>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

S 6040:2006  

まえがき 

この追補は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正したもの

で,これによって,JIS S 6040 : 1995は改正され,一部が置き換えられた。 

 

 


 

 

日本工業規格          JIS 

 

S 6040:2006 

 

一般工作用接着剤 

(追補1) 

Adhesives for general works 

(Amendment 1) 

 

JIS S 6040 : 1995を,次のように改正する。 

 

 

1.(適用範囲)の備考のJIS K 1410亜鉛華(酸化亜鉛)を,JIS K 1410酸化亜鉛に置き換える。 

 

1.(適用範囲)の備考のJIS K 6202ゴム用有機加硫促進剤を,JIS K 6220-2ゴム用配合剤−試験方法−第

2部:有機加硫促進剤及び有機加硫剤に置き換える。 

 

1.(適用範囲)の備考のJIS K 6222ゴム用粉末硫黄を,JIS K 6222-2ゴム用粉末硫黄に置き換える。 

 

1.(適用範囲)の備考のJIS K 6745硬質塩化ビニル板を,JIS K 6745プラスチック−硬質ポリ塩化ビニル

シート−タイプ,寸法及び特性−第1部:厚さ1 mm以上の板に置き換える。 

 

1.(適用範囲)の備考のJIS K 6747ポリプロピレン成形材料を,JIS K 6921-1プラスチック−ポリプロピ

レン (PP) 成形用及び押出用材料−第1部:呼び方のシステム及び仕様表記の基礎に置き換える。 

 

1.(適用範囲)の備考のJIS P 3201筆記用紙を,JIS S 5502封筒に置き換える。 

 

6.4.3(引張せん断接着強さ試験)の (1)(3種C)の“JIS P 3201に規定する筆記用紙A(坪量75〜80 g/m2)

の紙”を,“JIS S 5502に規定する一重封筒(坪量70 g/m2以上)の紙”に置き換える。 

 

6.4.3(引張せん断接着強さ試験)の (2.1)(試験片材料)の (b)(6種C)の“JIS K 6747に規定する1種

1類”を,“JIS K 6921-1に規定するJIS K 6921-1-PP-H, GN,02-02-012”に置き換える。 

 

6.4.5(はく離接着強さ試験)の (1)(試験片材料)の (a)(2種B及び4種B)の1行目の“JIS K 6745に

規定する1種2号の硬質塩化ビニル板”を,“JIS K 6745に規定するプレス板:グループ3の硬質塩化ビニ

ル板”に置き換える。 

 

表4の“JIS K 6222”を“JIS K 6222-2”に置き換え,“JIS K 6202”を“JIS K 6220-2”に置き換える。