>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

T 0111-4 : 1997 (ISO 10328-4 : 1996) 

(1) 

まえがき 

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が制定した日

本工業規格である。 

JIS T 0111は,共通タイトル“義肢−義足の構造強度試験”を付けて,次の8部構成である。 

第1部 試験負荷原理 

第2部 試験試料 

第3部 主要構造強度試験方法 

第4部 主要構造強度試験の試験負荷パラメータ 

第5部 その他の構造強度試験方法 

第6部 その他の構造強度試験の試験負荷パラメータ 

第7部 試験依頼書 

第8部 試験報告書 

 


 

 

日本工業規格          JIS 

 

T 0111-4 : 1997 

 

(ISO 10328-4 : 1996) 

義肢−義足の構造強度試験 

第4部 主要構造強度試験の 

試験負荷パラメータ 

Prosthetics−Structural testing of lower-limb prostheses−Part 4 :  

Loading parameters of principal structural tests 

 

 

序文 この規格は,1996年に第1版として発行されたISO 10328-4, Prosthetics−Structural testing of 

lower-limb prostheses−Part4 : Loading parameters of principal structural testsを翻訳し,技術的内容及び規格票

の様式を変更することなく作成した日本工業規格である。 

 

1. 適用範囲 この規格は,一つの例外を除いて,単一の試験荷重によって複合負荷を得る単純化した静

的及び繰返し負荷試験について規定する。試験試料に生じる複合負荷は,歩行の立脚相中に生じる二つの

ピーク負荷にそれぞれ関連づけられるものである。 

この規格は下たい(腿)義足,ひざ(膝)離断義足,大たい(腿)義足に適用する。 

備考 この試験方法は,完全組立品,部分組立品又は部品の試験に適用する。 

JIS T 0111のこの第4部*では,JIS T 0111-3の4.3.2と4.4で定義する種々の試験負荷条件と

試験負荷レベルに対して,以下の事項を規定する。 

− 試験試料の,組立,試験装置への取付,負荷をかけるためのオフセット値 

− 静的試験と繰返し負荷試験のための試験荷重の値 

注* 

JIS T 0111の各規格で第1部,第2部,…,第8部とある場合は,それぞれJIS T 0111-1,JIS T 

0111-2,…,JIS T 0111-8を示す。 

 

2. 引用規格 この規格の引用規格を,次に示す。 

JIS T 0101 : 1997 福祉関連機器用語[義肢・装具部門] 

備考 ISO 8549-1 : 1989, Prosthetics and orthotics−Vocabulary−Part 1 : General terms for external limb 

prostheses and external orthosesからの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。 

JIS T 0111-3 : 1997 義肢−義足の構造強度試験 第3部 主要構造強度試験方法 

備考 ISO 10328-3 : 1996, Prosthetics−Structural testing of lower-limb prostheses−Part3 : Principal 

structural testsからの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。 

 

3. 用語の定義 この規格で用いる主な用語の定義は,JIS T 0101による。 

 


T 0111-4 : 1997 (ISO 10328-4 : 1996) 

 

4. 一般的要求事項 

4.1 

試験負荷レベル 義足を使用する成人や小児の切断者の負荷特性の差に対応して,異なった系列の

試験負荷レベルを規定する。A系列の試験負荷レベルは成人の義足に適用し,表1に示す。試験負荷レベ

ルの詳細を,JIS T 0111-4の表3から表6で規定する。 

表1 成人の試験負荷レベルの表示 

試験負荷レベル 

A100 

A80 

A60 

注 義足への負荷は,体重と活動度ほかによって異なる。例えばA100は体重100kgの標準的な活動

度の切断者に適用する。義足とその部品への試験負荷レベルである。 

4.2 

試験荷重 本規格の適用を容易にするために,すべての関連する試験荷重を表2に示す。ここには,

参照するJIS T 0111-3の項とJIS T 0111-4の表を示す。 

下記の試験荷重は,すべての試験負荷条件と試験負荷レベルに対して規定する。 

表2 試験荷重と参照する項と表 

荷重 

参照する項と表 

JIS T 0111-3の項 

JIS T 0111-4の表 

初期荷重 Fstab=50N 

5.4.2.4 
5.4.2.6 
6.1.4 
6.1.7 
6.1.8 
6.2.4 
7.2.5 

 

予備荷重 Fset=0.8×Fc 

5.4.2.3 
6.1.3 
6.2.3 
7.2.4 

 

取付ジグの確認試験荷重 

  Fpa=1.2×Fsu,ぜい(脆)性 

5.4.2.5 
5.4.2.7 
5.4.3 

表6 

静的許容試験荷重 

  Fsp=1.75×Fc 

6.1.6 
7.1.5 

表6 

静的破壊試験荷重 

 

 

  Fsu=1.5×Fsp(延性破壊) 

6.2.7 

 

  Fsu=2.0×Fsp[ぜい(脆)性破壊] 

6.2.6 
6.2.7 

 

最小荷重 Fmin=50N 

7.1.1 
7.2.8 
7.2.10 

 

繰返し負荷試験荷重 

     Fc 

5.4.2.3 
6.1.3 
6.2.3 
7.1.1 
7.1.3 
7.2.4 
7.2.9 

表6 


T 0111-4 : 1997 (ISO 10328-4 : 1996) 

 

荷重 

参照する項と表 

JIS T 0111-3の項 

JIS T 0111-4の表 

繰返し負荷試験最大荷重 

      Fmax 

7.1.1 
7.1.3 
7.2.7 
7.2.10 

表6 

 

表3 全試験負荷レベルに共通な試験試料の全長− 

(JIS T 0111-3の4.1.1, JIS T 0111-1の図2参照) 

単位 mm 

基準面レベル 

組合せの長さ1) 

uT 

uT−uK=150 

uT−uK=150 

uT−uA=590−hr 

uK 

uK−uA=440−hr 

uK−uB=500 

uT−uA=590−hr 

uA 

uA−uB=60+hr 

uK−uB=500 

uT−uA=590−hr 

uB 

uA−uB=60+hr 

uK−uB=500 

uA−uB=60+hr 

合計の長さ 

650 

650 

650 

1) hr=推奨するかかと(踵)高さ (mm) 

完全組立品 

部分組立品 

A, B, C 

その他の構成品 A, B, C 

 

表4 試験負荷条件IとIIに対する試験条件−静的破壊試験 

単位 mm 

基準面 

方向 

オフセット2) 

A100 

負荷条件 

A80 

負荷条件 

A60 

負荷条件 

II 

II 

II 

上部 

fT 

基準面1) 

oT 

82 

−79 

55 

−40 

89 

−74 

51 

−44 

81 

−85 

51 

−49 

ひざ継手 

fK 

基準面 

oK 

52 

−50 

72 

−35 

56 

−48 

68 

−39 

49 

−57 

68 

−43 

足継手 

fA 

基準面 

oA 

−32 

30 

120 

−22 

−35 

25 

115 

−24 

−41 

24 

115 

−26 

下部 

fB 

基準面1) 

oB 

−48 

45 

129 

−19 

−52 

39 

124 

−22 

−58 

39 

124 

−23 

1) 試験試料を取り付けるときのための参考値 
2) JIS T 0111-3の6.2.5参照 

 


T 0111-4 : 1997 (ISO 10328-4 : 1996) 

 

表5 試験負荷条件IとIIに対する試験条件 静的許容試験と繰返し負荷試験 

単位mm 

基準面 

方向 

オフセット2) 

A100 

負荷条件 

A80 

負荷条件 

A60 

負荷条件 

II 

II 

II 

上部 

fT 

基準面1) 

oT 

82 

−79 

55 

−40 

89 

−74 

51 

−44 

81 

−85 

51 

−49 

ひざ継手 

fK 

基準面 

oK 

52 

−50 

72 

−35 

56 

−48 

68 

−39 

49 

−57 

68 

−43 

足継手 

fA 

基準面 

oA 

−32 

30 

120 

−22 

−35 

25 

115 

−24 

−41 

24 

115 

−26 

下部 

fB 

基準面1) 

oB 

−48 

45 

129 

−19 

−52 

39 

124 

−22 

−58 

39 

124 

−23 

1) 試験試料を取り付けるときのための参考値 
2) JIS T 0111-3の6.1.5と7.2.6参照 

 

表6 試験荷重(4.参照) 

試験 

負荷 

レベル 

試験 

負荷 

条件 

取付ジグ 

確認試験 

静的許容 

試験荷重 

破壊時の静 

的試験荷重 

繰返し試験荷重 

繰返し 

最大 

 

Fpa [N] 

FsP [N] 

Fsu [N] 

Fc [N] Fmax= 

Fmin+Fc [N] 

繰返し

回数 

延性 

脆性 

A100 

5 376 

2 240 

3 360 

4 480  1 280 

1 330 

3×106 

 

II 

4 830 

2 013 

3 019 

4 025  1 150 

1 200 

3×106 

A 80 

4 956 

2 065 

3 098 

4 130  1 180 

1 230 

3×106 

 

II 

4 347 

1 811 

2 717 

3 623  1 035 

1 085 

3×106 

A 60 

3 864 

1 610 

2 415 

3 220 

920 

970 

3×106 

 

II 

3 348 

1 395 

2 092 

2 790 

797 

847 

3×106 


T 0111-4 : 1997 (ISO 10328-4 : 1996) 

 

附属書A(参考) 試験負荷条件と試験負荷レベルを 

規定するに当たっての参考 

 

A1. 背景説明 フィラデルフィア会議を引き継いだISO/TC168による作業の開始以来,数か国のデータに

よって補足し,広範な分析を行ってきた。1979年の作業の開始以来,いくつかの国では義肢の破損情報の

収集システムを作り上げてきた。公布時点において,その報告は実使用での破損率が低いことを示してい

る。このことは試験負荷レベルA100に相当する全切断者のデータに基づく試験が有効であることを示し

ている。 

試験負荷レベルA80とA60は入手したデータの統計的な解析に基づくものであって,公布時点では実使

用の経験に基づく確認はされていない。 

 

A2. 異なった試験負荷条件と試験負荷レベル A1.のデータから異なった試験負荷条件と試験負荷レベル

に対するパラメータと値を設定することとなり,JIS T 0111-3とJIS T 0111-4に規定するものとなった。 

表A1はA100,A80,A60に対する,足継手とひざ(膝)継手の試験負荷条件IとIIの曲げモーメント

及び試験負荷を示す。 

A3.で示す式によって計算した軸力とねじりモーメントを表A2に示す。 

注 前記の内部に作用する力に関してはJIS T 0111-3の附属書Aを参照のこと。 

A4.は足継手とひざ(膝)継手のオフセットを計算する式を示す(JIS T 0111-1の7.参照)。 

表A1 各試験負荷レベルにおける外部から作用する試験荷重Fと足継手と 

ひざ継手に作用するモーメント 

パラメータ 

試験負荷条件 I 

試験負荷条件 II 

 

A100 

A80 

A60 

A100 

A80 

A60 

試験荷重 

F [N]  1 280 

 1 180 

920 

 1 150 

 1 035 

797 

足継手 

MAO [Nm] 

−39.5 

−39.5 

−36.1 

137 

118 

91 

モーメント 

MAf [Nm] 

−37 

−28 

−21.3 

25.1 

25.1 

20.5 

ひざ継手 

MKO [Nm] 

64.2 

64.2 

43 

81.8 

70 

53.6 

モーメント 

MKf [Nm] 

61.7 

54.9 

50 

40 

40 

34 

 

表A2 各試験負荷レベルにおける軸圧縮力FuとねじりモーメントMuの計算値 

パラメータ 

試験負荷条件 I 

試験負荷条件 II 

 

A100 

A80 

A60 

A100 

A80 

A60 

軸力 

Fu [N] 

1 234 

1 137 

884 

1 142 

1 028 

791 

ねじりモーメント Mu [Nm] 

−0.1 

−0.8 

−2.4 

7.1 

6.9 

6.0 

 


T 0111-4 : 1997 (ISO 10328-4 : 1996) 

 

 

A3. 軸方向圧縮力FuとねじりモーメントMuを,試験荷重F,ひざ(膝)継手曲げ 

モーメント,足継手曲げモーメント及び距離uK−uAから計算する数式 

2

2

2

A

K

Kf

Af

A

K

Ko

Ao

u

u

u

M

M

u

u

M

M

F

F

 

A

K

u

Af

Ko

Ao

Kf

u

Ao

A

K

Kf

Af

u

Af

A

K

Ko

Ao

u

u

u

F

M

M

M

M

F

M

u

u

M

M

F

M

u

u

M

M

M

 

 

A4. オフセット量を,軸方向圧縮力,ひざ(膝)継手曲げモーメント, 

足継手曲げモーメントから計算する数式 

足継手のf軸オフセット 

u

Ao

A

F

M

f=

 

足継手のo軸オフセット 

u

Af

A

F

M

o=−

 

ひざ継手のf軸オフセット 

u

Ko

K

F

M

f=

 

ひざ継手のo軸オフセット 

u

Kf

K

F

M

o=−

 


T 0111-4 : 1997 (ISO 10328-4 : 1996) 

 

JIS T 0111義足構造強度試験方法通則 構成表 

 

 

氏名 

所属 

(委員長) 

 

中 川 昭 夫 

兵庫県立福祉のまちづくり工学研究所 

 

 

相 川 孝 訓 

国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所 

 

 

秋 山 昌 英 

株式会社小原工業 

 

 

田 澤 泰 弘 

社団法人日本義肢協会 

 

 

久 保   茂 

東京都補装具研究所 

 

 

高 橋 一 史 

株式会社啓愛義肢材料販売所 

 

 

西 岡 研 一 

株式会社今仙技術研究所 

 

 

別 当 有 光 

株式会社高崎義肢 

 

 

森 本 正 治 

労災リハビリテーション工学センター 

 

 

後 藤 芳 一 

通商産業省機械情報産業局 

 

 

冨 岡   悟 

厚生省社会・援護局 

 

 

朝 倉 健太郎 

東京大学工学部付属総合試験場 

 

 

藤 井 隆 宏 

通商産業省工業技術院標準部 

 

 

因   幸二郎 

財団法人日本規格協会 

(事務局) 

 

宮 地 壽 男 

社団法人日本リハビリテーション医学会