>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

日本工業規格          JIS 

 

S 1015-1974 

 

 

講義室用連結机・いすの寸法 

Sizes and Dimensions of Fixed Desk and Chair for Lecture Room 

 

 

1. 適用範囲 この規格は,大学・高等専門学校などで使用する講義室用連結机・いす(以下,机・いす

という。)の寸法について規定する。 

 

2. 種類 机・いすの種類は,表1による。 

表1 

種類(1) 

備 考 

A1形 

甲板の奥行き寸法:350mm以上 
1人分の占有する前後方向の寸法:850mm 

A2形 

甲板の奥行き寸法:350mm以上 
1人分の占有する前後方向の寸法:800mm 

B1形 

甲板の奥行き寸法:300mm以上 
1人分の占有する前後方向の寸法:800mm 

B2形 

甲板の奥行き寸法:300mm以上 
1人分の占有する前後方向の寸法:750mm 

注(1) A形は,軽度の机面作業を伴う学習活動などに対応するもの。 

B形は,視聴覚資料などの提示を主とした学習形態に対応するもの。 
1形は,1人分の占有する前後距離の大きいもの。 
2形は,1人分の占有する前後距離の小さいもの。 

 

3. 寸法 

3.1 

机・いすの寸法 机・いすの寸法は,表2及び図1による。 


S 1015-1974  

表2 

単位mm 

区分 

記号 

部 分 

A1形 

A2形 

B1形 

B2形 

備 考 

机 

甲板面の着席側端の高さ 

700 

700 

700 

700 

− 

甲板の奥行き(投影) 

350以上 

350以上 

300以上 

300以上 

甲板の傾斜角度 

0又は5° 0又は5° 0又は5° 0又は5° 

1人分占有の甲板の幅 

560以上 

560以上 

560以上 

560以上 

下し(肢)のための空間の高さ1 

620以上 

620以上 

620以上 

620以上 

下肢のための空間の奥行き 

300以上 

300以上 

300以上 

300以上 

下肢のための空間の幅 

400以上 

400以上 

400以上 

400以上 

下肢のための空間の高さ2 

480以上 

480以上 

480以上 

480以上 


す 

※i 座位基準点の高さ 

400 

400 

400 

400 

− 

※j 座面の傾斜角度 

0〜5° 

0〜5° 

0〜5° 

0〜5° 

座面の有効奥行き 

360 

330 

360 

330 

座位基準点距離 

100 

100 

100 

100 

1人分占有の座面の幅 

360以上 

360以上 

360以上 

360以上 

背あての上下幅 

100以上 

100以上 

100以上 

100以上 

背もたれ点を中心
として上下各50以
上とする。 

背もたれ点の高さ 

630 

630 

630 

630 

− 

背もたれ傾斜部分の最高限界 

830 

830 

830 

830 

床が傾斜している
場合,階段状の場合
に適用する 

背あての水平方向の曲率半径 

500以上 

500以上 

500以上 

500以上 

背あてに水平方向
にカーブを付ける
ときに適用する。 

背もたれ点と背もたれ最後部の
垂直部分間の水平距離 

60以上 

60以上 

60以上 

60以上 

− 

 

3.2 

公差 長さの許容差は±2mmとする。 

なお,角度の許容差は,甲板の傾斜が0°の場合は+20',−0°,5°の場合は+0°,−20'とする。た

だし,いずれも表2の※印の部分には適用しない。 


S 1015-1974  

図1 

 

3.3 

机・いすの床取付け寸法 机・いすの床取付け寸法は,表3及び図2による。 

表3 

単位 mm 

記号 

部 分 

A1形 

A2形 

B1形 

B2形 

床取付け基準線(2)間水平距離 

850 

800 

800 

750 

床取付け基準線と背もたれ点間の水平距離 

500 

500 

500 

500 

机の着席側端といすの背もたれ点間の水平
距離 

420 

370 

420 

370 

注(2) 床取付け基準線とは,机・いすを床に取付ける場合の基準となる線をいう。これは

着席した人のかかとの位置を想定したもので,座位基準点から前・水平方向に400mm
の距離の床面の点を通り,机・いすの連結方向に設けられた線である。 

 


S 1015-1974  

図2 

 


S 1015-1974  

建築部会 学校用家具専門委員会 構成表 

 

 

氏名 

所属 

(委員会長) 

 

小 原 二 郎 

千葉大学 

 

 

木 村 邦 彦 

東京教育大学 

 

 

中 尾 喜 保 

東京芸術大学 

 

 

長 南 光 男 

千葉大学 

 

 

柏 木 健三郎 

文部省管理局 

 

 

大 井 久 弘 

文部省管理局 

 

 

波多江   明 

文部省体育局 

 

 

鈴 木 玄八郎 

通商産業省生活産業局 

 

 

市 橋 利 明 

工業技術院標準部 

 

 

竹 内 阪 蔵 

工業技術院製品科学研究所 

 

 

小 林 亀 二 

文部省管理局 

 

 

長 倉 康 彦 

東京都立大学 

 

 

掛 谷 良 一 

東京都立一橋高等学校 

 

 

片 寄 登喜雄 

千代田区立麹町小学校 

 

 

渡 辺 真 言 

東京都教育庁 

 

 

鈴 木 文 彦 

寿軽工業株式会社 

 

 

新 倉 正 二 

ネコス工業株式会社 

 

 

玉 置 勇 一 

愛知株式会社 

 

 

鈴 木 章 司 

第一工業株式会社 

 

 

酒 巻 高 一 

全国家具工業組合連合会 

 

 

海老沢 重 郎 

日本金属家具工業組合 

(事務局) 

 

田 村 尹 行 

工業技術院標準部材料規格課 

 

 

山 村 修 蔵 

工業技術院標準部材料規格課 

 

 

近 藤   弘 

工業技術院標準部材料規格課