>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

まえがき 

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が制定した日

本工業規格である。これによってJIS B 8356 : 1993は廃止され,JIS B 8356-1〜9に置き換えられる。 

JIS B 8356は次に示す部編成となっている。これらの規格には“油圧用フィルタ性能評価方法”という

共通主タイトルを用いた。 

第1部:フィルタエレメントの性能確認手順 

第2部:フィルタエレメントの組立完全性試験及びファーストバブルポイントの測定 

第3部:フィルタエレメントのつぶれ又は破裂試験 

第4部:フィルタエレメントの材料の作動油適合性試験 

第5部:フィルタエレメントの端末荷重試験 

第6部:フィルタエレメントの流れ疲労特性試験 

第7部:フィルタの圧力降下特性試験 

第8部:フィルタエレメントのろ過性能試験(マルチパステスト法) 

第9部:フィルタの要求性能一覧 


 

日本工業規格          JIS 

 

B 8356-4 : 2000 

 

(ISO 2943 : 1974) 

油圧用フィルタ性能評価方法− 

第4部:フィルタエレメントの 

材料の作動油適合性試験 

Hydraulic fluid power−Filters−Evaluation of filter performance− 

Part 4 : Filter elements−Verification 

of material compatibility with fluid 

 

 

序文 この規格は,1974年に制定されたISO 2943,Hydraulic fluid power−Filter elements−Verification of 

material compatibility with fluidを翻訳し,技術的内容及び規格票の様式を変更することなく作成した日本工

業規格である。 

 なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,原国際規格にはない事項である。 

 

1. 適用範囲 

この規格は,油圧用フィルタエレメントを構成する材料が,加熱した流体に浸せきした後,つぶれ又は

破裂強度を維持しているかを確認することによって,指定流体に対する材料の適合性を試験する方法につ

いて規定する。 

フィルタエレメントに装着されているシール材は,エレメントの構成部材とは見なさない。 

 

2. 引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格のうちで,発行年を付記してあるものは,記載の年の版だけがこの規格の規定を構成するもので

あって,その後の改正版・追補には適用しない。発効年を付記していない引用規格は,その最新版(追補

を含む。)を適用する。 

JIS B 0142 油圧及び空気圧用語 

備考 ISO 5598 : 1985, Fluid power systems and components−Vocabularyからの引用事項は,この規格

の該当事項と同等である。 

JIS B 8356-2 油圧用フィルタ性能評価方法−第2部:フィルタエレメントの組立完全性試験及びファ

ーストバブルポイントの測定 

備考 ISO 2942 : 1994, Hydraulic fluid power−Filter elements−Verification of fabrication integrity and 

determination of the first bubble pointが,この規格と一致している。 

JIS B 8356-3 油圧用フィルタ性能評価方法−第3部フィルタエレメントのつぶれ又は破裂試験 

備考 ISO 2941 : 1974, Hydraulic fluid power−Filter-elements−Verification of collapse/burst resistance


B 8356-4 : 2000 (ISO 2943 : 1974) 

が,この規格と一致している。 

 

3. 試験装置 

a) ±5℃で制御できる恒温槽 

b) 供試油 

c) 精度が±1℃の温度計 

 

4. 試験方法 

a) JIS B 8356-2に基づきフィルタエレメントの組立完全性試験を行う。 

b) 組立完全性試験に合格しないフィルタエレメントは,以後の試験に使用してはならない。 

c) フィルタエレメントを,製造メーカの推奨する供試油に72時間以上浸せきする。供試油は製造業者の

指定する最高使用温度より15℃高い温度に,72時間以上(連続でも断続でも可)保たれなければなら

ない。72時間経過するまでエレメントを取り出してはならない。 

試験はその地域の安全基準に従い行うこと。 

備考 定格温度で長時間試験を行うより,製造メーカの推奨する最高使用温度より15℃高い温度で72

時間浸せきする試験が,加速試験として実用的な方法なので採用する。 

警告 試験温度は,流体の安全温度を超えないこと。超えた場合はこの規格を適用しないものとする。

d) 浸せき終了後,JIS B 8356-3に基づきつぶれ又は破裂試験を行う。 

e) 操作手順は,試験報告書に記載しなければならない。 

 

5. 容認基準 

a) 構造上の欠陥又は機能低下が見られないこと。 

b) JIS B 8356-3のつぶれ又は破裂試験に合格すること。 

 

6. 情報の指定 

製造業者から指定された下記情報を,規格に基づく試験報告書に含めること。 

a) フィルタエレメントの最高使用温度 

b) 供試油名 

 

7. 規格適合表示 

この規格に従っている場合は,試験報告書,カタログ及び販売資料に次の表示を使用する。 

“フィルタエレメントの材料の作動油適合性は,JIS B 8356-4(油圧用フィルタ性能評価方法−第4部:

フィルタエレメントの材料の作動油適合性試験)に適合する。” 


B 8356-4 : 2000 (ISO 2943 : 1974) 

JIS B 8356-4 整合化本委員会 構成表 

 

 

氏名 

所属 

(委員長) 

 

竹 中 俊 夫 

東京工業大学名誉教授 

 

 

島 田 公 雄 

中央大学理工学部 

 

 

中 嶋   誠 

通商産業省機械情報産業局 

 

○ 本 間   清 

工業技術院標準部 

 

○ 橋 本 繁 晴 

財団法人日本規格協会技術部 

 

 

村 井 孝 宣 

財団法人機械振興協会技術研究所 

 

 

岡 安 英 雄 

社団法人日本工作機械工業会技術部 

 

 

吉 松 英 昭 

株式会社神戸製鋼所 

 

 

渡 並   直 

トヨタ自動車株式会社 

 

 

荒 木 義 昭 

株式会社日平トヤマ 

 

 

黒 部 昌 徳 

東芝機械株式会社 

 

 

藤 田   勝 

石川島汎用機械株式会社 

 

 

石 井   進 

内田油圧機器工業株式会社 

 

 

小 池 一 夫 

イハラサイエンス株式会社 

 

 

門   泰 一 

太陽鉄工株式会社 

 

 

木 原 和 幸 

株式会社トキメック 

 

 

小曽戸   博 

内田油圧機器工業株式会社 

 

 

手 塚 昂 宏 

カヤバ工業株式会社 

 

 

中 西 康 二 

黒田精工株式会社 

 

 

平 野 謙 一 

油研工業株式会社 

 

 

二 見 安 亮 

CKD株式会社 

 

 

根 本 圭 介 

三菱電線工業株式会社 

(分科会主査) 

○ 山 崎 一 彦 

山信工業株式会社 

(事務局) 

 

三 浦 吉 成 

社団法人日本油空圧工業会第1技術部 

 

○ 堀 切 俊 彦 

社団法人日本油空圧工業会第2技術部 

 

 

○印は、分科会委員を兼ねる。 

 

原案作成分科会 構成表 

 

 

氏名 

所属 

 

 

福 島 英 夫 

日本石油株式会社 

 

 

小 澤 健 治 

山信工業株式会社 

 

 

住 田   隆 

株式会社トキメック 

 

 

飯 野   隆 

大生工業株式会社 

 

 

山 田 詔 一 

油研工業株式会社 

 

 

根 元 康 博 

日本ポール株式会社 

 

 

伊 沢 一 康 

日本ポール株式会社 

 

 

松 山 雄 一 

出光興産株式会社 

 

 

太 田 尚 宏 

株式会社松村石油研究所 

 

 

布 川 道 夫 

ダイキン工業株式会社 

 

 

水 野 啓 三 

カヤバ工業株式会社 

 

 

笠 井 寿 男 

SMC株式会社 

 

 

竹 崎   渉 

豊興工業株式会社 

 

 

植 田 修 弘 

タカコ精機株式会社 

 

 

杉 村 佳 春 

日本ムーグ株式会社 

(事務局) 

 

堀 切 俊 彦 

社団法人日本油空圧工業会 

 

 

 

(文責 山崎一彦)