>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

S 6041:2009  

(1) 

まえがき 

この追補は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS S 6041:1982は改正され,一部が置き換えられた。 

 

 


 

 

日本工業規格 

      JIS 

 

S 6041:2009 

 

事務用あなあけ器 

(追補1) 

Paper Punches 

(Amendment 1) 

 

JIS S 6041:1982を,次のように改正する。 

 

 

引用規格欄のJIS H 8617 ニッケル及びニッケル−クロムめっきを,JIS H 8617 ニッケルめっき及びニ

ッケル−クロムめっきに置き換える。 

 

引用規格欄のJIS K 5400 塗料一般試験方法を,JIS K 5600-5-4 塗料一般試験方法−第5部:塗膜の機械

的性質−第4節:引っかき硬度(鉛筆法)に置き換える。 

 

3.(材料)の“JIS G 5501(ねずみ鋳鉄品)に規定するねずみ鋳鉄品3種(FC20)”を,“JIS G 5501(ねず

み鋳鉄品)に規定するねずみ鋳鉄品3種(FC200)”に置き換える。 

 

6.1(さび止め耐食性試験)のJIS H 8617(ニッケル及びニッケル−クロムめっき)を,JIS H 8617(ニッ

ケルめっき及びニッケル−クロムめっき)に置き換える。 

 

6.2(塗膜の鉛筆引っかき抵抗性試験)の“JIS K 5400(塗料一般試験方法)の6.14によって試験し”を,

“JIS K 5600-5-4[塗料一般試験方法−第5部:塗膜の機械的性質−第4節:引っかき硬度(鉛筆法)]に

よって試験し”に置き換える。