>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

P

 821

2 : 1

998

 解

解説付表

1

 

JIS

と対応する国際規格との対比表

JIS P 8212

 : 1998

  パルプ−拡散青色光反射率(

ISO

白色度)の測定方法

ISO 3688

 : 1977,

 

Pulps

Measurement of diffuse blue reflectance factor (

ISO

 brightness)

[パルプ−拡散青色光反射率(

ISO

白色度)の測定方法]

対比項目

規定項目

(I)

JIS

の規定内容

 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容

 (IV)

JIS

と国際規格との相違点

 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後
の対策

(1)

適用範囲

(2)

引用規格

JIS

 

10

規格

ISO

 

1

規格

ISO

 2

規格

= 用語,器具,試薬などで同等

JIS

を引用。

(3)

定義

JIS P 0001

JIS P 3801

JIS 

Z 8105

JIS Z 8120

JIS Z 

8722

によるほか

を追加。

(4)

試薬・器具

試薬

ろ紙

A

ろ紙

B

吸取紙

○ 坪量約

225

340g/m

2

○ 約

250g/m

2

= 坪量範囲を拡大(軽微な技術

上の差異)

ISO

規格の規定が不備なの

で,この試験に必要な一般的
な範囲を規定。

円 形 プ レ ー

(5)

装置

(6)

試料の採取

JIS P 8201

によって採取。

○ 代表的なサンプルを採取。

= 同等の

JIS

を引用。その他は

同じ。

ISO

規格では,具体的に代表

サンプルの採取方法を規定

していないので,

JIS

では一

般的な代表サンプル採取法
として

JIS

を引用。

(7)

試 験 シ ー ト
の調製

(8)

測定手順


 

2

P

 821

2 : 1

998

 解

対比項目

規定項目

(I)

JIS

の規定内容

 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容

 (IV)

JIS

と国際規格との相違点

 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後
の対策

(9)

結 果 の 表 し

1)

JIS Z 8401

を引用。

2) 0.1

%単位に丸める。

2) 0.5

%単位に丸める。


1)

JIS

は引用

JIS

を記載。

2)

報告単位が異なる。

2)

ISO

規格が古く,当時の

計器の精度上

0.5

%単位

が限界であった。現在で
は計器の精度も向上し,
かつ市場の要求として

0.1

%が求められてい

る。

ISO

へ提案。

(10)

報告

備考

1.

対比項目

(I)

及び

(III)

の小欄で, ○

は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目

(IV)

の小欄の記号の意味は,次のとおりである。

≡ :

JIS

と国際規格との技術的内容が同等である。

= :

JIS

と国際規格との技術的内容が同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

≠ :

JIS

と国際規格との技術的内容は同等でない。