>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

K 5112 : 2005 

(1) 

まえがき 

この規格は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,日本無機薬品協会

(JICIA)/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があ

り,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。 

これによって,JIS K 5112:1999は改正され,この規格に置き換えられる。 

改正に当たっては,日本工業規格と国際規格との対比,国際規格に一致した日本工業規格の作成及び日

本工業規格を基礎にした国際規格原案の提案を容易にするために,ISO 788:1974,Ultramarine pigments for 

paintsを基礎として用いた。 

また,令和2年10月20日,産業標準化法第17条又は第18条の規定に基づく確認公示に際し,産業標

準化法の用語に合わせ,規格中“日本工業規格”を“日本産業規格”に改めた。 

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本産業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任をもたない。 

JIS K 5112には,次に示す附属書がある。 

附属書(参考)JISと対応する国際規格との対比表 

 


 

K 5112:2005  

(2) 

目 次 

ページ 

序文  1 

1. 適用範囲  1 

2. 引用規格  1 

3. 種類  1 

4. 品質  2 

5. サンプリング  2 

6. 可溶性有機着色剤の試験方法  2 

6.1 試薬  2 

6.2 操作  2 

7. 遊離硫黄  2 

7.1 試薬  2 

7.2 器具  2 

7.3 操作  3 

7.4 計算  3 

8. 表示  3 

附属書1(参考)JISと対応する国際規格との対比表  4 

 

 


 

 

日本産業規格          JIS 

 

K 5112:2005 

 

群青(顔料) 

 Ultramarine pigments -Specifications and methods of test 

 

序文 この規格は,1974年に第1版として発行されたISO 788,Ultramarine pigments for paintsを元に,技

術的内容を変更して作成した日本産業規格である。 

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,原国際規格を変更している事項である。変更の一覧

表をその説明を付けて,附属書に示す。 

 

1. 適用範囲 この規格は,群青(顔料)について規定する。 

備考 この規格の対応国際規格を,次に示す。 

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21に基づき,IDT(一致している),MOD

(修正している),NEQ(同等でない)とする。 

ISO 788:1974,Ultramarine pigments for paints (MOD) 

 

2. 引用規格 次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。 

JIS K 1352 無水酢酸 

JIS K 5101-2-1 顔料試験方法−第2部:色の比較−第1節:目視法 

JIS K 5101-3-1 顔料試験方法−第3部:着色力−第1節:有色顔料の相対着色力及び淡色の測定(目

視比較法) 

JIS K 5101-11-1 顔料試験方法−第11部:密度−第1節:ピクノメータ法 

JIS K 5101-13-1 顔料試験方法−第13部:吸油量−第1節:精製あまに油法 

JIS K 5101-13-2 顔料試験方法−第13部:吸油量−第2節:煮あまに油法 

JIS K 5101-14-1 顔料試験方法−第14部:ふるい残分−第1節:湿式法(手動法) 

JIS K 5101-15-1 顔料試験方法−第15部:加熱減量−第1節:105 ℃揮発性物質 

JIS K 5101-16-1 顔料試験方法−第16部:水溶分−第1節:煮沸抽出法 

JIS K 5600-1-2 塗料一般試験方法−第1部:通則−第2節:サンプリング 

JIS K 8034 アセトン(試薬) 

JIS K 8102 エタノール(95)(試薬) 

JIS K 8576 水酸化ナトリウム(試薬) 

 

3. 種類 群青(顔料)は,アルミニウム・ナトリウムけい酸塩複合体中に,硫黄が結合していることを特

徴とする無機顔料であり,その種類は,遊離硫黄の含有量(質量分率)によって,次のとおりとする。 

種類A 0.1を超え0.5 %以下 


K 5112:2005  

 

種類B 0.1 %以下 

備考 着色力の調整用として少量の体質顔料を含有させることができる。 

 

4. 品質 群青(顔料)は,柔らかい乾燥粉末か,又は微粉砕をすることなくパレットナイフで粗砕するこ

とによって,容易に微細化できる形態でなければならない。 

品質は,表1による。 

表 1 品質 

項目 

品質 

試験方法 

色 

受渡当事者間で合意した比較顔料と
比べてほとんど差異がない。 

JIS K 5101-2-1による。 

着色力 

受渡当事者間で合意した比較顔料と
比べてほとんど差異がない。 

JIS K 5101-3-1による。 

吸油量 

受渡当事者間で合意した値から,
10 %以上相違してはならない。 

JIS K 5101-13-1又はJIS K 5101-13-2
による。 

ふるい残分%(質量分率) 

0.5以下 

JIS K 5101-14-1による。 

加熱減量%(質量分率) 

1.0以下(1) 

JIS K 5101-15-1による。 

水溶分%(質量分率) 

1.5以下 

JIS K 5101-16-1による。 

遊離硫黄%(質量分率) 

種類A 0.1を超え0.5以下 
種類B 0.1以下 

7.による。 

密度g/mL 

2.23〜2.40 

JIS K 5101-11-1による。 

可溶性有機着色剤 

陰性である。 

6.による。 

 

注(1) 加熱減量は,受渡当事者間の合意によって,2.0 %以下とすることができる。 
備考1. 吸油量は通常,顔料100 g当たり30〜40 mLの範囲である。 

2. ふるい残分は,目開き63 

田謰

いたときの残分とする。 

参考 分散性の試験方法には,次の方法がある。受渡当事者間の合意による見本品及び試験条件によって,

試験を行うことが望ましい。 

分散性評価のための分散方法(JIS K 5101-1-2又はJIS K 5101-1-5) 
分散性の評価方法(JIS K 5101-5-2) 

5. サンプリング JIS K 5600-1-2に従って,試験する製品から代表サンプルを採取する。 

 

6. 可溶性有機着色剤の試験方法  

6.1 

試薬  

6.1.1 

エタノール(95) JIS K 8102に規定するもの。 

6.1.2 

無水酢酸 JIS K 1352に規定するもの。 

6.1.3 

水酸化ナトリウム溶液(4mol/L) JIS K 8576に規定するものを用いて調製したもの。 

6.2 

操作 約20 mLのエタノール中に約1 gの試料を添加し,60秒間沸騰する。この液をよく振り混ぜ

た後二分して,一方には無水酢酸を体積分率で10 %となるように加え,他方には4 mol/L水酸化ナトリウ

ム溶液を体積分率で10 %となるように加える。それぞれの溶液の色を観察し,無色であれば,可溶性有

機着色剤は含まれていないとする。 

 

7. 遊離硫黄  

7.1 

試薬 アセトン JIS K 8034に規定するもの。 

7.2 

器具 ソックスレー抽出器。 


K 5112:2005  

 

7.3 

操作 乾燥した試料約60 gを0.1 gのけたまではかりとる。 

ソックスレー抽出器を用いてアセトンで4時間抽出する。抽出液からアセトンを蒸留し去り,60 ℃で恒

量となるまで乾燥する。残さを1 mgのけたまではかる。 

7.4 

計算 遊離硫黄は,次の式によって算出し,小数点1けたに丸める。 

100

1

2

m

S

 

ここに, 

S: 遊離硫黄の質量分率(%) 

 

m1: 試料の質量(g) 

 

m2: 乾燥残さの質量(g) 

 

8. 表示 製品の包装の外面に,次の事項を表示する。 

a) 日本産業規格の名称 

b) 種類 

c) 正味質量 

d) 製造年月又はその略号 

e) 製造番号又はロット番号 

f) 

製造業者名又はその略号 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


K 5112:2005  

 

附属書(参考) JISと対応する国際規格との対比表 

JIS K 5112:2005 群青(顔料) 

ISO 788:1974 塗料用群青 

(Ⅰ)JISの規定 

(Ⅱ)国際
規格番号 

(Ⅲ)国際規格の規
定 

(Ⅳ)JISと国際規格との技術的
差異の項目ごとの評価及びそ
の内容 
表示箇所:本体,附属書 
表示方法:点線の下線 

(Ⅴ)JISと国際
規格との技術
的差異の理由
及び今後の対
策 

項目番号 

内容 

 

項目
番号 

内容 

項目ごとの
評価 

技術的差異の内
容 

 

1.適用範囲 

 

ISO 788 

 

IDT 

− 

 

2.引用規格 

JIS K 5101-2-1 
JIS K 5101-3-1 
JIS K 5101-11-1 
JIS K 5101-14-1 
JIS K 5101-13-1 
JIS K 5101-15-1 
JIS K 5101-16-1 
JIS K 5600-1-2 
JIS K 1352 
JIS K 5101-13-2 
JIS K 8034 
JIS K 8102 
JIS K 8576 

 

ISO 787 
ISO 842 
 

MOD/変更 
MOD/追加 
 

国際規格は古
く,最新のISO
を引用していな
いため,これに
対応する最新
JISを引用した。 

実質な技術的
差異はないが,
国際規格の見
直しの際,提案
を行う。 

3.種類 

 

 

 

IDT 

− 

 

4.品質 

 
 品質 
 
 
 
 
 
 試験方法 

 

 
 品質 
 
 
 
 
 
 試験方法 

 
MOD/変更 
 
 
 
 
 
MOD/選択 

 
1)加熱減量に
2.0 %を追加 
 
 
 
 
2)吸油量の試験
方法に煮あまに
油法(JIS K 
5101-13-2)を追
加 

 
1)日本の気象
条件,海上輸送
(輸出入)を配
慮。 
ISOへ提案す
る。 
2)ISO規格で規
定されている
精製あまに油
は国内で入手
が困難なため。
ISOへ提案す
る。 

5.サンプリ
ング 

JIS K 5600-1-2 

 

ISO 842 

MOD/変更 

引用規格の変更 ISO 842はISO 

1512と統合さ
れISO 15528と
して発行され
ているため。 

6.可溶性有
機着色剤 

 

 

 

IDT 

− 

 

 

 

 


K 5112:2005  

 

(Ⅰ)JISの規定 

(Ⅱ)国際
規格番号 

(Ⅲ)国際規格の規定 

(Ⅳ)JISと国際規格との技術
的差異の項目ごとの評価及
びその内容 
表示箇所:本体,附属書 
表示方法:点線の下線 

(Ⅴ)JISと国際
規格との技術
的差異の理由
及び今後の対
策 

項目番号 

内容 

 

項目
番号 

内容 

項目ごと
の評価 

技術的差異の
内容 

 

7.遊離硫黄 

 
 
 

 


 
 

 

MOD/変更 抽出液をクロ

ロホルムから
アセトンに変
更 

抽出液として
より毒性の低
いアセトンに
変更した。ISO
へ提案する。 

8.表示 

 

 

 

MOD/追加 製造年月又は

その略号と製
造番号又はロ
ット番号を追
加 

製品管理上必
要なものを追
加した。 

 

JISと国際規格との対応の程度の全体評価:MOD 

 

備考1. 項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。 

− IDT……………… 技術的差異がない。 
− MOD/追加……… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
− MOD/変更・……… 国際規格の規定内容を変更している。 
− MOD/選択……… 国際規格の規定項目と別の選択肢がある。   

2. JISと国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。 

  − MOD…………… 国際規格を修正している。 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連規格 JIS K 5101-1-2 顔料試験方法−第1部:分散性評価のための分散方法−第2節:ペイントコン

ディショナ形振とう機 

JIS K 5101-1-5 顔料試験方法−第1部:分散性評価のための分散方法−第5節:フーバーマラ

ー 

JIS K 5101-5-2 顔料試験方法−第5部:分散性の評価方法−第2節:分散度の変化による評価 


K 5112:2005  

 

 


K 5112:2005