し,附属書1(規定)は,本体表1以外に用いられ

る数値を記述した。 

JIS B 8832には,次に示す附属書がある。 

附属書1(規定) 本体表1以外の定格荷重 

 


 

 

日本工業規格          JIS 

 

B 8832 : 2001 

 

 

巻上機−定格荷重 

Lifting equipments−Capacities 

 

 

序文 チェーンブロック,チェーンレバーホイスト,電気チェーンブロック,電気ホイスト及び電動ウイ

ンチの巻上機において,定格荷重はその安全性,信頼性に関して極めて重要な性能である。しかしながら

巻上機の定格荷重については,国際規格に規定がないためこのJISを制定した。 

 

1. 適用範囲 この規格は,JIS B 8802,JIS B 8819,JIS B 8815,JIS C 9620,JIS B 8813の巻上機(以下,

巻上機という。)の定格荷重について規定する。 

 

2. 引用規格 次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。 

JIS B 0148 巻上機−用語 

JIS B 8802 チェーンブロック 

JIS B 8813 電動ウインチ 

JIS B 8815 電気チェーンブロック 

JIS B 8819 チェーンレバーホイスト 

JIS C 9620 電気ホイスト 

JIS Z 8601 標準数 

 

3. 定義 この規格で用いる主な用語の定義は,JIS B 0148による。 

 

4. 定格荷重 

a) 定格荷重は,表1による。 


B 8832 : 2001  

 

表1 定格荷重 

単位 t 

0.1 

10 

100 

0.125 

1.25 

12.5 

 

0.16 

1.6 

16 

 

0.2 

20 

 

0.25 

2.5 

25 

 

0.32 

3.2 

32 

 

0.4 

40 

 

0.5 

50 

 

0.63 

6.3 

63 

 

0.8 

80 

 

備考1. 数値は,JIS Z 8601による。 

2. 1t未満は,kg表示でもよい。 

b) 表1以外で用いられる定格荷重を附属書1(規定)に定める。 


B 8832 : 2001  

 

附属書1(規定) 本体表1以外の定格荷重 

 

1. 適用範囲 この附属書は,巻上機において,本体表1以外で広く用いられる定格荷重について規定す

る。 

 

2. 引用規格 本体2.による。 

 

3. 定義 本体3.による。 

 

4. 定格荷重 本体表1で規定する定格荷重以外で,広く用いられる定格荷重を附属書1表1に規定する。 

附属書1表1 定格荷重 

単位 t 

0.15(1)  
0.75(1)  
1.5(1)  
2.8(1)  
3(1)(2) 
4.8(1)(2) 
7.5(1)(2) 
9(3)  

15(1)(2) 
30(2) 

注(1) JIS B 8815 

(2) JIS C 9620 
(3) JIS B 8819 

備考 1t未満は,kg表示でもよい。 

 


B 8832 : 2001  

 

JIS B 8832(巻上機−定格荷重)原案作成委員会 構成表 

(1) 委員会 

 

 

氏名 

所属 

(委員長) 

 

大 滝 英 征 

埼玉大学 

 

 

橋 本   進 

財団法人日本規格協会 

 

 

寺 田 利 邦 

早稲田大学 

 

 

森 本 忠 三 

社団法人日本クレーン協会 

 

 

佐 藤 彰 男 

社団法人日本電機工業会 
(株式会社日立多賀エレクトロニクス) 

 

 

長 井 裕 幸 

日本鋼管株式会社 

 

 

津 田 和 則 

象印チェンブロック株式会社 

 

 

橋 本   勉 

株式会社キトー 

 

 

水 野 逸 人 

トーヨーコーケン株式会社 

 

 

安 達 耕 一 

株式会社ニッチ 

(事務局) 

 

興 梠 允 駿 

社団法人日本産業機械工業会 

(2) 分科会 

 

 

氏名 

所属 

(分科会長) 

 

津 田 和 則 

象印チェンブロック株式会社 

 

 

森 本 忠 三 

社団法人日本クレーン協会 

 

 

佐 藤 彰 男 

社団法人日本電機工業会 
(株式会社日立多賀エレクトロニクス) 

 

 

橋 本   勉 

株式会社キトー 

 

 

水 野 逸 人 

トーヨーコーケン株式会社 

 

 

安 達 耕 一 

株式会社ニッチ 

 

 

松 本 邦 夫 

株式会社日立多賀エレクトロニクス 

 

 

秋 山 廣 美 

西部電機株式会社 

 

 

山 口 安 雪 

株式会社二葉製作所 

 

 

松 田 義 法 

遠藤工業株式会社 

 

 

津 山   亨 

イーグルクランプ株式会社 

 

 

酒 井 正 一 

マーテック株式会社 

 

 

平 松   修 

株式会社エフ.イー.シーチェーン 

(事務局) 

 

興 梠 允 駿 

社団法人日本産業機械工業会