>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

P 8122:2004 

(1) 

まえがき 

この規格は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,紙パルプ技術協会

(JAPAN TAPPI)/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの

申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。 

これによって,JIS P 8122 : 1976は改正され,この規格に置き換えられる。 

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。 

 

 

 


 

P 8122:2004  

(2) 

目 次 

ページ 

1. 適用範囲  1 

2. 引用規格  1 

3. 原理  1 

4. 器具及び試薬  1 

4.1 ストップウォッチ  1 

4.2 シャーレ  1 

4.3 ピペット  1 

4.4 2 %チオシアン酸アンモニウム水溶液  1 

4.5 1 %塩化鉄(Ⅲ)水溶液  1 

5.  試験片  1 

6. 操作  2 

7. 試験結果の表し方  2 

8. 報告  2 

 

 


 

 

日本工業規格               JIS 

 

P 8122:2004 

 

紙及び板紙−サイズ度試験方法−ステキヒト法 

Paper and board−Determination of sizing−Stöckigt method 

 

1. 適用範囲 この規格は,紙及び板紙のステキヒト法によるサイズ度(水の浸透抵抗度)の測定方法に

ついて規定する。 

参考 この試験方法は,水の浸透が極めて速い紙,水の吸収容量が極めて大きい紙又ははっ水性の高

い紙の試験には適さない。 

 

2. 引用規格 次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。 

JIS K 8142 塩化鉄(Ⅲ)六水和物(試薬) 

JIS K 9000 チオシアン酸アンモニウム(試薬) 

JIS P 8110 紙及び板紙−平均品質を測定するためのサンプリング方法 

JIS P 8111 紙,板紙及びパルプ−調湿及び試験のための標準状態 

JIS Z 8401 数値の丸め方 

 

3. 原理 チオシアン酸アンモニウム水溶液に試験片を浮かべ,その試験片上に塩化鉄(Ⅲ)水溶液の液

滴を載せる。それぞれの水溶液は紙中に浸透し,接触,反応することによってチオシアン酸鉄を生じ赤色

を呈する。したがって,呈色を確認することによって,浸透に要する時間を容易に測定することができる。

この呈色に要する時間をサイズ度とし,秒単位で表す。 

 

4. 器具及び試薬 器具及び試薬は,次による。 

4.1 

ストップウォッチ 0.1秒の精度をもつもの。 

4.2 

シャーレ 試験片を浮かべるのに十分な大きさのもの。 

4.3 

ピペット 一滴の容量が,約0.05 mlの液滴が得られるもの。 

4.4 

2 %チオシアン酸アンモニウム水溶液 水100 mlをメスシリンダではかり,ビーカーに入れ,JIS K 

9000に規定するチオシアン酸アンモニウム約2.0 gを加え,溶解する。得られた水溶液を褐色びんに移し

保存したもの。 

4.5 

1 %塩化鉄(Ⅲ)水溶液 水100 mlをメスシリンダではかり,ビーカーに入れ,JIS K 8142に規定

する塩化鉄(Ⅲ)六水和物約1.6 gを加え,溶解する。得られた水溶液を褐色びんに移し保存したもの。 

 

5. 試験片 試験片は,JIS P 8110に規定する方法によって採取した試験用紙から採取し,JIS P 8111に規

定する標準条件で前処置する。試験片の寸法は,一辺が30 mm以上の四辺形とする。 

試験片には,試験用紙の表裏が明確に識別できるようなマークを付け,10枚採取する。試験片には,折

り目・しわ・すき入れ・汚点があってはならない。  


P 8122:2004  

 

6. 操作 操作は,JIS P 8111に規定する標準条件で行う。試験片は図1に示した方法で四周を折り,シ

ャーレに入れた23±1 ℃の2 %チオシアン酸アンモニウム水溶液に浮かべる。直ちにピペットを用いて同

じ温度の1 %塩化鉄(Ⅲ)水溶液を試験片上に一滴落とし,滴内に3個の赤色はん点が現れるまでの時間

をストップウォッチによって0.1秒単位で計る。 

この操作を,試験片の両面について5回ずつ,計10回行う。 

 

7. 試験結果の表し方 平均値及び最大値・最小値を,JIS Z 8401に規定する方法によって丸めの幅1に丸

める。 

 

8. 報告 報告には,必要に応じて次の項目を記録する。 

a) 規格名称及び規格番号 

b) 試験年月日及び試験場所 

c) 試験片の種類及び名称 

d) 平均値,最大値・最小値 

e) その他必要とする事項 

 

 

 

図 1 試験片の折り方の一例