>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

P 3401:2007  

(1) 

まえがき 

この追補は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正したもの

で,これによって,JIS P 3401:2000は改正され,一部が置き換えられた。 

 

 


 

 

  

日本工業規格          JIS 

 

P 3401:2007 

 

クラフト紙 
(追補1) 

Kraft papers 

(Amendment 1) 

 

JIS P 3401:2000を,次のように改正する。 

 

2.(引用規格)の5行目のJIS P 8110の規格名称で“試験用紙採取方法”を,“紙及び板紙−平均品質を測

定するためのサンプリング方法”に置き換える。 

 

2.(引用規格)の6行目のISO 186の発行年で“1994”を,“2002”に置き換える。 

 

2.(引用規格)の12行目のJIS P 8113の規格名称で“紙及び板紙−引張特性の試験方法”を,“紙及び板

紙−引張特性の試験方法−第2部:定速伸張法”に置き換える。 

 

2.(引用規格)の13行目及び14行目の備考のISO 1924-1を削除し,15行目のISO 1924-2の前に“備考”

を置く。 

 

2.(引用規格)の17行目及び18行目の備考の文を,削除する。 

 

2.(引用規格)の19行目のJIS P 8116の規格名称で“紙及び板紙の引裂強さ試験方法”を,“紙−引裂強

さ試験方法−エルメンドルフ形引裂試験機法”に置き換える。 

 

2.(引用規格)の28行目のJIS P 8122の規格名称で“紙のステキヒト・サイズ度試験方法”を,“紙及び

板紙−サイズ度試験方法−ステキヒト法”に置き換える。 

 

2.(引用規格)の36行目のJIS P 8148の規格名称で“紙及び板紙の拡散照明方式による白色度試験方法

(ISO白色度)”を,“紙,板紙及びパルプ−ISO白色度(拡散青色光反射率)の測定方法”に置き換える。 

 

2.(引用規格)の37行目のISO 2470 の発行年で“1977”を,“1999”に置き換える。