>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

B 8605:2002  

(1) 

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

まえがき 

この規格は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,社団法人日本冷凍

空調学会(JSRAE)/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきと

の申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。これに

よって,JIS B 8605:1999は改正され,この規格に置き換えられる。 

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。主務大臣及び日本工業標準調査会は,

このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新案登

録出願にかかわる確認について,責任はもたない。 

JIS B 8605には,次に示す附属書がある。 

附属書1(規定)止め弁の試験及び検査方法 

附属書2(規定)グランド式止め弁 

附属書3(規定)ベローズ式及びダイアフラム式止め弁 

 

 

 


 

B 8605:2002  

(2) 

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

目 次 

ページ 

1. 適用範囲  1 

2. 引用規格  1 

3. 止め弁一般  1 

3.1 主要部の名称  1 

3.2 種類  1 

3.3 形名の構成  2 

3.4 性能  2 

3.5 材料  2 

3.6 構造一般  2 

3.7 寸法  3 

3.8 外観  5 

3.9 止め弁の呼び方  5 

3.10 表示  5 

附属書1(規定)止め弁の試験及び検査方法  8 

附属書2(規定)グランド式止め弁  10 

附属書3(規定)ベローズ式及びダイアフラム式止め弁  22 

 

 

 

 


 

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

日本工業規格          JIS 

 

B 8605:2002 

 

冷媒用止め弁 

Stop valves for refrigerants 

 

 

1. 適用範囲 この規格は,冷媒用止め弁(以下,止め弁という。)について規定する。 

なお,一般的事項を本体に,試験及び検査方法を附属書1に,グランド式止め弁を附属書2に,ベロー

ズ式及びダイアフラム式止め弁を附属書3に示す。 

備考 この規格の中で用いる圧力は,ゲージ圧力である。 

 

2. 引用規格 次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。 

JIS B 0203 管用テーパねじ 

JIS B 0405 普通公差−第1部:個々に公差の指示がない長さ寸法及び角度寸法に対する公差 

JIS B 2238 鋼製管フランジ通則 

JIS B 8270 圧力容器(基盤規格) 

JIS B 8602 冷媒用管フランジ 

JIS B 8607 冷媒用フレア及びろう付け管継手 

JIS G 5501 ねずみ鋳鉄品 

JIS G 5502 球状黒鉛鋳鉄品 

JIS G 5705 可鍛鋳鉄品 

 

3. 止め弁一般  

3.1 

主要部の名称 止め弁の主要各部の名称を,付図1〜4に示す。 

3.2 

種類 止め弁の種類は,最高使用圧力,止め弁形式,弁箱の形状,管接続部の形式及び大きさによ

って,次のように区分する。 

a) 最高使用圧力 最高使用圧力及びその記号は,表1に示す。 

 

表 1 最高使用圧力及びその記号 

最高使用圧力 

記号 

2.00 MPa 

3.00 MPa 

3.45 MPa 

3.45 

4.30 MPa 

4.3 

5.00 MPa 

b) 止め弁形式 止め弁形式及びその記号は,弁棒と弁箱との間のシールの方法によって区分し,表2に

示す。 


B 8605:2002  

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

表 2 止め弁形式 

止め弁形式 

シールの方法 

記号 

グランド式 

グランドパッキン,Oリングなどでシールを行うもの 

ベローズ式 

ベローズでシールを行うもの 

ダイアフラム式 

ダイアフラムでシールを行うもの 

c) 弁箱の形状 弁箱の形状及びその記号は,止め弁の出入口の方向が直角となっているか,直線となっ

ているかによって区分し,表3に示す。 

表 3 弁箱の形状 

弁箱の形状 

止め弁の出入口の方向 

記号 

アングル 

直角のもの 

グローブ 

直線のもの 

d) 管接続部の形式 管接続部の形式は,配管に取り付ける場合の接続形式によって区分し,表4に示す。 

表 4 管接続部の形式 

管接続部の形式 

記号 

ねじ込み式 

フランジ式Aグループ 

フランジ式Rグループ 

フレア式 

ろう付け式 

鋼管突合せ式 

鍛造突合せ式又は差込み式 

e) 大きさ 止め弁の大きさは,管接続部の大きさの呼びで表す。 

なお,大きさを記号化して表す場合は,A列で表す。 

3.3 

形名の構成 止め弁の形名は,3.2 a)〜e)に規定した記号を,その順序に配列して表し,次による。 

   例:3 MPaグランド式グローブ形止め弁フランジ式Aグループ100Aの場合 

     3 P G A−100A 

              大きさを表す記号 

              管接続部の形式を表す記号 

              弁箱の形状を表す記号 

              止め弁形式を表す記号 

              最高使用圧力を表す記号 

3.4 

性能 附属書1によって試験を行ったとき,止め弁の性能は次による。 

a) 耐圧性能 止め弁は,割れ,変形,漏れなどの異常があってはならない。 

b) 気密性能 止め弁は,漏れがあってはならない。 

3.5 

材料 止め弁の材料は,冷媒,吸収溶液,潤滑油又はこれらの混合物の作用によって劣化してはな

らない。 

3.6 

構造一般 止め弁の構造は,次による。 

a) 止め弁は開閉操作が滑らかであり,弁棒が時計回りで閉じる構造とする。 

b) 止め弁は,開閉操作によってふたが回転してはならない。 

なお,ふたがねじ取付方式の場合は,付図4のように回り止めを施すこと。ただし,付図3のよう

にふたが外れても外部に漏れが生じない構造のものは,この限りではない。 

c) 管接続部がフランジ式の止め弁のガスケット座は,グルーブ座(溝形)とし,相フランジ及び締付け


B 8605:2002  

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

ボルトはJIS B 8602による。 

d) 管接続部がフレア式の止め弁は,弁箱にスパナなどの掛部又はそれに代わるものがなければならない。 

e) 止め弁には逆座を設けるか,二重シール構造でなければならない。 

3.7 

寸法 止め弁の主要寸法は,附属書2表3〜12及び附属書3表2〜5によるほか,次による。 

a) 削り加工部は,JIS B 0405の中級による。 

b) ねじ込み式 管接続部がねじ込み式の止め弁の寸法許容差は,次による。 

1) 管用ねじは,JIS B 0203による。 

2) 図1の面間寸法(端面機械加工の場合)の寸法許容差は,グローブ弁で±1.5 mm,アングル弁で±

0.8 mmとする。 

3) 図1の両端のねじ部の軸線間の角度の許容差は,ねじ込み端から300 mmの距離において±2 mmと

する。 

単位 mm 

 

図 1 ねじ部の平行度及び直角度の測定方法 

 

c) フランジ式 管接続部がフランジ式の止め弁の寸法許容差は,次による。 

1) フランジ部の寸法許容差は,JIS B 2238による。 

2) 図2の両端のフランジの平行度及び直角度の許容差は,表5による。 

3) 図2の面間寸法の許容差は,表5による。 

 

表 5 フランジ式及び差込み式止め弁の寸法許容差 

止め弁の呼び径 

許容差 

平行度及び直角度 α分 

 

面間寸法 mm 

グローブ弁 

アングル弁 

100 A以下 

±30 

±1.5 

±0.8 

125 A以上200 A以下 

±20 

±1.5 

±0.8 

 


B 8605:2002  

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

 

図 2 フランジ部の平行度及び直角度の測定方法 

 

d) フレア式 管接続部がフレア式の止め弁の寸法許容差は,次による。 

1) 管継手端部及びフレアナットの寸法許容差は,JIS B 8607による。  

2) 両端の継手面の面間寸法の許容差は,グローブ弁で±1.5 mm,アングル弁で±0.8 mmとする。 

e) 差込み式 管接続部が銅管差込み式の止め弁の寸法許容差は,次による。 

1) 弁箱の管差込み部内径の寸法許容差は,表6を満足しなければならない。 

2) 弁箱の両端面の平行度及び直角度の許容差は,表5による。 

表 6 差込み式止め弁の寸法許容差 

単位 mm 

銅管の基準外径 

寸法許容差(銅管の基準外径に対して) 

 6.35 

+0.14〜+0.26 

 9.52 

+0.14〜+0.26 

12.70 

+0.14〜+0.30 

15.88 

+0.17〜+0.33 

19.05 

+0.17〜+0.33 

25.40 

+0.20〜+0.40 

31.75 

+0.20〜+0.40 

f) 

突合せ式 管接続部が図3の突合せ式の止め弁の寸法許容差は,次による。 

1) 管継手部の外径及び肉厚の寸法許容差は,規定された管材料のそれぞれの規格による。 

2) 両端面の平行度及び直角度の許容差は,表7による。また,面間寸法の許容差は,表8による。 

表 7 突合せ式止め弁の角度の許容差 

止め弁の呼び 

角度αの許容差 

100 A以下 

±1° 

125 A以上200 A以下 

±45′ 

 


B 8605:2002  

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

 

図 3 突合せ式止め弁の寸法許容差 

表 8 突合せ式止め弁の寸法許容差 

単位 mm 

面間寸法の区分 L 

200未満 

200以上400未満 

400以上650未満 

寸法許容差 

±2.0 

±3.0 

±4.0 

 

3.8 

外観 止め弁の外観は,次による。 

a) 鋳造品は,内外面とも有害な鋳巣,鋳ばり,砂焼付き,砂かみ,スケール,割れなどがないものとす

る。 

b) 鍛造品は,かぶり,せぎり傷などがないものとする。 

c) 溶接品は,内外面ともに溶接部の全長にわたって溶込み不良,割れなどの有害な欠陥がなく,余盛り

は滑らかな形状であるものとする。 

d) 機械加工面には,有害なきず及び仕上げ程度の不同がないものとする。 

e) 寸法の指定がない角又は隅部には,適切な面取り・丸みが付いているものとする。 

f) 

流体の通過する部分は,適切な仕上げ及び清掃がなされたものとする。 

3.9 

止め弁の呼び方 止め弁の呼び方は,規格番号又は規格名称に続く形名による。ただし,A列の呼

びで表す。ただし,ねじ込み式のものは,B列で表してもよい。 

3.10 表示 止め弁には,次の事項を容易に消えない方法で表示する。 

a) 大きさ 

b) 管接続部の形式 

c) 弁箱の形状 

d) 止め弁の形式 

e) 最高使用圧力 

f) 

流れの方向 

g) 開閉の方向 

h) 製造業者名又はその略号 

ただし,表示が困難な場合には,b)〜d)を表す記号は省略してもよい。 


B 8605:2002  

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

 

付図 1 グランド式(フランジ接続形) 

 

付図 2 ベローズ式(フランジ接続形) 


B 8605:2002  

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

 

付図 3 ベローズ式(フレア接続形) 

 

 

付図 4 ダイアフラム式(ろう付け接続形) 

備考 付図1〜4は,それぞれ,グランド式,ベローズ式,ダイアフラム式の各部の名称を示したもの

で,これらの構造を規定するものではない。


B 8605:2002  

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

附属書1(規定)止め弁の試験及び検査方法 

1. 適用範囲 この附属書は,本体に基づいて製作した止め弁の試験方法及び検査方法について規定する。 

 

2. 試験及び検査の項目 試験及び検査の項目は,次による。 

a) 性能 

1) 耐圧性能 

2) 気密性能 

b) 構造 

c) 寸法 

d) 外観 

e) 表示 

 

3. 試験温度 試験温度は,特に指定のない限り常温とする。 

 

4. 性能試験  

4.1 

耐圧性能 耐圧性能の試験は,次による。 

a) 耐圧性能の試験圧力は,最高使用圧力の1.5倍以上の圧力とする。ただし,鋳鉄品及び鉄鋳造品を用

いた止め弁は,附属書1表1の圧力以上とする。 

 

附属書1表 1 鋳鉄品及び鋳造品の止め弁の耐圧試験圧力 

適用冷媒 

最高使用圧力 

MPa 

大きさの呼び 

材料 

JIS G 5501 

JIS G 5502 
JIS G 5705 

 

JIS B 8270 

付表2.1及び附属書5 

FC250 
FC300 

FC350 

FCD-S 

FCMB-S 

アンモニア 

2.00 

100A (4B) 以下 

− 

 1.5倍 

2倍 

1.5倍 

1.5倍 

100A (4B) を超え 

− 

 1.5倍 

− 

1.5倍 

1.5倍 

3.00 

100A (4B) 以下 

− 

− 

− 

2倍 

2倍 

100A (4B) を超え 

− 

− 

− 

− 

− 

フルオロカーボン 

2.00 

100A (4B) 以下 

2倍 

2倍 

2倍 

1.5倍 

1.5倍 

100A (4B) を超え 

− 

− 

− 

1.5倍 

1.5倍 

3.00 

100A (4B) 以下 

− 

− 

− 

2倍 

2倍 

100A (4B) を超え 

− 

− 

− 

− 

− 

備考1. 最高使用圧力が3.45,4.30及び5.00 MPaの止め弁には,これらの材料を使用してはならない。 

2. −の記号を記入した箇所の大きさの呼びの止め弁には,これらの材料を使用してはならない。 

 

b) 止め弁を半開状態で,弁箱及びふたを適切に保持して弁箱及びふた内に液体を満たして空気を排除し

た後,規定した耐圧試験圧力を加えて1分間以上保持したとき,弁箱,ふたの破壊及びその表面から

の漏れ,液体のにじみなどがあってはならない。ただし,耐圧試験は,ベローズ,ダイアフラムなど

の永久変形のおそれのある部品を除いて試験を行ってもよい。 


B 8605:2002  

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

4.2 

気密性能 気密性能の試験は,次による。 

a) 気密性能の試験圧力は最高使用圧力以上の圧力とし,空気又は不燃性ガス(酸素及び毒性ガスを除く。)

を気密試験圧力になるまで加えて1分間以上保持して行う。 

b) 止め弁を半開状態で適切に保持し,止め弁の表面その他からの漏れがあってはならない。 

c) 止め弁を閉じた状態で適切に保持し,弁の入口側から出口側へ漏れがあってはならない。 

d) 止め弁に逆座がある場合には,逆座に弁体を当てた全開状態にして,パッキン押さえを自由状態にな

るように緩めた状態で止め弁を適切に保持し,逆座からの漏れがあってはならない。 

 

5. 構造・寸法検査 止め弁の構造及び寸法は,本体及び,附属書2又は附属書3の規定を満足していな

ければならない。 

 

6. 外観検査及び表示 止め弁の外観及び表示は,本体及び,附属書2又は附属書3の規定を満足してい

なければならない。 

 

 

 


10 

B 8605:2002  

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

附属書2(規定)グランド式止め弁 

1. 適用範囲 この附属書は,本体に基づいて製作するグランド式止め弁について規定する。ただし,こ

の附属書に本体と異なる規定がある場合には,この附属書による。 

 

2. 最高使用温度 止め弁の最高使用温度は,150 ℃とする。 

 

3. 種類 止め弁の種類は,最高使用圧力,止め弁形式,弁箱形状,管接続部形式及び大きさの呼びによ

って区分し,附属書2表1及び附属書2表2による。 

 

4. 材料 止め弁各部に使用する材料は,冷媒ガス,吸収溶液,潤滑油又はこれらの混合物の作用によっ

て劣化してはならない。 

 

5. 構造,形状及び寸法 構造,形状及び寸法は,次による。 

a) 止め弁の最小開口面積は,附属書2表3〜表12による。 

b) 弁体と弁棒は弁押さえによって取り付け,滑らかに回転する構造とし,弁体と弁押さえは適切な方法

で緩まないようにする。 

c) 大きさの呼び25A (1B) 以下のものは,弁体と弁棒を一体形にしてもよい。 

d) 冷媒の外部への漏れを防ぐために逆座を設けなければならない。 

e) 止め弁の主要寸法は,附属書2表3〜表12による。 

f) 

管接続部がねじ込み式の止め弁のねじ部は,JIS B 0203による。 

 

附属書2表 1 グランド式止め弁の種類 

最高使用圧力 

止め弁形式 

弁箱形状 

管接続部形式 

大きさの呼び 

種類の記号(形名) 

2.00 MPa 
3.00 MPa 
3.45 MPa 
4.30 MPa 

又は 

5.00 MPa 

グランド式 

グローブ 

ねじ込み式 

附属書2表3 

□PGT△ 

アングル 

附属書2表4 

□PAT△ 

グローブ 

フランジ式 
Aグループ 

附属書2表5 

□PGA△ 

アングル 

附属書2表6 

□PAA△ 

グローブ 

フランジ式 
Rグループ 

附属書2表7 

□PGR△ 

アングル 

附属書2表8 

□PAR△ 

グローブ 

鋼管突合せ式 

 

附属書2表9 

□PGW△ 

アングル 

附属書2表10 

□PAW△ 

グローブ 

鍛造突合せ式 
又は差込み式 

附属書2表11 

□PGD△ 

アングル 

附属書2表12 

□PAD△ 

備考1. 種類の記号(形名)の□は最高使用圧力を表し,2.00 MPaは2で,3.00 MPaは3で,3.45 MPaは3.45で,4.30 

MPaは4.3で,5.00 MPaは5で表示する。また,△は大きさの呼びを表し,25A,又は1/2Bのように表示する。 

2. 大きさの呼び及び最高使用圧力は,附属書2表2参照。 

 

 

 

 


11 

B 8605:2002  

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

附属書2表 2 グランド式止め弁の最高使用圧力 

種類の記号 

PGT 

PAT 

PGA 

PAA 

PGR 

PAR 

PGW 

PAW 

PGD 

PAD 

弁箱形状 

グローブ アングル グローブ アングル グローブ アングル グローブ アングル グローブ アングル 

接続部形式 

ねじ込み式 

フランジ式 
Aグループ 

フランジ式 

Rグループ 

鋼管 

突合せ式 

鍛造 

突合せ,差込み式 

大きさの呼び 

最高使用圧力 MPa 

3/8 

2.00,3.00 

又は 

5.00 

2.00,3.00 

又は 

5.00 

2.00 

又は 

3.00 

2.00 

又は 

3.00 

2.00 

又は 

3.00 

2.00 

又は 

3.00 

 

 

3.00 

又は 

5.00 

3.00 

又は 

5.00 

15 

1/2 

20 

3/4 

25 

 

 

3.00 

又は 

4.30 

3.00 

又は 

4.30 

32 

11/4 

40 

11/2 

50 

3.00 

又は 

3.45 

3.00 

又は 

3.45 

65 

21/2 

 

 

80 

(90) 

(31/2) 

 

100 

125 

150 

200 

備考 90Aは使用しないことが望ましい。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


12 

B 8605:2002  

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

附属書2表 3 PGT形止め弁 

 

 

単位 mm 

大きさの呼び 

最小開 
口面積 

(cm2) 

(参考) 

管用テーパねじ 

ハンドル 
車径 D1 

(参考) 

高さ(最大) 

呼び 

有効ねじ部 

最小長さ I 

H1 

H2 

10 

3/8 

90 

Rc 3/8 

80 

180 

206 

15 

1/2 

100 

Rc 1/2 

11 

100 

180 

206 

20 

3/4 

120 

Rc 3/4 

11 

125 

200 

210 

備考1. 管接続部の形状は,六角又は丸形とする。 

2. 弁座及び逆座の当たり面は,上図 a又はbのように円すい形にしてもよい。 
3. ハンドルは,上図 cのようにキャップにしてもよい。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


13 

B 8605:2002  

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

附属書2表 4 PAT形止め弁 

 

 

単位 mm 

大きさの呼び 

最小開 
口面積 

(cm2) 

(参考) 

 

管用テーパねじ 

ハンドル 
車径 D1 

(参考) 

高さ(最大) 

呼び 

有効ねじ部 

最小長さ I 

H1 

H2 

10 

3/8 

45 

Rc 3/8 

80 

160 

192 

15 

1/2 

50 

Rc 1/2 

11 

100 

160 

192 

20 

3/4 

60 

Rc 3/4 

11 

125 

180 

193 

備考1. 管接続部の形状は,六角又は丸形とする。 

2. 弁座及び逆座の当たり面は,上図 a又はbのように円すい形にしてもよい。 

3. ハンドルは,上図 cのようにキャップにしてもよい。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


14 

B 8605:2002  

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

附属書2表 5 PGA形止め弁 

 

 

単位 mm 

大きさ 
の呼び 

(最小) 

最小開 
口面積 

(cm2) 

(参考) 

フランジ 

ハンド 
ル車径 

D1 

(参考) 

高さ 

(最大) 

ボルト孔 

ボルト 
のねじ 
の呼び 

C1 

C2 

数 

H1 H2 

10 

3/8 

12 

120 

95 

65 

15 

M12 

25 

37 

 80 

190 190 

15 

1/2 

16 

130 

100 

70 

15 

M12 

28 

40 

100 

190 206 

20 

3/4 

21 

150 

105 

75 

15 

M12 

31 

47 

125 

205 210 

25 

27 

5.5 

160 

115 

85 

15 

M12 

41 

57 

125 

240 256 

32 

11/4 

35 

9.5 

180 

140 

100 

19 

M16 

49 

65 

160 

260 288 

40 

11/2 

41 

13 

200 

145 

105 

19 

M16 

54 

70 

160 

280 294 

50 

52 

21 

230 

155 

115 

19 

M16 

65 

81 

200 

320 334 

65 

21/2 

67 

35 

250 

185 

140 

23 

M20 

81 

97 

200 

350 374 

80 

80 

50 

290 

200 

155 

23 

M20 

98 

114 

225 

380 426 

(90) (31/2) 

93 

67 

320 

215 

170 

23 

M20 

114 

130 

250 

410 467 

100 

105 

86 

350 

245 

190 

25 

M22 

124 

146 

280 

450 500 

125 

130 

130 

400 

260 

215 

23 

M20 

152 

174 

355 

500 564 

150 

155 

180 

470 

290 

245 

23 

M20 

177 

199 

355 

550 611 

200 

204 

325 

620 

345 

300 

12 

23 

M20 

227 

249 

450 

650 727 

備考1. 弁座及び逆座の当たり面は,一般には上図cの弁体の形とし,10A〜25Aの場合は上図a又はbのように円す

い形,80 A〜200 Aの場合は上図dの足付き弁体の形にしてもよい。 

2. ハンドルは,上図 eのようにキャップにしてもよい。 
3. 90 Aは使用しないことが望ましい。 

 


15 

B 8605:2002  

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

附属書2表 6 PAA形止め弁 

 

 

単位 mm 

大きさ 
の呼び 

(最小) 

最小開 
口面積 

(cm2) 

(参考) 

フランジ 

ハンド 
ル車径 

D1 

(参考) 

高さ 

(最大) 

ボルト孔 

ボルト 
のねじ 
の呼び 

C1 

C2 

数 

H1 H2 

10 

3/8 

12 

60 

95 

65 

15 

M12 

25 

37 

80 

180 180 

15 

1/2 

16 

65 

100 

70 

15 

M12 

28 

40 

100 

180 192 

20 

3/4 

21 

75 

105 

75 

15 

M12 

31 

47 

125 

195 195 

25 

27 

5.5 

80 

115 

85 

15 

M12 

41 

57 

125 

220 238 

32 

11/4 

35 

9.5 

90 

140 

100 

19 

M16 

49 

65 

160 

240 266 

40 

11/2 

41 

13 

100 

145 

105 

19 

M16 

54 

70 

160 

260 266 

50 

52 

21 

115 

155 

115 

19 

M16 

65 

81 

200 

290 303 

65 

21/2 

67 

35 

125 

185 

140 

23 

M20 

81 

97 

200 

320 346 

80 

80 

50 

145 

200 

155 

23 

M20 

98 

114 

225 

350 378 

(90) (31/2) 

93 

67 

160 

215 

170 

23 

M20 

114 

130 

250 

380 414 

100 

105 

86 

175 

245 

190 

25 

M22 

124 

146 

280 

400 433 

125 

130 

130 

200 

260 

215 

23 

M20 

152 

174 

355 

450 491 

150 

155 

180 

235 

290 

245 

23 

M20 

177 

199 

355 

500 524 

200 

204 

325 

310 

345 

300 

12 

23 

M20 

227 

249 

450 

600 613 

備考1. 弁座及び逆座の当たり面は,一般には上図cの弁体の形とし,10 A〜25 Aの場合は上図a又はbのように円

すい形,80 A〜200 Aの場合は上図dの足付き弁体の形にしてもよい。 

2. ハンドルは,上図 eのようにキャップにしてもよい。 
3. 90 Aは使用しないことが望ましい。 

 

 


16 

B 8605:2002  

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

附属書2表 7 PGR形止め弁 

 

 

単位 mm 

大きさ 
の呼び 

(最小) 

最小開 
口面積 

(cm2) 

(参考) 

 

フランジ 

ハンドル

車径 

D1 

(参考) 

高さ 

(最大) 

ボルト孔 

ボルト 
のねじ 
の呼び 

C1 

C2 

 

数 

H1 H2 

10 

3/8 

12 

120 

90 

65 

15 

M12 

27 

39 

80 

190 190 

15 

1/2 

16 

130 

95 

70 

15 

M12 

31 

43 

100 

190 206 

20 

3/4 

21 

150 

100 

75 

15 

M12 

37 

51 

125 

205 210 

25 

27 

5.5 

160 

125 

90 

19 

M16 

44 

61 

125 

240 256 

32 

11/4 

35 

9.5 

180 

135 

100 

19 

M16 

54 

71 

160 

260 288 

40 

11/2 

41 

13 

200 

140 

105 

19 

M16 

59 

76 

160 

280 294 

50 

52 

21 

230 

155 

120 

19 

M16 

69 

91 

200 

320 334 

65 

21/2 

67 

35 

250 

175 

140 

21 

M18 

89 

111 

200 

350 374 

80 

80 

50 

290 

200 

160 

23 

M20 

99 

121 

225 

380 426 

(90) (31/2) 

93 

67 

320 

210 

170 

23 

M20 

109 

131 

250 

410 467 

100 

105 

86 

350 

225 

185 

23 

M20 

124 

146 

280 

450 500 

125 

130 

130 

400 

270 

225 

25 

M22 

149 

176 

355 

500 564 

150 

155 

180 

470 

305 

260 

12 

25 

M22 

189 

216 

355 

550 611 

200 

204 

325 

620 

350 

305 

12 

25 

M22 

229 

261 

450 

650 727 

備考1. 弁座及び逆座の当たり面は,一般には上図cの弁体の形とし,10 A〜25 Aの場合は上図a又はbのように円

すい形,80 A〜200 Aの場合は上図dの足付き弁体の形にしてもよい。 

2. ハンドルは,上図 eのようにキャップにしてもよい。 
3. 90Aは使用しないことが望ましい。 

 


17 

B 8605:2002  

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

附属書2表 8 PAR形止め弁 

 

 

単位 mm 

大きさ 
の呼び 

(最小) 

最小開 
口面積 

(cm2) 

(参考) 

フランジ 

ハンド 
ル車径 

D1 

(参考) 

高さ 

(最大) 

ボルト孔 

ボルト 
のねじ 
の呼び 

C1 

C2 

数 

H1 H2 

10 

3/8 

12 

75 

90 

65 

15 

M12 

27 

39 

80 

180  180 

15 

1/2 

16 

75 

95 

70 

15 

M12 

31 

43 

100 

180  192 

20 

3/4 

21 

80 

100 

75 

15 

M12 

37 

51 

125 

195  195 

25 

27 

5.5 

100 

125 

90 

19 

M16 

44 

61 

125 

220  238 

32 11/4 

35 

9.5 

105 

135 

100 

19 

M16 

54 

71 

160 

240  266 

40 11/2 

41 

13 

110 

140 

105 

19 

M16 

59 

76 

160 

260  266 

50 

52 

21 

120 

155 

120 

19 

M16 

69 

91 

200 

290  303 

65 21/2 

67 

35 

130 

175 

140 

21 

M18 

89 

111 

200 

320  346 

80 

80 

50 

145 

200 

160 

23 

M20 

99 

121 

225 

350  378 

備考1. 弁座及び逆座の当たり面は,一般には上図cの弁体の形とし,10 A〜25 Aの場合は上図a又はbのように円

すい形,80 A〜200 Aの場合は上図dの足付き弁体の形にしてもよい。 

2. ハンドルは,上図eのようにキャップにしてもよい。 

 

 

 

 

 

 


18 

B 8605:2002  

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

附属書2表 9 PGW形止め弁 

 

 

単位 mm 

大きさの呼び 

最小開口面積 

(cm2) 

(参考) 

0

ハンドル車径D1 

(参考) 

1

2

(最大) 

50 

21 

220 

60.5 

200 

300 

340 

65 

21/2 

34 

270 

76.3 

200 

360 

400 

80 

47 

340 

89.1 

225 

405 

445 

100 

82 

430 

114.3 

280 

490 

530 

125 

125 

450 

139.8 

355 

580 

630 

150 

179 

550 

165.2 

355 

650 

700 

200 

311 

600 

216.3 

460 

805 

875 

備考 ハンドルは,上図aのようにキャップにしてもよい。 

 

 

 

 

 

 

 


19 

B 8605:2002  

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

附属書2表 10 PAW形止め弁 

 

 

単位 mm 

大きさの呼び 

最小開口面積 

(cm2) 

(参考) 

0

ハンドル車径D1 

(参考) 

1

2

(最大) 

50 

21 

145 

60.5 

200 

300 

340 

65 

21/2 

34 

180 

76.3 

200 

360 

400 

80 

47 

190 

89.1 

225 

405 

445 

100 

82 

215 

114.3 

280 

490 

530 

125 

125 

225 

139.8 

355 

580 

630 

150 

179 

275 

165.2 

355 

650 

700 

200 

311 

300 

216.3 

460 

805 

875 

備考 ハンドルは,上図aのようにキャップにしてもよい。 

 

 

 

 

 

 


20 

B 8605:2002  

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

附属書2表 11 PGD形止め弁 

 

 

単位 mm 

大きさの呼び 

d1 

 

最小開口面積 

(cm2) 

(参考) 

ハンドル車径D1 

(参考) 

1

2

d2 

(最大) 

10 

3/8 

12 

1.1 

75 

80 

145 

175 

17.7 

15 

1/2 

15 

1.8 

100 

100 

165 

195 

22.2 

20 

3/4 

19 

2.8 

120 

100 

175 

205 

27.7 

25 

25 

4.9 

160 

130 

215 

245 

34.5 

32 

11/4 

35 

9.6 

160 

160 

250 

270 

− 

40 

11/2 

41 

13.2 

165 

160 

260 

300 

− 

50 

52 

21.2 

170 

160 

290 

305 

− 

備考1. ハンドルは,上図aのようにキャップにしてもよい。 

2. 10 A〜25 Aの場合,上図bのように差込み溶接形にしてもよい。 

 

 

 

 

 


21 

B 8605:2002  

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

附属書2表 12 PAD形止め弁 

 

 

単位 mm 

大きさの呼び 

d1 

 

最小開口面積 

(cm2) 

(参考) 

ハンドル車径D1 

(参考) 

1

2

d2 

A 

B 

(最大) 

10 

3/8 

12 

1.1 

40 

80 

130 

160 

17.7 

15 

1/2 

15 

1.8 

60 

100 

140 

170 

22.2 

20 

3/4 

19 

2.8 

60 

100 

150 

180 

27.7 

25 

25 

4.9 

80 

130 

165 

195 

34.5 

32 

11/4 

35 

9.6 

80 

160 

230 

255 

− 

40 

11/2 

41 

13.2 

80 

160 

240 

265 

− 

50 

52 

21.2 

85 

160 

270 

280 

− 

備考1. ハンドルは,上図aのようにキャップにしてもよい。 

2. 10 A〜25 Aの場合,上図bのように差込み溶接形にしてもよい。 

 

 


22 

B 8605:2002  

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

附属書3(規定)ベローズ式及びダイアフラム式止め弁 

1. 適用範囲 この附属書3は,本体に基づいて製作するベローズ式及びダイアフラム式止め弁について

規定する。ただし,この附属書に本体と異なる規定がある場合には,この附属書による。 

 

2. 最高使用温度 止め弁の最高使用温度は,150 ℃とする。 

 

3. 種類 止め弁の種類は,最高使用圧力,止め弁形式,弁箱形状,管接続部の形式及び大きさの呼びに

よって区分し,附属書3表1による。 

 

附属書3表 1 ベローズ式及びダイアフラム式止め弁の種類 

最高使用圧力 

止め弁形式 

弁箱形状 

管接続部形式 

大きさの呼び 

種類の記号(形名) 

2.00 MPa 
3.00 MPa 
3.45 MPa 

又は 

4.30 MPa 

ベローズ式 

グローブ 

ねじ込み式 

附属書3表2 

□BGT△ 

アングル 

ねじ込み式 

附属書3表3 

□BAT△ 

グローブ 

フランジ式 

附属書3表4 

□BGR△ 

アングル 

フランジ式 

附属書3表5 

□BAR△ 

グローブ 

フレア式 

− 

□BGF△ 

ダイアフラム式 

グローブ 

フレア式 

− 

□DGF△ 

グローブ 

ろう付け式 

− 

□DGB△ 

備考 

種類の記号(形名)の□は最高使用圧力を表し,2.00 MPaは2で,3.00 MPaは3で,3.45 MPaは3.45で,4.30 
MPaは4.30で表示する。また,△は大きさの呼びを表し,25A又は1/2 Bのように表示する。 

 

4. 材料 止め弁各部に使用する材料は,冷媒ガス,吸収溶液,潤滑油又はこれらの混合物の作用によっ

て劣化してはならない。 

 

5. 構造,形状及び寸法 構造,形状及び寸法は,次による。 

a) 冷媒の外部への漏れを防ぐため,逆座を設けるか,二重シール構造にしなければならない。 

b) 止め弁の主要寸法は,附属書3表2〜5による。 

c) 管接続部がねじ込み式のねじ部は,JIS B 0203による。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


23 

B 8605:2002  

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

附属書3表 2 BGT形止め弁 

 

 

単位 mm 

大きさの呼び 

最小開 
口面積 

(cm2) 

(参考) 

管用テーパねじ 

ハンドル車径 

D1 

(参考) 

高さ 

(最大) 

呼び 

有効ねじ部最小長さI 

1/4 

0.44 

54 

 Rc1/4 

40 

70 

10 

3/8 

0.78 

60 

 Rc3/8 

50 

80 

15 

1/2 

1.32 

65 

 Rc1/2 

11 

50 

90 

20 

3/4 

3.14 

80 

 Rc3/4 

11 

80 

110 

(25) 

(1) 

4.90 

95 

 Rc1 

14 

80 

145 

(32) 

(11/4) 

8.03 

110 

 Rc11/4 

14 

125 

165 

(40) 

(11/2) 

12.56 

120 

 Rc11/2 

14 

125 

166 

(50) 

(2) 

19.62 

145 

 Rc2 

18 

125 

180 

備考 25 A〜50 Aは使用しないことが望ましい。 

 

 

 

 


24 

B 8605:2002  

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

附属書3表 3 BAT形止め弁 

 

 

単位 mm 

大きさの呼び 

最小開 
口面積 

(cm2) 

(参考) 

管用テーパねじ 

ハンドル車径 

D1 

(参考) 

高さ 

(最大) 

呼び 

有効ねじ部最小長さI 

1/4 

0.44 

24 

 Rc1/4 

40 

70 

10 

3/8 

0.78 

28 

 Rc3/8 

50 

80 

15 

1/2 

1.32 

33 

 Rc1/2 

11 

50 

90 

20 

3/4 

3.14 

40 

 Rc3/4 

11 

80 

110 

(25) 

(1) 

4.90 

45 

 Rc1 

14 

80 

130 

(32) 

(11/4) 

8.03 

55 

 Rc11/4 

14 

125 

150 

(40) 

(11/2) 

12.56 

60 

 Rc11/2 

14 

125 

150 

(50) 

(2) 

19.62 

70 

 Rc2 

18 

125 

175 

備考 

25 A〜50 Aは使用しないことが望ましい。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


25 

B 8605:2002  

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

附属書3表 4 BGR形止め弁 

 

 

単位 mm 

フランジ 

の形状 

大きさ 
の呼び 

(最小) 

最小開 
口面積 

(cm2) 

(参考) 

フランジ 

ハンド 
ル車径 

D1 

(参考) 

高さ 

(最大) 

ボルト孔 

ボルト 
のねじ 
の呼び 

C1 

C2 

C 数 h 

角形 
及び 
丸形 

 

10 

3/8 

10 

0.7 

110 

90 

65 

15 

M12 

27 

39 

60 

80 

15 

1/2 

15 

1.7 

120 

95 

70 

15 

M12 

31 

43 

70 

100 

20 

3/4 

20 

3.1 

130 

100 

75 

15 

M12 

37 

51 

80 

120 

25 

25 

4.9 

150 

125 

90 

19 

M16 

44 

61 

90 

160 

32 

11/4 

32 

8.0 

160 

135 

100 

19 

M16 

54 

71 

115 

180 

40 

11/2 

40 

12.5 

170 

140 

105 

19 

M16 

59 

76 

125 

190 

角形 

50 

50 

19.6 

200 

155 

120 

19 

M16 

69 

91 

135 

200 

丸形 

50 

50 

19.6 

200 

155 

120 

19 

M16 

69 

91 

135 

200 

角形 

65 

21/2 

65 

33.0 

240 

175 

140 

21 

M18 

89 

111 

150 

270 

丸形 

65 

21/2 

65 

33.0 

240 

175 

140 

19 

M16 

86 

111 

150 

270 

角形 

80 

80 

50.0 

280 

200 

160 

23 

M20 

99 

121 

160 

280 

丸形 

80 

80 

50.0 

280 

200 

160 

23 

M20 

99 

121 

160 

280 

 

(90) (31/2) 

90 

63.0 

300 

210 

170 

23 

M20 

109 

131 

200 

320 

100 

100 

78.0 

320 

225 

185 

23 

M20 

124 

146 

200 

330 

125 

125 

122.0 

380 

270 

225 

25 

M22 

149 

176 

225 

370 

150 

150 

176.0 

400 

305 

260 12 25 

M22 

189 

216 

225 

430 

200 

200 

310.0 

560 

350 

305 12 25 

M22 

229 

261 

355 

600 

備考 90 Aは使用しないことが望ましい。 

 

 

 


26 

B 8605:2002  

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

附属書3表 5 BAR形止め弁 

 

 

単位 mm 

フランジ 

の形状 

大きさ 
の呼び 

(最小) 

最小開 
口面積 

(cm2) 

(参考) 

フランジ 

ハンド 
ル車径 

D1 

(参考) 

高さ 

(最大) 

ボルト孔 

ボルト 
のねじ 
の呼び 

C1 

C2 

C 数 h 

角形 
及び 
丸形 

10 

3/8 

10 

0.7 

70 

90 

65 

15 

M12 

27 

39 

60 

70 

15 

1/2 

15 

1.7 

75 

95 

70 

15 

M12 

31 

43 

70 

90 

20 

3/4 

20 

3.1 

75 

100 

75 

15 

M12 

37 

51 

80 

105 

25 

25 

4.9 

90 

125 

90 

19 

M16 

44 

61 

90 

130 

32 

11/4 

32 

8.0 

95 

135 

100 

19 

M16 

54 

71 

115 

150 

40 

11/2 

40 

12.5 

100 

140 

105 

19 

M16 

59 

76 

125 

150 

角形 

50 

50 

19.6 

110 

155 

120 

19 

M16 

69 

91 

135 

165 

丸形 

50 

50 

19.6 

110 

155 

120 

19 

M16 

69 

91 

135 

165 

角形 

65 

21/2 

65 

33.0 

130 

175 

140 

21 

M18 

89 

111 

160 

235 

丸形 

65 

21/2 

65 

33.0 

130 

175 

140 

19 

M16 

89 

111 

160 

235 

角形 

80 

80 

50.0 

145 

200 

160 

23 

M20 

99 

121 

160 

240 

丸形 

80 

80 

50.0 

145 

200 

160 

23 

M20 

99 

121 

160 

240 

 

(90) (31/2) 

90 

63.0 

160 

210 

170 

23 

M20 

109 

131 

200 

275 

100 

100 

78.0 

165 

225 

185 

23 

M20 

124 

146 

200 

280 

125 

125 

122.0 

195 

270 

225 

25 

M22 

149 

176 

225 

310 

150 

150 

176.0 

210 

305 

260 12 25 

M22 

189 

216 

225 

360 

200 

200 

310.0 

290 

350 

305 12 25 

M22 

229 

261 

355 

500 

備考 90 Aは使用しないことが望ましい。 

 


27 

B 8605:2002  

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。 

日本工業標準調査会産業機械技術専門委員会 

 

氏名 

   所属 

(委員会長)   岡 村 弘 之   東京理科大学 

(委員) 

朝 田 泰 英 

財団法人電力中央研究所 

 

大 地 昭 生 

日本内燃機関連合会 

 

大 湯 孝 明 

社団法人日本農業機械工業会 

 

岡 崎 治 義 

社団法人日本建設機械化協会 

 

重 久 吉 弘 

財団法人エンジニアリング振興協会 

 

竹 原 敏 郎 

農林水産省生産局 

 

筒 井 康 賢 

独立行政法人産業技術総合研究所 

 

西 本 德 生 

厚生労働省労働基準局 

 

橋 元 和 男 

国土交通省総合政策局 

 

平 野 正 明 

社団法人日本機械工業連合会 

 

藤 咲 浩 二 

社団法人日本産業機械工業会 

 

松 山 新一郎 

株式会社豊田自動織機 

 

宮 川 嘉 朗 

社団法人全国木工機械工業会