>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

K 5600-6-3:2006  

(1) 

まえがき 

この追補は,工業標準化法に基づき,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正したもの

で,これによって,JIS K 5600-6-3:1999は改正され,一部が置き換えられた。 

また,令和2年10月20日,産業標準化法第17条又は第18条の規定に基づく確認公示に際し,産業標

準化法の用語に合わせ,規格中“日本工業規格”を“日本産業規格”に改めた。 


 

K 5600-6-3:2006 

(2) 

 

白   紙 


 

 

  

日本産業規格          JIS 

 

K 5600-6-3:2006 

 

塗料一般試験方法− 

第6部:塗膜の化学的性質− 

第3節:耐加熱性 

(追補1) 

Testing methods for paints-Part 6:Chemical property of film- 

Section 3:The effect of heat 

(Amendment 1) 

 

JIS K 5600-6-3:1999を,次のように改正する。 

 

 

序文の末尾に,次の文を追加する。 

今回の改正は,石綿に関する規定を見直し,改正したものである。 

 

5.2(測定)の“試験板を適切な断熱材で作った架台に保持するか,又は支持枠の上に載せたアスベスト(参

考アスベストの使用は禁止されている。)に塗装側を上にして置いてもよい。”を,“試験片を適切な断熱材

で作った架台に保持するか,又は支持枠の上に載せた断熱材(ただし,断熱材は石綿を含まないもの。)に

塗装側を上にして置いてもよい。”に置き換える。 


K 5600-6-3:2006  

  

 

白   紙