>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

B 8324:2013  

(1) 

追補1のまえがき 

このJIS B 8324の追補1は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣

がJIS B 8324:2003を改正した内容だけを示すものである。 

JIS B 8324:2003は,この追補1の内容の改正がされ,JIS B 8324:2013となる。 

 

 


 

  

日本工業規格          JIS 

 

B 8324:2013 

 

深井戸用水中モータポンプ 

(追補1) 

Submersible motor pumps for deep well 

(Amendment 1) 

 

JIS B 8324:2003を,次のように改正する。 

 

 

2.(引用規格)のJIS B 2238 鋼製管フランジ通則を,JIS B 2220 鋼製管フランジに置き換える。 

 

2.(引用規格)のJIS B 2239 鋳鉄製管フランジ通則を,JIS B 2239 鋳鉄製管フランジに置き換える。 

 

2.(引用規格)のJIS G 3444 一般構造用炭素鋼管を,JIS G 3444 一般構造用炭素鋼鋼管に置き換える。 

 

2.(引用規格)のJIS G 3448 一般配管用ステンレス鋼管を,JIS G 3448 一般配管用ステンレス鋼鋼管に

置き換える。 

 

2.(引用規格)の“JIS G 4303 ステンレス鋼棒”の次に,“JIS G 4304 熱間圧延ステンレス鋼板及び鋼

帯”を追加する。 

 

2.(引用規格)のJIS H 3250 銅及び銅合金棒を,JIS H 3250 銅及び銅合金の棒に置き換える。 

 

7.(寸法及びはめあい)の7.1(ポンプ本体)a) の表5(フランジ部の実口径及びねじ込み部の寸法)のポ

ンプの呼び径“65”のねじ(9)込み部の寸法欄の“21/4”を,“21/2”に置き換える。 

 

7.(寸法及びはめあい)の7.6(その他の部分)b) の表11(ポンプ外径)のポンプ本体番号“P10”のB

寸法欄の“242”を,“244”に置き換える。 

 

9.(材料)の表12(材料)を,次の表に置き換える。 

 


B 8324:2013  

  

表12 材料 

部品名 

材料 

吸込フレーム 
中間ケーシング 
上部ケーシング 
弁ケーシング 

JIS H 5120のCAC402,CAC406,JIS G 5501のFC200,JIS G 5121のSCS13,SCS13A,SCS14,
SCS14A又はJIS G 4305のSUS304,SUS316 

外ケーシング 

JIS G 3452のSGP,JIS G 3448のSUS304TPD,JIS G 5121のSCS13,SCS13A,SCS14,SCS14A
又はJIS G 4305のSUS304,SUS316 

羽根車 

JIS H 5120のCAC406,CAC502A,CAC901,JIS G 4305のSUS304,SUS316,JIS G 5121の
SCS13,SCS13A,SCS14,SCS14A又は合成樹脂(15) 

水中軸受 

特殊青銅,合成樹脂,ゴム,カーボン(16),セラミックス又は超硬合金 

バランスピストン 

JIS H 5120のCAC406又はJIS G 4303のSUS403 

バランスブシュ 

JIS H 5120のCAC406,CAC603,JIS G 4303のSUS403又はJIS G 5121のSCS2 

案内羽根 

JIS H 5120のCAC406,CAC901,JIS G 5501のFC150,JIS G 4305のSUS304,SUS316,JIS 
G 5121のSCS13,SCS13A,SCS14,SCS14A又は合成樹脂(17) 

ポンプ軸 

JIS G 4303のSUS403,SUS420J1,SUS420J2,SUS431,SUS304,SUS316 

ライナリング及び
中間ブシュ 

JIS H 5120のCAC406,JIS G 4303のSUS304,SUS316,JIS G 4305のSUS304,SUS316,JIS 
G 5501のFC200又は合成樹脂 

軸継手 

JIS G 4303のSUS403,SUS420J1,SUS420J2,SUS303,SUS304,SUS316,JIS H 5120のCAC406,
CAC202,JIS H 3250のC3604BE,C3604BD,C6191BF又はJIS G 4051のS45C 

ストレーナ 

JIS G 4305のSUS304,SUS316,SUS430 

弁体 

JIS G 5501のFC150,JIS G 4303のSUS304,SUS316,JIS G 4305のSUS304,SUS316,JIS G 
5121のSCS13,JIS H 5120のCAC406又はゴム 

弁棒 

JIS H 3250のC3771BE,C3771BD,JIS G 4303のSUS403,SUS420J1,SUS420J2,SUS303,
SUS304,SUS316,JIS H 5120のCAC406,JIS G 5121のSCS13 

弁座 

JIS H 5120のCAC406,JIS G 5501のFC150,JIS G 4303のSUS403,SUS304,SUS316,JIS 
G 5121のSCS13又はゴム 

ボルト・ナット 

JIS G 4303のSUS304,SUS316,JIS H 3250のC3604BE,C3604BD又はJIS G 4051のS20C
(防食めっきを施したもの) 

吐出し曲管 

JIS G 5501のFC200,JIS G 3452のSGP,JIS G 3448のSUS304TPD,SUS316TPD,JIS G 5121
のSCS13又はJIS G 5705のFCMB 

井戸ふた 

JIS G 5501のFC150,JIS G 4304のSUS304,SUS316,JIS G 4305のSUS304,JIS G 5121の
SCS13,SCS13A又はJIS G 3101のSS400 

取付バンド 

JIS G 3101のSS400又はJIS G 4305のSUS403,SUS304,SUS316 

 

注(15) これらの材料は,ポンプ本体番号P4S又はP4に限るものとし,受渡当事者間の協定による。 

(16) この材料の軸受は,防砂構造が完全に設けられている場合に限る。 
(17) この合成樹脂は,十分な強度と耐久性をもつものとして,受渡当事者間の協定による。 

 

 

10.(附属品)の表13(附属品)の注(18) のb) の“吐出し曲管の吐出し口の継手は,JIS B 2238又はJIS B 

2239のフランジとする。”を,“吐出し曲管の吐出し口の継手は,JIS B 2220又はJIS B 2239のフランジと

する。”に置き換える。 

 

附属書1(深井戸用水中三相誘導電動機)の5.(構造)の5.4(口出し線)の“JIS C 3312に規定するビニ

ルキャブタイヤケーブル,JIS C 3327に規定するクロロプレンキャブタイヤケーブル又は品質が同等以上

で耐水性,耐油性があるものを使用する。”を,“JIS C 3312に規定する600 Vビニル絶縁ビニルキャブタ

イヤケーブル,JIS C 3327に規定するクロロプレンゴムキャブタイヤケーブル又は品質が同等以上で耐水


B 8324:2013  

 

性,耐油性があるものを使用する。”に置き換える。 

 

附属書1(深井戸用水中三相誘導電動機)の8.(材料)の附属書1表7(材料)を,次の表に置き換える。 

 

附属書1表7 材料 

部品名 

材料 

電動機フレーム 

JIS G 5501のFC150,JIS G 3444のSTK290(6),JIS G 3445のSTKM11A(6),JIS G 3454の
STPG370(6),JIS G 3101のSS400(6),JIS G 3131のSPHC(6)又はJIS G 4305のSUS304,SUS316 

キャン 

JIS G 4305のSUS304,SUS316 

上部ブラケット 
下部ブラケット 

JIS G 5501のFC150,JIS G 4303のSUS304,SUS316又はJIS G 5121のSCS13,SCS13A,
SCS14,SCS14A 

電動機軸 

JIS G 4303のSUS403,SUS420J2,SUS431,SUS303,SUS630 

水中軸受 

特殊青銅,合成樹脂,カーボン,超硬合金又はセラミックス 

スラスト受 

水中軸受に適する特殊青銅,合成樹脂,カーボン,超硬合金又はセラミックス 

スラスト円板 

JIS G 4303のSUS403,SUS420J2又はJIS G 5121のSCS13 

スラスト受ケース 

JIS G 5501のFC150,JIS G 4303のSUS304,SUS316又はJIS G 5121のSCS13,SCS13A,
SCS14,SCS14A 

ボルト・ナット 

JIS G 4303のSUS304,SUS316又はJIS H 3250のC3604BE,C3604BD 

 

注(6) 防食処理を施すこと。