>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

K 5970:2008  

(1) 

まえがき 

この追補は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS K 5970:2003は改正され,一部が置き換えられた。 

 


 

 

  

日本工業規格             JIS 

 

K 5970:2008 

 

建物用床塗料 

(追補1) 

Interior floor coating 

(Amendment 1) 

 

JIS K 5970:2003を,次のように改正する。 

 

 

2.(引用規格)にJIS A 1408建築用ボード類の曲げ及び衝撃試験方法を,追加する。 

 

7.9(耐衝撃性)を,次の文に置き換える。 

7.9 耐衝撃性 耐衝撃性の試験は,次による。 

7.9.1 試験板 試験板は,7.3.2.1に規定する鋼板(150 mm×70 mm×2 mm),表面調整を行ったフレキシ

ブル板(300 mm×150 mm×6 mm),又はぶな板(150 mm×70 mm×8 mm)とする。鋼板,フレキシブル

板,又はぶな板の選択は,製造業者の指定とする。 

7.9.2 試験片の作製 試験片の作製は,7.3.2によって3枚作製する。 

7.9.3 試験方法 試験方法は,試験板の種類によって次による。 

7.9.3.1 試験板がフレキシブル板の場合,試験方法は,JIS A 1408の5.2(衝撃試験)による。 

a) 支持装置は,JIS A 1408の5.2.1a)(支持装置)の表3によって記号S1(砂上全面支持)を用いる。 

b) おもりは,JIS A 1408の5.2.1b)(おもり)の表5によって球形おもりW2-500を用いる。 

c) 試験の手順は,JIS A 1408の5.2.2(試験の手順)によって行う。試験片を支持装置の砂の上の中央に

水平に静置し,試験片のほぼ中央の鉛直上からおもりを自然落下させる。おもりの落下高さは,試験

片の上30 cmの距離におもりの下端がくる高さとする。 

7.9.3.2 試験板が鋼板又はぶな板の場合,JIS K 5600-5-3の3.3(デュポン式)による。試験条件は半径12.7 

mmの撃ち型及び受け台を使用し,おもりの質量は300 g,おもりを落とす高さは,300 mmとする。 

7.9.4 評価及び判定 試験片を目視によって観察し,試験片3枚について2枚以上におもりの先端の衝撃

による塗膜の割れ及びはがれを認めないとき,“衝撃による変形で割れ,はがれが生じない。”とする。