>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

日本工業規格          JIS 

 

S 7008-1991 

 

 

卓球台 

Table tennis tables 

 

 

1. 適用範囲 この規格は,木質などの天板をもつ卓球台について規定する。ただし,競技用のものは除

く。 

備考 この規格の引用規格を次に示す。 

JIS B 7507 ノギス 

JIS B 7512 鋼製巻尺 

JIS B 7516 金属製直尺 

JIS K 6701 セルロイド生地 

JIS Z 8401 数値の丸め方 

 

2. 各部の名称 卓球台の各部の名称は,図1のとおりとする。 

図1 各部の名称 

 

 

番号 

名称 

備考 

天板 卓球を行うコートを構成する部材 

脚 

天板を支持している部材 

 

3. 品質 卓球台の品質は,次の項目を満足しなければならない。 

(1) 天板上面は平滑で,使用上支障のあるねじれ,きずなどの欠点がなく,天板の反りは6.4によって試

験したとき,8mm以下であること。 

(2) 塗装は,均等に塗布され,著しいピンホール,きず,塗りむらなどの,使用上支障のある欠点がない

こと。 

(3) 各部は使用上十分な強さをもち,水平荷重強さは6.5によって試験したとき,15mm以上のずれが生

じないこと。 


S 7008-1991  

(4) 卓球台の安定性は,6.6によって試験したとき,卓球台が動かないこと。 

(5) 天板の耐荷重強さは,6.7によって試験したとき,使用上支障のある異常が生じないこと。 

(6) 天板のバウンド性能は,6.8によって試験したとき,バウンドの高さは220〜250mmであること。 

 

4. 構造 卓球台の構造は,次のとおりとする。 

(1) 卓球台は,長さ方向に二等分割(セパレート)の構造でもよい。 

なお,二つを組み合わせたときには,天板面は平たんであること。 

(2) 脚と天板との結合は,固定式,組立式又は折りたたみ式とすること。 

(3) 折りたたみ式は,折りたたんだときに容易に倒れないこと。 

(4) 脚は,図2に示すように,卓球台の端(エンドラインの外側)から150mm以上内側に取り付けなけ

ればならない。 

また,横木は,床から300mm以上離れていなければならない。 

(5) 天板の上面は,均一の濃色,無光沢とすること。 

(6) 天板上面には,つや消しの白色の塗料で,図3に示すようにエンドライン,サイドライン及びセンタ

ーラインを施すこと。 

(7) ネット用サポートの取付部は,図4に示すように,ネット用サポートを固定できる構造及び寸法をも

つこと。 

図2 脚及び横木の取付位置 

 

 


S 7008-1991  

図3 ラインの名称と位置 

 

 

図4 ネット用サポートの取付部 

 

 

5. 寸法 卓球台及びラインの寸法は,表1のとおりとする。 

表1 卓球台及びラインの寸法 

単位 mm 

名称 

寸法 

天板の長さ 

2 740±5 

天板の幅 

1 525±3 

天板上面までの高さ 

 760±5 
 660±5 

天板の厚さ 

  10〜30 

サイドライン・エンドラインの幅 e 

  20±2 

センターラインの幅 

   3±1 


S 7008-1991  

 

 

 

6. 試験方法 

6.1 

試験条件 試験は,原則として堅ろうで水平な鋼板の床上に,競技に使用できる状態にセットして

行うものとする。 

6.2 

数値の丸め方 試験結果は,規定の数値より1けた下の位まで求め,JIS Z 8401によって丸める。 

6.3 

寸法測定 各部の寸法測定は,次による。 

(1) 長さ,幅及び高さは,JIS B 7512に規定する鋼製巻尺又は,これと同等以上の精度をもつ測定器具を

用いて測定し,各白線の幅はJIS B 7516に規定する金属製直尺又はこれと同等以上の精度をもつ測定

器具を用いて測定する。 

(2) 長さは,両側のサイドラインに沿って測定する。 

(3) 幅は,両側のエンドライン及びその対辺に沿って測定する。 

(4) 高さは,任意の位置で,天板の上面から床面までの最短距離を測定する。 

(5) 天板の厚さは,JIS B 7507に規定するノギス又は,これと同等以上の精度をもつ測定器具を用いて4

点以上の任意の箇所を測定する。 

6.4 

天板上面の反りの測定 図5に示すとおり,天板の長さ方向 (a), 幅方向 (b) 及び対角方向 (c-1, c-2) 

について測定する。各位置に鋼製の直定規を置き,天板上面と直定規とのギャップを,すきまゲージ又は

テーパゲージで測定する。 


S 7008-1991  

図5 天板上面の反りの測定位置 

 

 

6.5 

水平荷重試験 図6のように,片面の外脚の下端を固定具を用いて固定し,長さ方向に300Nの水平

荷重を1分間加える。そのままの状態での点Aの位置と,荷重前の位置とのずれを測定する。 

図6 水平荷重試験 

 

 

6.6 

安定性試験 図6から固定具を取り除き,6.5と同様の方法で150Nの水平荷重を加え,卓球台の脚

が移動するかどうかを調べる。 

6.7 

耐荷重試験 天板の任意の箇所に1 000cm2の堅板を置き,堅板の上から800Nの荷重を1分間加え,

異常の有無を調べる。 

6.8 

バウンド性能試験 図7のように,試験用ボール(1)を天板上面からボール下面までが300mmの高さ

から自然落下させ,そのときのバウンドの高さを測定する。測定位置は,図8に示す・点の位置とし,各

位置で3回測定し,その平均値をバウンド高さとする。 


S 7008-1991  

図7 バウンド性能試験 

 

 

図8 バウンドの測定位置 

 

 

注(1) 試験用ボールは,次の規定に適合したものを用いる。 

(a) 使用材料は,JIS K 6701に規定するものを用い,色は,白無地とする。 

(b) 直径は,37.2〜38.2mmとする。 

(c) 質量は,2.40〜2.53gとする。 

(d) 厚さ20mm以上のスチールブロック上に,スチールブロック上面からボールの下面までが

300mmの高さからボールを自然落下させたときのバウンドの高さの3回の平均値が230〜

250mmであること。 

 

7. 検査 卓球台は,6.によって試験を行ったとき,3.,4.及び5.の規定に適合しなければならない。この

場合,検査は,合理的な抜取方法によって行ってもよい。 

 

8. 表示 卓球台には,天板表面以外の見やすい位置に,容易に消えない方法で次の事項を表示する。 

(1) 製造業者名又はその略号 

(2) セパレートのものは,一組であることを示す番号又は記号 


S 7008-1991  

日用品部会 体育器具専門委員会 構成表 

 

 

氏名 

所属 

(委員会長) 

 

南 野 竹 男 

財団法人日用品金属製品検査センター 

 

 

島 田 豊 彦 

通商産業省生活産業局 

 

 

細 川 幹 夫 

工業技術院標準部 

 

 

斉 藤 一 朗 

製品科学研究所応用人間工学部 

 

 

松 岡 寿 人 

財団法人日本文化用品安全試験所 

 

 

鈴 木 祐 一 

財団法人日本体育協会 

 

 

藤 井 基 男 

財団法人日本卓球協会 

 

 

鈴 木 英 久 

財団法人日本体育施設協会 

 

 

川 又 輝 長 

社団法人日本スポーツ用品工業協会 

 

 

勢 能 一 男 

セノー株式会社 

 

 

林   敬治郎 

ミズノ株式会社 

 

 

三 浦 敏 明 

株式会社三英 

 

 

井 本 忠 博 

株式会社イモト 

 

 

竹 波 修 一 

全日本運動用具小売商組合連合会 

(事務局) 

 

工 藤 英 武 

工業技術院標準部繊維化学規格課 

 

 

門 間 由 洋 

工業技術院標準部繊維化学規格課