>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

K 5659:2018  

(1) 

目 次 

ページ 

序文  1 

1 適用範囲 1 

2 引用規格 1 

3 用語及び定義  2 

4 種類,区分及び等級  2 

5 品質 4 

6 見本品 5 

7 試験方法 5 

7.1 サンプリング  5 

7.2 試験用試料の検分及び調製  5 

7.3 試験の一般条件  5 

7.4 容器の中の状態  6 

7.5 低温安定性  6 

7.6 表面乾燥性  6 

7.7 塗膜の外観  6 

7.8 ポットライフ  7 

7.9 隠蔽率  7 

7.10 鏡面光沢度(60度)  7 

7.11 上塗り適合性  8 

7.12 耐屈曲性  8 

7.13 耐おもり落下性  8 

7.14 層間付着性I(下塗り塗料と中塗り塗料との間)  9 

7.15 層間付着性II(中塗り塗料と上塗り塗料との間)  10 

7.16 耐アルカリ性  10 

7.17 耐酸性  11 

7.18 耐湿潤冷熱繰返し性  11 

7.19 加熱残分  12 

7.20 促進耐候性  12 

7.21 屋外暴露耐候性  13 

8 検査 13 

9 表示 13 

附属書A(規定)フィルムアプリケータ塗装  14 

附属書B(規定)屋外暴露耐候性  15 

附属書C(参考)鋼構造物用耐候性塗料の試験に必要な試験板及び試験日数  17 

 


 

K 5659:2018  

(2) 

まえがき 

この規格は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,一般社団法人日本

塗料工業会(JPMA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から団体規格(JPMS 31:2016)を基に作成し

た工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,

経済産業大臣が改正した日本工業規格である。 

これによって,JIS K 5659:2008は改正され,この規格に置き換えられた。 

なお,平成31年9月19日までの間は,工業標準化法第19条第1項等の関係条項の規定に基づくJISマ

ーク表示認証において,JIS K 5659:2008を適用してもよい。 

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。 

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。 

 

 


 

 

日本工業規格          JIS 

 

K 5659:2018 

 

鋼構造物用耐候性塗料 

Long durable paints for steel structures 

 

序文 

この規格は,1992年に制定され,その後2002年及び2008年の改正を経て今日に至っている。今回,新

たに水性塗料に対応するために改正した。 

なお,対応国際規格は現時点で制定されていない。 

 

適用範囲 

この規格は,主に鋼構造物の美装仕上げ塗りに用い,長期の耐候性をもつ塗料について規定する。 

 

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。 

JIS G 3141 冷間圧延鋼板及び鋼帯 

JIS K 5500 塗料用語 

JIS K 5551 構造物用さび止めペイント 

JIS K 5600-1-1 塗料一般試験方法−第1部:通則−第1節:試験一般(条件及び方法) 

JIS K 5600-1-2 塗料一般試験方法−第1部:通則−第2節:サンプリング 

JIS K 5600-1-3 塗料一般試験方法−第1部:通則−第3節:試験用試料の検分及び調製 

JIS K 5600-1-4 塗料一般試験方法−第1部:通則−第4節:試験用標準試験板 

JIS K 5600-1-6 塗料一般試験方法−第1部:通則−第6節:養生並びに試験の温度及び湿度 

JIS K 5600-1-7 塗料一般試験方法−第1部:通則−第7節:膜厚 

JIS K 5600-1-8 塗料一般試験方法−第1部:通則−第8節:見本品 

JIS K 5600-2-6 塗料一般試験方法−第2部:塗料の性状・安定性−第6節:ポットライフ 

JIS K 5600-2-7 塗料一般試験方法−第2部:塗料の性状・安定性−第7節:貯蔵安定性 

JIS K 5600-3-2 塗料一般試験方法−第3部:塗膜の形成機能−第2節:表面乾燥性(バロチニ法) 

JIS K 5600-4-1 塗料一般試験方法−第4部:塗膜の視覚特性−第1節:隠ぺい力(淡彩色塗料用) 

JIS K 5600-4-3 塗料一般試験方法−第4部:塗膜の視覚特性−第3節:色の目視比較 

JIS K 5600-4-7 塗料一般試験方法−第4部:塗膜の視覚特性−第7節:鏡面光沢度 

JIS K 5600-5-1 塗料一般試験方法−第5部:塗膜の機械的性質−第1節:耐屈曲性(円筒形マンドレ

ル法) 

JIS K 5600-5-3 塗料一般試験方法−第5部:塗膜の機械的性質−第3節:耐おもり落下性 

JIS K 5600-5-6 塗料一般試験方法−第5部:塗膜の機械的性質−第6節:付着性(クロスカット法) 


K 5659:2018  

 

JIS K 5600-6-1 塗料一般試験方法−第6部:塗膜の化学的性質−第1節:耐液体性(一般的方法) 

JIS K 5600-7-2 塗料一般試験方法−第7部:塗膜の長期耐久性−第2節:耐湿性(連続結露法) 

JIS K 5600-7-6 塗料一般試験方法−第7部:塗膜の長期耐久性−第6節:屋外暴露耐候性 

JIS K 5600-7-7 塗料一般試験方法−第7部:塗膜の長期耐久性−第7節:促進耐候性及び促進耐光性

(キセノンランプ法) 

JIS K 5600-8-1 塗料一般試験方法−第8部:塗膜劣化の評価−欠陥の量,大きさ及び外観の変化に関

する表示−第1節:一般原則及び等級 

JIS K 5600-8-2 塗料一般試験方法−第8部:塗膜劣化の評価−第2節:膨れの等級 

JIS K 5600-8-4 塗料一般試験方法−第8部:塗膜劣化の評価−第4節:割れの等級 

JIS K 5600-8-5 塗料一般試験方法−第8部:塗膜劣化の評価−第5節:はがれの等級 

JIS K 5600-8-6 塗料一般試験方法−第8部:塗膜劣化の評価−欠陥の量,大きさ及び外観の変化に関

する表示−第6節:白亜化の等級(テープ法) 

JIS K 5601-1-2 塗料成分試験方法−第1部:通則−第2節:加熱残分 

JIS K 8575 水酸化カルシウム(試薬) 

JIS K 8951 硫酸(試薬) 

JIS P 3801 ろ紙(化学分析用) 

JIS R 3202 フロート板ガラス及び磨き板ガラス 

JIS R 6253 耐水研磨紙 

JIS S 6050 プラスチック字消し 

JIS Z 1522 セロハン粘着テープ 

JIS Z 8401 数値の丸め方 

JIS Z 8721 色の表示方法−三属性による表示 

JIS Z 8722 色の測定方法−反射及び透過物体色 

 

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS K 5500による。 

 

種類,区分及び等級 

種類,区分及び等級は,表1による。 

 


K 5659:2018  

 

表1−種類,区分及び等級 

種類 

区分 

等級 e) 

A種 a) 

上塗り塗料 c) 

1級 
2級 
3級 

中塗り塗料d) 

− 

B種 b) 

上塗り塗料 c) 

1級 
2級 
3級 

中塗り塗料d) 

− 

“−”:規定がないことを表している。 

注a) 溶剤形塗料で,有機溶剤を主要な揮発成分とし,主剤,硬化剤などを混合し反応硬化させて用いる

(多液形)塗料。 

b) 水性塗料で,水を主要な揮発成分とし,主剤,硬化剤などを混合し反応硬化させて用いる(多液形)

塗料と,1液で反応硬化させて用いる(1液形)塗料とがある。 

c) 上塗り塗料の原料は,ふっ素系樹脂,シリコン系樹脂又はポリウレタン系樹脂とする。 

d) 中塗り塗料は,表4の組合せで用いる。 

e) 等級については,促進耐候性及び屋外暴露耐候性の品質によって等級分けし,表2による。 

 


K 5659:2018  

 

品質 

品質は,表2による。 

 

表2−品質 

項目 

A種 

B種 

対応
箇条 

上塗り塗料 

中塗り

塗料 

上塗り塗料 

中塗り

塗料 

1級 

2級 

3級 

1級 

2級 

3級 

容器の中の状態 

かくはん(攪拌)したとき,堅い塊がなくて一様になる 

7.4 

低温安定性 
(−5 ℃) 

− 

変質しない 

7.5 

表面乾燥性 

表面乾燥する 

7.6 

塗膜の外観 

正常である 

7.7 

ポットライフ 

5時間 

3時間 

7.8 

隠蔽率 

白・淡彩色a) 

≧90 

7.9 

鮮明な赤及び
黄色 

≧50 

その他の色 

≧80 

鏡面光沢度(60度) 

≧70 

− 

≧70 

− 

7.10 

上塗り適合性 

− 

支障が

ない 

− 

支障が

ない 

7.11 

耐屈曲性 

折曲げに耐える 

7.12 

耐おもり落下性 

塗膜に割れ及び剝がれが生じない 

7.13 

層間付着性 

− 

異常が

ない 

− 

異常が

ない 

7.14 

II 

異常がない 

7.15 

耐アルカリ性 

異常がない 

7.16 

耐酸性 

異常がない 

7.17 

耐湿潤冷熱繰返し性 

湿潤冷熱繰返しに耐える 

7.18 

加熱残
分 % 

白・淡彩色a) 

≧50 

≧60 

≧40 

≧50 

7.19 

その他の色 

≧40 

≧50 

≧30 

≧40 

促進耐
候性 

照射時間 b) 

2 000 

(500) 

1 000 

(300) 

500 

(300) 

− 

2 000 

(500) 

1 000 

(300) 

500 

(300) 

− 

7.20 

塗膜の外観 

塗膜に割れ,剝がれ及び膨れ

がない 

塗膜に割れ,剝がれ及び膨れ

がない 

色の変化 

大きくない 

大きくない 

白亜化の等級 

1又は0 

1又は0 

光沢保持率c)  

≧80 

(≧90) 

≧80 

(≧90) 

≧70 

(≧80) 

≧80 

(≧90) 

≧80 

(≧90) 

≧70 

(≧80) 

屋外暴
露耐候
性 

塗膜の外観 

塗膜に割れ,膨れ及び剝がれ

がない 

− 

塗膜に割れ,膨れ及び剝がれ

がない 

− 

7.21 

色の変化 

大きくない 

大きくない 

白亜化の等級 

1又は0 

2,1 

又は0 

3,2,1 

又は0 

1又は0 

2,1 

又は0 

3,2,1 

又は0 

光沢保持率% 

≧60 

≧40 

≧30 

≧60 

≧40 

≧30 

“−”:試験規定がないことを表している。 

注記 記載項目の試験に必要な試験板の材質,寸法,枚数及び試験日数を,附属書Cに示す。 
注a) 淡彩色とは,白エナメルを主成分として作った塗料の塗膜に現れる,灰色,桃色,クリーム色,うすい緑,

水色などのようなうすい色で,JIS Z 8721による明度Vが6以上9未満のものとする。 

b) 屋外暴露耐候性の結果が得られた後の照射時間は,括弧内の値とする。 

c) 屋外暴露耐候性の結果が得られた後の促進耐候性の光沢保持率は,括弧内の値とする。 

 


K 5659:2018  

 

見本品 

見本品は,JIS K 5600-1-8に規定する見本品の区分によって,表3のとおり区分する。 

 

表3−見本品の区分 

試験項目 

観察項目 

見本品の区分 

形態 

設定方式 

品質水準 

塗膜の外観 

割れ・剝がれ・膨れ・色・つや・ 
平らさ・流れ・つぶ・むら・穴 

塗膜見本 

社内見本品 

中心見本品 

ポットライフ 

流れ・穴・しわ・割れ・剝がれ 

促進耐候性 

色 

塗料見本 

社内見本品 

限度見本品 

屋外暴露耐候性 

色・つや 

 

試験方法 

7.1 

サンプリング 

サンプリングは,JIS K 5600-1-2による。 

7.2 

試験用試料の検分及び調製 

試験用試料の検分及び調製は,JIS K 5600-1-3による。 

7.3 

試験の一般条件 

試験の一般条件は,次による。 

a) 試験の場所 試験の場所は,次による。 

1) 養生及び試験を行う場所は,ほかに規定がない場合は,JIS K 5600-1-6の4.1(標準条件)に規定す

る条件[温度23±2 ℃,相対湿度(50±5)%]で,直射日光を受けず,養生及び試験に影響を与

えるガス,蒸気,ほこりなどがなく,通風の少ない室内とする(以下,標準状態という。)。 

2) 観察のときの光源は,JIS K 5600-4-3の5.2(自然昼光照明)の拡散昼光による。ただし,JIS K 5600-4-3

の5.3(色観察ブースの人工照明)に規定する色観察ブースを用いてもよい。 

b) 試験片の作製 試験片の作製は,次による。 

1) 試験板 試験板は,ほかに規定がない場合は,JIS G 3141に規定するSPCC-SBの鋼板とし,JIS K 

5600-1-4の5.1.5(研磨による調整)によって調整した鋼板とする。研磨による調整に用いる研磨紙

は,JIS R 6253に規定する耐水研磨紙P280を用いる。 

2) 試料の調製 1液形塗料の場合は,かくはん(攪拌)し,均一の液体とする。また,多液形の場合

は,主剤,硬化剤などを,それぞれよくかくはん(攪拌)し,均一の液体とした後,その製品の製

造業者が指定する混合比率で混合し,更にかくはん(攪拌)によって均一にする。必要な場合は,

製造業者の指定するうすめ液を用いてうすめてもよい。混合したときからA種は5時間を過ぎたも

の,B種は3時間を過ぎたものは,試験に用いてはならない。 

3) 試料の塗り方 試料の塗り方は,ほかに規定がない場合は,2)で調製した試料を使用直前によくか

くはん(攪拌)し,直ちに試験板の片面にJIS K 5600-1-1の3.3.7(吹付け塗り)のエアスプレー塗

りで1回塗る。塗付け量は,7日間乾燥後の乾燥膜厚を測定し,中塗りのときは25 μm〜35 μm,上

塗りのときは20 μm〜30 μmになるようにする。乾燥膜厚の測定方法は,JIS K 5600-1-7による。 

4) 乾燥方法 乾燥方法は,ほかに規定がない場合は,JIS K 5600-1-1の3.3.8 a)(自然乾燥の場合)に

よる。試験までの乾燥時間は,ほかに規定がない場合は,7日間とする。また,塗り終わってから

の試験片の保持は,JIS K 5600-1-1の表1(塗るときの環境条件・塗り方と試験板の固定・保持)に


K 5659:2018  

 

よる。 

7.4 

容器の中の状態 

容器の中の状態の試験は,JIS K 5600-1-1の4.1.2 a)(液状塗料の場合)による。ただし,多液形の場合

は,容器別にそれぞれについて試験を行う。 

7.5 

低温安定性 

低温安定性の試験は,次による。 

a) 試験板 試験板は,JIS R 3202に規定する板ガラスを用い,JIS K 5600-1-4の5.5.2(溶剤洗浄による

調整)によって調整した,大きさ200 mm×100 mm×2 mmのガラス板とする。 

b) 試験方法 試験方法は,JIS K 5600-2-7の4.(低温安定性)による。次に,JIS K 5600-1-1の3.3.7(吹

付け塗り)のエアスプレー塗りによって,乾燥膜厚が中塗りのときは25 μm〜35 μm,上塗りのときは

20 μm〜30 μmになるように塗り付ける。 

c) 評価及び判定 b)の試験によって,試料をかくはん(攪拌)したとき一様になり,塗装作業を行った

とき,塗装作業性に支障がなく,塗装後,目視によって流れが認められず,更に乾燥した塗膜の外観

が正常であるとき,“変質しない”とする。 

7.6 

表面乾燥性 

表面乾燥性の試験は,次による。 

a) 試験板 試験板は,JIS R 3202に規定する板ガラスを用い,JIS K 5600-1-4の5.5.2(溶剤洗浄による

調整)によって調整した,大きさ200 mm×100 mm×2 mmのガラス板とする。 

b) 試験片の作製 試験板の片面に,隙間150 μmのフィルムアプリケータを用いて,うすめ液を加えな

い上塗り塗料及び中塗り塗料をそれぞれ塗ったものを試験片とする。フィルムアプリケータの形状は,

附属書Aによる。 

c) 試験方法 試験方法は,JIS K 5600-3-2による。ただし,乾燥方法は,次のいずれかによる。 

1) 常温乾燥 試験片の塗面を上向きで水平にし,標準状態で8時間乾燥する。 

2) 低温乾燥 試験片の塗面を上向きで水平にし,5±1 ℃で16時間乾燥後に取り出して標準状態で20

分間放置する。 

d) 評価及び判定 それぞれの試験片の表面乾燥状態を観察によって評価し,塗膜が表面乾燥していると

き,それぞれ“表面乾燥する”とする。 

7.7 

塗膜の外観 

塗膜の外観の試験は,次による。 

a) 試験板 A種に用いる試験板は,7.3 b) 1)による。ただし,大きさは200 mm×100 mm×0.8 mmとす

る。また,B種に用いる試験板は,JIS R 3202に規定する板ガラスを用い,JIS K 5600-1-4の5.5.2(溶

剤洗浄による調整)によって調整した,大きさ200 mm×100 mm×2 mmのガラス板とする。 

b) 試験片の作製 試験板に,A種及びB種の中塗り塗料及び上塗り塗料を7.3 b) 3)の方法によって,そ

れぞれ塗り付けて,48時間塗面を水平に置いたものを試験片とする。 

c) 試験方法 試験方法は,JIS K 5600-1-1の4.4(塗膜の外観)による。見本品は,箇条6による塗膜見

本,社内見本品及び中心見本品とする。 

d) 評価及び判定 試験片を目視による観察によって評価し,割れ,剝がれ及び膨れを認めず,色,つや,

平らさ,流れ,つぶ,むら及び穴の程度が見本品に比べて差異が大きくないとき,“正常である”とす

る。 


K 5659:2018  

 

7.8 

ポットライフ 

ポットライフの試験は,次による。 

a) 試験容器 試験容器は,容量約500 mLで高さが直径の1〜1.5倍の密封できる金属製,ガラス製又は

ポリエチレン製とする。 

b) 保持装置 JIS K 5600-2-6の6.2(断熱容器)による。 

c) 試験板 A種に用いる試験板は,7.3 b) 1)による。ただし,大きさは150 mm×70 mm×0.8 mmの鋼板

とする。また,B種に用いる試験板は,JIS R 3202に規定する板ガラスを用い,JIS K 5600-1-4の5.5.2

(溶剤洗浄による調整)によって調整した,大きさ200 mm×100 mm×2 mmのガラス板とする。 

d) 試験方法 試験方法は,次による。 

1) 1液形の試料は,こん(梱)包容器を開缶後よくかくはん(攪拌)し,試験容器に入れ蓋をする。

多液形の試料は,主剤,硬化剤などをそれぞれよくかくはん(攪拌)し,均一な液体とした後,そ

の製品の製造業者が指定する混合比率によって,試験容器に入れ,よく混合した後蓋をする。試験

容器を保持装置に入れる。 

なお,試料は,7.3 b) 2)によってうすめ液でうすめた試料を用いてもよい。 

2) 標準状態で,A種は5時間,B種は3時間養生してから取り出して試料とする。 

3) 試料をかくはん(攪拌)棒でよくかくはん(攪拌)し,容器の中の状態を調べる。 

4) 3)の後,直ちに試料を7.3 b) 3)によって試験片を作製する。試験片を立て掛けて48時間置いた後,

塗膜の外観を観察する。試験片の保持は,JIS K 5600-1-1の3.3.9 b)(試験片の保持)による。 

e) 評価及び判定 次の全ての状態にあるとき,ポットライフはA種では“5時間”,B種では“3時間”

とする。 

1) d) 3)で試料をよくかくはん(攪拌)したとき,容易に一様に分散し,混合直後に比べて著しい粘度

の上昇及びゲル化がない。 

2) d) 4)によって観察したとき,7.7で使用した見本品と比較して,塗膜の外観に流れ,穴及びしわの程

度が大きくなく,割れ及び剝がれがない。 

7.9 

隠蔽率 

隠蔽率の試験は,次による。 

a) 試験片の作製 JIS K 5600-4-1の4.1.2(隠ぺい率試験紙)に規定する,隠蔽率試験紙を置くことので

きる平らなガラス板の上に水平に固定し,隙間150 μmのフィルムアプリケータを用いて,上塗り塗

料及び中塗り塗料をそれぞれ塗り付け,72時間塗面を水平に置いたものを試験片とする。試験片は2

枚作製する。フィルムアプリケータの形状は,附属書Aによる。 

b) 試験方法 試験方法は,JIS K 5600-4-1の6.4.2[方法B(隠ぺい率試験紙)]による。試験片の白地部

分及び黒地部分の塗膜の各4か所について,JIS Z 8722によって三刺激値Yを測定し,それぞれの平

均値YW(白地上)及びYB(黒地上)を求める。 

c) 評価及び判定 評価は,4か所の平均値YW及びYBから,2枚の試験片の隠蔽率YB/YWを百分率で計算

後,2枚の平均値を算出し,JIS Z 8401によって整数2桁に丸めた数字を隠蔽率とする。隠蔽率は,

白・淡彩色は90 %以上,鮮明な赤及び黄色は50 %以上,その他の色は80 %以上とする。 

7.10 鏡面光沢度(60度) 

鏡面光沢度の試験は,次による。 

a) 試験板 試験板は,JIS R 3202に規定する板ガラスを用い,JIS K 5600-1-4の5.5.2(溶剤洗浄による

調整)によって調整した,大きさ200 mm×100 mm×2 mmのガラス板とする。 


K 5659:2018  

 

b) 試験片の作製 試験板に7.6 b)と同様に隙間150 μmのフィルムアプリケータによって塗り付け,標準

状態で72時間塗面を水平に置いたものを試験片とする。フィルムアプリケータの形状は,附属書A

による。 

c) 試験方法 試験方法は,JIS K 5600-4-7によって,幾何条件60°の反射率計を用いて鏡面光沢度を測

定する。 

d) 評価及び判定 評価は,JIS K 5600-4-7による測定の平均値を評価する。判定は,70以上とする。 

7.11 上塗り適合性 

中塗り塗料の上塗り適合性の試験は,次による。 

a) 試験板 A種に用いる試験板は,7.3 b) 1)による。ただし,大きさは200 mm×100 mm×0.8 mmとす

る。また,B種に用いる試験板は,JIS R 3202に規定する板ガラスを用い,JIS K 5600-1-4の5.5.2(溶

剤洗浄による調整)によって調整した,大きさは200 mm×100 mm×2 mmのガラス板とする。 

b) 試験片の作製 7.7の評価に適合した中塗り塗料の試験片に,表1の上塗り塗料を7.3 b) 3)によって塗

り重ねる。別に,a)に規定する試験板1枚の片面に同じ上塗り塗料を同じ方法で塗装したものを原状

試験片とする。 

c) 試験方法 試験方法は,上塗り塗料を塗り重ねるときに塗装作業性を観察し,塗装後48時間静置した

後,外観を観察することによって行う。 

d) 評価及び判定 上塗り塗装作業に支障がなく,目視による外観の観察によって,上塗り塗膜に,はじ

き,割れ,穴,膨れ及び剝がれを認めず,原状試験片に比べて,つや,粘着及びしわの程度の差異が

大きくないときは,表1の中塗り塗料の上塗り適合性は,“支障がない”とする。 

7.12 耐屈曲性 

耐屈曲性の試験は,次による。 

a) 試験板 試験板は,7.3 b) 1)による。ただし,大きさは150 mm×50 mm×0.3 mmとし,3枚とする。 

b) 試験片の作製 A種上塗り塗料は,試験板の片面に表1に規定する上塗り塗料を7.3 b) 3)の方法で塗

装したものを試験片とする。B種上塗り塗料は,試験板の片面に表1に規定するB種中塗り塗料を7.3 

b) 3)の方法で塗装し,標準状態で1日放置後,表1に規定する上塗り塗料を7.3 b) 3)の方法で塗装し

たものを試験片とする。A種及びB種中塗り塗料は,試験板の片面に表1に規定する中塗り塗料をそ

れぞれ7.3 b) 3)の方法で塗装したものを試験片とする。 

c) 試験方法 試験方法は,JIS K 5600-5-1による。試験装置は,JIS K 5600-5-1のタイプ1を用い,試験

片を直径10 mmのマンドレルの周りに沿って折り曲げ,塗膜の割れ及び素地からの剝がれを目視によ

って調べる。 

d) 評価及び判定 試験片3枚について,目視によって評価し,塗膜に割れ及び剝がれを認めないときは,

“折曲げに耐える”とする。 

7.13 耐おもり落下性 

耐おもり落下性の試験は,次による。 

a) 試験板 試験板は,7.3 b) 1)による。ただし,大きさは150 mm×70 mm×0.8 mmとし,2枚とする。 

b) 試験片の作製 A種上塗り塗料は,試験板の片面に表1に規定する上塗り塗料を7.3 b) 3)の方法で塗

装したものを試験片とする。B種上塗り塗料は,試験板の片面に表1に規定するB種中塗り塗料を7.3 

b) 3)の方法で塗装し,標準状態で1日放置後,表1に規定する上塗り塗料を7.3 b) 3)の方法で塗装し

たものを試験片とする。A種及びB種中塗り塗料は,試験板の片面に表1に規定する中塗り塗料をそ

れぞれ7.3 b) 3)の方法で塗装したものを試験片とする。 


K 5659:2018  

 

c) 試験方法 試験方法は,JIS K 5600-5-3の6.(デュポン式)による。ただし,おもりの質量は,300 g

±1 gとし,おもりを落とす高さは,500 mmとする。 

d) 評価及び判定 試験片2枚について,目視によって塗膜を観察し評価する。試験片2枚に衝撃的変形

による塗膜の割れ及び剝がれを認めないときは,“塗膜に割れ及び剝がれが生じない”とする。 

7.14 層間付着性I(下塗り塗料と中塗り塗料との間) 

層間付着性I(下塗り塗料と中塗り塗料との間)の試験は,次による。 

a) 試験板 試験板は,7.3 b) 1)による。ただし,大きさは150 mm×70 mm×0.8 mmとし,2枚とする。 

b) 試験片の作製 試験板の両面にJIS K 5551に規定するさび止めペイントを下塗り塗料として,乾燥膜

厚が55 μm〜65 μmになるように吹付け塗りで1回塗装し,室内に1日放置する。その後,JIS K 5600-7-7

に規定する促進耐候性試験装置を用いて,JIS K 5600-7-7の6.2に規定する条件(方法1),及びJIS K 

5600-7-7の表3(試験片ぬれサイクル)のサイクルAによって20時間照射した後,取り出して24時

間放置する。次に,表1に規定する中塗り塗料を試験片の片面(キセノンランプ光が照射された面)

に7.3 b) 3)によって1回塗る。室内に1日放置後,試験板の周辺を製造業者の指定するさび止めペイ

ントで,試験に影響がないように塗り包み,塗面を上向き,水平に6日間置いたものを試験片とする。 

なお,塗り重ね塗料の組合せは,表4による。 

 

表4−塗り重ね塗料の組合せ 

工程 

溶剤形塗料 

水性塗料 

下塗り 

JIS K 5551に規定するB種又はC種 

JIS K 5551に規定するE種 

中塗り 

表1のA種中塗り塗料 

表1のB種中塗り塗料 

上塗り 

表1のA種上塗り塗料の 

1級,2級又は3級 

表1のB種上塗り塗料の 

1級,2級又は3級 

 

c) 試験方法 試験方法は,次による。 

1) 試験片を,JIS K 5600-7-2の5.(回転式)に規定する50±1 ℃,相対湿度95 %以上に保った湿潤箱

につり具を用いてつり下げる。 

2) 24時間後取り出して,直ちにJIS P 3801に規定する化学分析用ろ紙,又は同等品を軽く当てて塗面

の水分を取り除き,2時間おく。 

3) JIS K 5600-5-6の4.1(切込み工具)に規定するカッタナイフの刃先で,図1によって,試験片の中

央部に試験片の短辺と平行に,15 mmの間隔で長さ約40 mmの切りきず2本を,試験片の生地(素

地)に達するように付ける。 

4) 切りきずの幅のほぼ中央に,2本の切りきずを横切って直角にJIS Z 1522に規定するセロハン粘着

テープ(又は,同等品)を貼り付ける。 

5) セロハン粘着テープは,全長約75 mmで幅24 mmのものを用い,2本の切りきずの外側が約10 mm

はみ出して貼り付け,一方の端20 mmを折り返しておく。セロハン粘着テープの表面をJIS S 6050

に規定するプラスチック字消し(又は,同等品)で強くこすり付け,塗面にテープを完全に付着さ

せる。 

6) 1〜2分後に,テープの折返し部を塗面に直角に,素早く引き剝がした後,塗面を調べる。 

 


10 

K 5659:2018  

 

 

単位 mm 

 

図1−切りきずの入れ方及びセロハン粘着テープの貼り方の例 

 

d) 評価及び判定 試験片2枚について,塗面を目視によって観察し評価する。下塗り塗膜と中塗り塗膜

との層間に剝がれがないか,又はあっても切りきずから直角な方向に長さ約2 mm以下のときは,“異

常がない”とする。 

7.15 層間付着性II(中塗り塗料と上塗り塗料との間) 

層間付着性II(中塗り塗料と上塗り塗料との間)の試験は,次による。 

a) 試験板 試験板は,7.3 b) 1)による。ただし,大きさは150 mm×70 mm×0.8 mmとし,2枚とする。 

b) 試験片の作製 試験板の両面にJIS K 5551に規定するさび止めペイントを下塗り塗料として,乾燥膜

厚が55 μm〜65 μmになるように吹付け塗りで1回塗装し,室内に1日放置後,表1に規定する中塗

り塗料を7.3 b) 3)の方法によって1回塗り,室内に1日放置する。JIS K 5600-7-7に規定する促進耐候

性試験装置を用いて,JIS K 5600-7-7の6.2に規定する条件(方法1),及びJIS K 5600-7-7の表3(試

験片ぬれサイクル)のサイクルAによって20時間照射した後,取り出して24時間放置する。次に,

表1に規定する上塗り塗料を試験片の片面(キセノンランプ光が照射された面)に7.3 b) 3)の方法で1

回塗る。室内に1日放置後,試験板の周辺を製造業者の指定するさび止めペイントで,試験に影響が

ないように塗り包み,塗面を上向き,水平に6日間置いたものを試験片とする。 

なお,塗り重ね塗料の組合せは,表4による。 

c) 試験方法 試験方法は,7.14 c)と同じ操作を行う。 

d) 評価及び判定 試験片2枚について,塗面を目視によって観察し評価する。中塗り塗膜と上塗り塗膜

との層間に剝がれがないか,又はあっても切りきずから直角な方向に長さ約2 mm以下のときは,“異

常がない”とする。 

7.16 耐アルカリ性 

耐アルカリ性の試験は,次による。 

a) 試験板 試験板は,7.3 b) 1)による。ただし,大きさは150 mm×70 mm×0.8 mmとし,3枚とする。 

b) 試験片の作製 試験板の片面にJIS K 5551に規定するさび止めペイントを下塗り塗料として,乾燥膜

厚が55 μm〜65 μm になるように吹付け塗りで1回塗装し,室内に1日放置後,表1に規定する中塗

り塗料を7.3 b) 3)の方法で1回塗り,更に1日放置後,表1に規定する上塗り塗料を7.3 b) 3)の方法で


11 

K 5659:2018  

 

1回塗り重ねる。室内に1日放置後,試験板の裏面及び周辺を製造業者の指定するさび止めペイント

で試験に影響がないように塗り包み,6日間置いたものを試験片とする。試験片3枚のうち,1枚は原

状試験片とする。 

なお,塗り重ね塗料の組合せは,表4による。 

c) 試験方法 試験方法は,次による。 

1) 試験液 試験液は,JIS K 8575に規定する水酸化カルシウムを脱イオン水で調製した飽和溶液を用

いる。 

2) 浸せき(漬)方法 JIS K 5600-6-1の7.4[手順A(単一の液相を使用)]による。ただし,試験片2

枚を23±1 ℃の試験液に168時間完全に浸せきする。 

3) 観察方法 水で塗膜表面を軽く洗い流し,2時間放置後,目視によって塗膜を観察する。 

d) 評価及び判定 試験片2枚について,塗膜に膨れ,割れ,剝がれ及び穴を認めず,色の変化の程度が

原状試験片と比べ大きくないときは,“異常がない”とする。 

7.17 耐酸性 

耐酸性の試験は,次による。 

a) 試験片の作製 試験片の作製は,7.16のa)及びb)による。 

b) 試験方法 試験方法は,次による。 

1) 試験液 試験液は,JIS K 8951に規定する硫酸を脱イオン水で,5 g/Lに調製したものを用いる。 

2) 浸せき方法 JIS K 5600-6-1の7.4[手順A(単一の液相を使用)]による。ただし,試験液温度は

23±1 ℃,浸せき時間は168時間とし,試験片2枚を完全に浸せきする。 

3) 観察方法 水で塗膜表面を軽く洗い流し,2時間放置後,目視によって塗膜を観察する。 

c) 評価及び判定 試験片2枚について,塗膜に膨れ,割れ,剝がれ及び穴を認めず,原状試験片と比べ

色の変化の程度が大きくないときは,“異常がない”とする。 

7.18 耐湿潤冷熱繰返し性 

耐湿潤冷熱繰返し性の試験は,次による。 

a) 試験片の作製 試験片の作製は,7.16のa)及びb)による。 

b) 試験方法 試験方法は,次による。 

1) 試験片2枚を23±1 ℃の水中に18時間浸した後,直ちに−20±3 ℃に保った恒温槽で3時間冷却

し,次に,50±3 ℃に保った別の恒温槽で3時間加温する。この操作を10回繰り返す。 

なお,繰返し操作の途中で試験を中断する場合は,50±3 ℃で3時間加温した後とし,試験期間

は4週間を超えてはならない。 

2) 標準状態に約1時間置いた試験片を,原状試験片とともに鏡面光沢度(60度)を7.10 c)によって測

定し,光沢保持率を次の式によって算出する。算出した値は,JIS Z 8401によって整数に丸める。 

 

100

0

1

G

GR

 

ここに, 

GR: 光沢保持率(%) 

 

G1: 試験片の鏡面光沢度(60度) 

 

G0: 原状試験片の鏡面光沢度(60度) 

 

c) 評価及び判定 試験片2枚について,目視によって観察し,塗膜に膨れ,割れ及び剝がれを認めず,

光沢保持率が80 %以上あるときは,“湿潤冷熱繰返しに耐える”とする。 


12 

K 5659:2018  

 

7.19 加熱残分 

加熱残分の試験は,JIS K 5601-1-2による。ただし,多液形の場合は,混合塗料中の加熱残分とし,試

験条件は,加熱温度105±2 ℃,加熱時間3時間とする。 

7.20 促進耐候性 

促進耐候性の試験は,次による。 

a) 試験板 試験板は,7.3 b) 1)による。ただし,大きさは150 mm×70 mm×0.8 mmとし,4枚とする。 

b) 試験片の作製 試験片の作製は,7.16 b)と同様の方法で作製する。試験片は,試料及び見本品とも2

枚ずつ作製し,試験は,2枚のうち1枚を行い,残りの1枚は原状試験片とする。見本品は箇条6に

規定する塗料見本,社内見本品及び限度見本品とする。 

c) 試験方法 試験方法は,JIS K 5600-7-7による。ただし,照射時間及び試験条件は,次による。 

1) 照射時間は,次のいずれかによる。 

1.1) 7.21の試験結果が得られる前に行う場合には,1級では2 000時間,2級では1 000時間,3級では

500時間とする。 

1.2) 7.21の試験結果が得られた後に行う場合には,1級では500時間,2級及び3級では300時間とす

る。 

2) 試験条件は,JIS K 5600-7-7の6.2に規定する条件(方法1),及びJIS K 5600-7-7の表3(試験片ぬ

れサイクル)のサイクルAによる。規定の照射時間を経過した後,取り出して室内に1時間放置す

る。 

d) 評価 評価は,次による。 

1) 割れ,剝がれ及び膨れの有無を,表1に規定する上塗り塗料の促進耐候性試験をした試験片と見本

品の促進耐候性試験をした試験片とを目視によって比較し,評価する。 

2) 色の変化の程度を,表1に規定する上塗り塗料の促進耐候性試験をした試験片と原状試験片とを目

視によって比較し,促進耐候性試験によって生じた色の変化を調べる。次に,見本品について同様

に比べ,更に原状試験片と見本品の原状試験片との変化の大小を比べる。 

3) 表1に規定する上塗り塗料の促進耐候性試験をした試験片の,鏡面光沢度の測定を7.10 c)によって

行い,光沢保持率を7.18 b) 2)によって求める。 

4) 表1に規定する上塗り塗料の促進耐候性試験をした試験片の,白亜化の等級を,JIS K 5600-8-6に

よって評価する。 

e) 判定 判定は,d)の評価結果に基づいて,塗膜に,割れ,剝がれ及び膨れがなく,色の変化の程度が

見本品と比べて大きくなく,更に白亜化の等級が1又は0であって,かつ,各等級によって光沢保持

率が次の条件を満たしたとき,1級は,“照射時間2 000時間の促進耐候性試験に耐える”,2級は,“照

射時間1 000時間の促進耐候性試験に耐える”,3級は,“照射時間500時間の促進耐候性試験に耐える”

とする。 

1) 1級の光沢保持率は,80 %以上。ただし,屋外暴露耐候性の結果が得られた後は,照射時間500時

間として90 %以上。 

2) 2級の光沢保持率は,80 %以上。ただし,屋外暴露耐候性の結果が得られた後は,照射時間300時

間として90 %以上。 

3) 3級の光沢保持率は,70 %以上。ただし,屋外暴露耐候性の結果が得られた後は,照射時間300時

間として80 %以上。 


13 

K 5659:2018  

 

7.21 屋外暴露耐候性 

屋外暴露耐候性の試験は,附属書Bによる。 

 

検査 

検査は,箇条7によって試験し,表2に適合しなければならない。形式検査は,表2の全項目とし,受

渡検査の項目は,受渡当事者間の協定とする。ただし,屋外暴露耐候性については,過去に生産された同

一の製品が,JIS K 5600-7-6の附属書1(耐候試験の実施及び管理)によって品質の長期管理が行われ,そ

の耐候性試験の成績が合格のときは,現在の製品も適合とする。 

なお,同一の製品とは,同じ生産設備,同じ材料及び配合比率で生産されたものをいう。 

 

表示 

鋼構造物用耐候性塗料の容器には,容易に消えない方法で,次の事項を表示しなければならない。 

a) この規格の番号及び規格の名称 

b) 種類,区分及び等級 

c) 正味質量又は正味容量 

d) 製造業者名又はその略号 

e) 製造年月又はその略号 

f) 

製造番号又はロット番号 

g) 多液形の場合には,主剤と硬化剤との混合比(送り状などの別紙でもよい。) 

 


14 

K 5659:2018  

 

附属書A 

(規定) 

フィルムアプリケータ塗装 

 

A.1 器具 

フィルムアプリケータの形状及び隙間の寸法は,表A.1による。 

 

A.2 厚さの測定 

塗料層及び塗膜の厚さの測定は,JIS K 5600-1-7による。 

 

A.3 フィルムアプリケータの選択 

フィルムアプリケータは,試験方法で規定したものを用いる。 

 

A.4 試料の塗り方 

試料の塗り方は,次による。 

a) 試験板の長辺を縦に,短辺を横にして水平面に固定する。 

b) 試験板の先方の短辺付近の位置に,短辺に平行にフィルムアプリケータを置き,そのすぐ手前の試験

板の上に試料を広げる。 

c) フィルムアプリケータの両端を両手の指でつまみ,試験板にフィルムアプリケータを押し付けながら,

150 mmを約1秒間の速さで手前に一気に引く。 

d) 試料を塗り終わった後,試験板の塗面を上向きにして水平に置く。 

 

表A.1−フィルムアプリケータの形状及び隙間の寸法 

単位 μm 

隙間h 

75 

100 

125 

150 

200 

250 

500 

許容差 

±2 

±3 

±3 

±4 

±4 

±5 

±5 

 

単位 mm 

 

A形 

B形 

h:隙間 


15 

K 5659:2018  

 

附属書B 

(規定) 

屋外暴露耐候性 

 

B.1 

一般 

屋外暴露耐候性の試験は,少なくとも3年間に1回は実施する。観察の時期は,試験の開始後12か月及

び24か月とする。 

 

B.2 

試験片の作製 

試験片の作製は,次による。 

a) 試験板 試験板は,研磨によって調整した大きさ300 mm×150 mm×1 mmの鋼板6枚を用いる。鋼板

の種類及び調整に用いる研磨紙は,7.3 b) 1)による。試験板6枚のうち3枚を試料用,残りの3枚を見

本品用とする。見本品は,箇条6による塗料見本,社内見本品及び限度見本品を用いる。 

b) 試験片の作製 試験板6枚に,JIS K 5551に規定するB種,C種及びE種のいずれかを,乾燥膜厚が

55 μm〜65 μmになるように吹付け塗りで1回塗装し,室内に1日放置後,表1に規定する中塗り塗料

を吹付け塗りで乾燥膜厚が25 μm〜35 μmになるよう1回塗りする。更に1日放置後,試験板3枚に,

表1に規定する上塗り塗料を吹付け塗りで乾燥膜厚が20 μm〜30 μmになるように1回塗りする。別

の試験板3枚に,見本品を試料と同じ条件で1回塗り重ねる。24時間乾燥させた後,試験板の裏面及

び周辺を下塗りに用いたさび止めペイントで試験に影響がないように塗り包み,6日間おいたものを

試験片とする。試験片は,試料及び見本品とも3枚のうち2枚を屋外暴露耐候性試験に用い,残りの

1枚は原状試験片とする。 

なお,塗り重ね塗料の組合せは,表4による。 

 

B.3 

試験方法 

屋外暴露耐候性の試験方法は,JIS K 5600-7-6による。ただし,試験期間及び試験開始時期は,次によ

る。 

a) 試験期間は,24か月とする。 

b) 試験開始時期は,毎年4月又は10月とする。この時期以外に試験を開始する必要が生じた場合には,

4月,10月以外にも試験を開始することができる。 

 

B.4 

評価 

観察時期に達したとき,次の評価を行う。 

a) 割れ,剝がれ,膨れ及び白亜化の評価は,屋外暴露耐候性試験片及び原状試験片について,JIS K 

5600-8-1,JIS K 5600-8-2,JIS K 5600-8-4,JIS K 5600-8-5及びJIS K 5600-8-6の各規定を用いて評価

する。 

b) 光沢保持率は,屋外暴露耐候性試験片及び原状試験片について,鏡面光沢度を7.10 c)によって測定し,

光沢保持率を次の式によって算出する。算出した値は,JIS Z 8401によって整数に丸める。 

 

100

0

1

G

GR

 


16 

K 5659:2018  

 

ここに, 

GR: 光沢保持率(%) 

 

G1: 屋外暴露耐候性試験片の鏡面光沢度(60度) 

 

G0: 原状試験片の鏡面光沢度(60度) 

 

c) 色及びつやの変化の程度は,屋外暴露耐候性試験片と原状試験片とを目視によって色の変化を比べ,

次に,見本品について同様に比べ,更に,原状試験片と見本品の原状試験片とにおける変化の大小を

比べる。 

 

B.5 

判定 

判定は,試験開始後24か月たったときの評価によって,塗膜に,膨れ,剝がれ及び割れがなく,色の変

化の程度は,見本品と比べて大きくなく,かつ,各等級によって白亜化の等級及び光沢保持率が,次の条

件を満たしたとき“屋外暴露耐候性に耐える”とする。 

a) 1級 光沢保持率は60 %以上で,白亜化の等級が1又は0である。 

b) 2級 光沢保持率は40 %以上で,白亜化の等級が2,1又は0である。 

c) 3級 光沢保持率は30 %以上で,白亜化の等級が3,2,1又は0である。 

 

B.6 

記録の保存期間 

記録する項目は,受渡当事者間の協定とし,記録の保存期間は,5年間とする。 

 

 


17 

K 5659:2018  

 

附属書C 
(参考) 

鋼構造物用耐候性塗料の試験に必要な試験板及び試験日数 

 

表C.1−鋼構造物用耐候性塗料の試験手順 

項目 
番号 

項目 

試験板 

試験日数(日) 

材質 

寸法(mm) 

枚数(枚) 

10 11 

12 

13 

14 15以上 

7.4 容器の中の状態 

− 

− 

− 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7.5 低温安定性 

ガラス板 

200×100×2 

18 

6   18 

6   18  6 

48 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7.6 表面乾燥性 

ガラス板 

標準状態 

200×100×2 

     8 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5 ℃ 

200×100×2 

     16 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7.7 塗膜の外観 

鋼板 

200×100×0.8 

試料1・見本品

1合計2 

A種 

 

48 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガラス板 

200×100×2 

B種 

 

48 

7.8 ポットライフ 

鋼板 

150×70×0.8 

A種 

48 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガラス板 

200×100×2 

B種 

48 

7.9 隠蔽率 

隠蔽率 
試験紙 

全寸100×200以上 

 

72 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7.10 鏡面光沢度(60度) ガラス板 

200×100×2 

 

72 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7.11 上塗り適合性 

鋼板 

200×100×0.8 

試料1・原状 

試験片1合計2 

A種 

 

 

 

48 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガラス板 

200×100×2 

B種 

 

 

 

48 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7.12 耐屈曲性 

鋼板 

150×50×0.3 

A種 

 

 

 

168 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B種 

24 

 

 

168 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7.13 耐おもり落下性 

鋼板 

150×70×0.8 

A種 

 

 

 

168 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B種 

24 

 

 

168 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7.14 層間付着性I 

鋼板 

150×70×0.8 

24 

20 

24 

24 

 

 

144 

 

 

 

24 

 

 

 

7.15 層間付着性II 

鋼板 

150×70×0.8 

24 

24 

20 

24 

 

24 

144 

 

 

 

 

24 

 

 

7.16 耐アルカリ性 

鋼板 

150×70×0.8 

試料2・原状試験片1 

合計3 

24 

24 

24 

 

 

 

144 

 

 

 

 

168 

 

 

7.17 耐酸性 

鋼板 

150×70×0.8 

試料2・原状試験片1 

合計3 

24 

24 

24 

 

 

 

144 

 

 

 

 

168 

 

 

7.18 耐湿潤冷熱繰返し性 

鋼板 

150×70×0.8 

試料2・原状試験片1 

合計3 

24 

24 

24 

 

 

 

144 

 

 

 

 

240 

 

 

×

×

×

6

 

K

 5

6

5

9

2

0

1

8

 

 

 

 

 


18 

K 5659:2018  

 

表C.1−鋼構造物用耐候性塗料の試験手順(続き) 

項目 
番号 

項目 

試験板 

試験日数(日) 

材質 

寸法(mm) 

枚数(枚) 

10 11 

12 

13 

14 15以上 

7.19 加熱残分 

− 

− 

− 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7.20 促進耐候性 

鋼板 

150×70×0.8 

試料2・見本品2 

合計4 

24 

24 

24 

 

 

 

144 

 

 

 

 

2 000〜300 

 

 

7.21 屋外暴露耐候性 

鋼板 

300×150×1 

試料3・見本品3 

合計6 

24 

24 

24 

 

 

 

144 

 

 

 

 

2年 

 

 

 

注記1 

記号の説明  × : 試料の採取, ○ : 塗付け,  ◎:判定,  ― : 放置,  □ : 加熱,  : 試験片の共用, △: その他の操作 

注記2 

試験日数欄の数字は,時間(h)を示す。 

 

 

×

6

 

K

 5

6

5

9

2

0

1

8