>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

B 8828-5:2013  

(1) 

目 次 

ページ 

1 適用範囲 1 

2 引用規格 1 

3 用語及び定義  1 

4 設計及び備付け  1 

5 情報の提供  2 

 

 


 

B 8828-5:2013  

(2) 

まえがき 

この規格は,工業標準化法第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人日本クレーン協会(JCA)及び

一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があ

り,日本工業標準調査会の審議を経て,厚生労働大臣及び経済産業大臣が制定した日本工業規格である。 

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。 

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。厚生労働大臣,経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の

特許出願及び実用新案権に関わる確認について,責任はもたない。 

JIS B 8828の規格群には,次に示す部編成がある。 

JIS B 8828-1 第1部:一般 

JIS B 8828-4 第4部:ジブクレーン 

JIS B 8828-5 第5部:天井走行クレーン及び橋形クレーン 

 

 


 

 

日本工業規格          JIS 

 

B 8828-5:2013 

 

クレーン−逸走防止装置− 

第5部:天井走行クレーン及び橋形クレーン 

Cranes-Anchoring devices for in-service and out-of-service conditions- 

Part 5: Bridge and gantry cranes 

 

適用範囲 

この規格は,屋外に設置された天井走行クレーン及び橋形クレーン又は屋内外を往復する天井走行クレ

ーン及び橋形クレーンの作動時及び停止時における逸走防止装置(レールクランプ,アンカなどの固定装

置)について規定する。 

 

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。 

JIS B 0146-1 クレーン用語−第1部:一般 

JIS B 0146-5 クレーン用語−第5部:天井走行クレーン及び橋形クレーン 

JIS B 8828-1 クレーン−逸走防止装置−第1部:一般 

 

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS B 0146-1,JIS B 0146-5及びJIS B 8828-1による。 

 

設計及び備付け 

逸走防止装置については,JIS B 8828-1の箇条5(設計上の要求事項)の要求事項によって設計し,また,

クレーンの種類及び動作に応じて表1に従って備付けなければならない。 

 


B 8828-5:2013  

 

表1−逸走防止装置の備付け 

天井走行クレーン及び橋形クレーンの種類及び動作 

逸走防止装置の必要性 

クレーン停止時 

クレーン作動時 

普通形天井走行クレーン 
走行 
横行 

 

○ 
− 

 

○ 
− 

特殊形天井走行クレーン 
走行 
旋回 
横行 

 

 

 

○ 

 

○a) 

 

− 

 

○ 
× 
× 

普通形橋形クレーン 
走行 
横行 

 

○ 
− 

 

○ 
− 

特殊形橋形クレーン 
走行 
旋回 
起伏 
横行 

 

 

 

○ 

 

○a) 

 

× 

 

− 

 

○ 
− 
× 
− 

○:必要,×:不要,−:オプション 
注a) 旋回については,クレーンの設置環境を考慮して非固定(自由吹流し)の状態としてもよい。 

 

情報の提供 

逸走防止装置の操作,試験,保守及び修理に関する情報を,クレーンの設置・備付者に提供しなければ

ならない。