>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

Z 7161:2019  

(1) 

追補1のまえがき 

このJIS Z 7161の追補1は,産業標準化法に基づき,日本産業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣

がJIS Z 7161:2015を改正した内容だけを示すものである。 

JIS Z 7161:2015は,この追補1の内容の改正がされ,JIS Z 7161:2019となる。 

注記 工業標準化法に基づき行われた申出,日本工業標準調査会の審議等の手続は,不正競争防止法

等の一部を改正する法律附則第9条により,産業標準化法第12条第1項の申出,日本産業標準

調査会の審議等の手続を経たものとみなされる。 

 

 


 

  

日本産業規格          JIS 

 

Z 7161:2019 

 

フロン類又はフロン類代替物質を使用する製品の 

環境影響度の目標達成度表示方法 

(追補1) 

Labels for environmental-impacts achievement levels for the products  

using fluorocarbons or alternative fluorocarbons 

(Amendment 1) 

 

追補1の序文 

この追補は,フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律(平成13年法律第64号)の第2

条第2項に規定する指定製品に2製品が追加されたため,改正する。 

 

JIS Z 7161:2015を,次のように改正する。 

 

箇条3(目標の達成度)の表2(店舗・オフィス用エアコンディショナーの目標の達成度)を,次の表に

置き換える。 

 

表2−店舗・オフィス用エアコンディショナーの目標の達成度 

対象機器 

目標値 

目標年度 

目標の達成度 

1日の冷凍能力が 
3トン未満のもの 

750 

2020 

AA 

AAA 

(ノンフロン) 

環境影響度の区分 

751以上 

750〜376 

375〜101 

100以下 

フロン類を使

用していない。 

1日の冷凍能力が 
3トン以上のもの 

(遠心冷凍機を除

く。) 

2023 

遠心冷凍機 

(ターボ冷凍機) 

100 

2025 

101以上 

100以下 

― 

 


Z 7161:2019  

  

5.3(環境影響度の区分)の図9(家庭用エアコンディショナー及び店舗・オフィス用エアコンディショナ

ーの場合)を,次の図に置き換える。 

 

 

 

a) 遠心冷凍機(ターボ冷凍機)以外のもの 

 

 

 

b) 遠心冷凍機(ターボ冷凍機) 

図9−家庭用エアコンディショナー及び店舗・オフィス用エアコンディショナーの場合 

 

5.6.3(環境影響度の区分)の図22(家庭用エアコンディショナー及び店舗・オフィス用エアコンディショ

ナーの場合)を,次の図に置き換える。 

 

 

 

a) 遠心冷凍機(ターボ冷凍機)以外のもの 

 

 

 

b) 遠心冷凍機(ターボ冷凍機) 

図22−家庭用エアコンディショナー及び店舗・オフィス用エアコンディショナーの場合