>サイトトップへ  >このカテゴリの一覧へ

B 6912

:2010

(1)

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS B 6912:2002 は改正され,一部が置き換えられた。


日本工業規格

JIS

 B

6912

:2010

鉄鋼の高周波焼入焼戻し加工

(追補 1)

Process of induction hardening and tempering of iron and steel

(Amendment 1)

JIS B 6912:2002

を,次のように改正する。

5.

(加工材料)の

表 2(加工材料の種類)を,次の表に置き換える。

表 2  加工材料の種類 

規格番号

種類の記号

a)

機械構造用炭素鋼・
合金鋼

JIS G 4051 

S20C

,S22C,S25C,S28C,S30C,S33C,S35C,S38C,S40C,S43C,S45C,S48C,

S50C

,S53C,S55C,S58C

JIS G 4052 

SMn433H

,SMn438H,SMn443H

SMnC443H

SCr430H

,SCr435H,SCr440H

SCM435H

,SCM440H,SCM445H

SNC631H

JIS G 4053 

SMn433

,SMn438,SMn443

SMnC443

SCr430

,SCr435,SCr440,SCr445

SCM430

,SCM432,SCM435,SCM440,SCM445

SNC236

,SNC631,SNC836

SNCM240

,SNCM431,SNCM439,SNCM447,SNCM625,SNCM630

b)

特殊用途鋼

JIS G 4303 

SUS403

,SUS420J1,SUS420J2

JIS G 4311 

SUH1

,SUH3,SUH4

JIS G 4401 

SK140

,SK120,SK105,SK95,SK90,SK85,SK80,SK75,SK70,SK65,SK60

JIS G 4404 

SKS2

,SKS5,SKS51,SKS4,SKS41,SKS43,SKS44,SKS3,SKS31

JIS G 4801 

SUP6

,SUP7,SUP9,SUP9A,SUP10,SUP11A

JIS G 4805 

SUJ2

,SUJ3,SUJ4,SUJ5


2

B 6912

:2010

表 2  加工材料の種類(続き) 

規格番号

種類の記号

c)

鋳鍛造品

JIS G 3201 

SF440A

,SF490A,SF540A,SF590A,SF540B,SF590B,SF640B

JIS G 5101 

SC410

,SC450,SC480

JIS G 5111 

SCC3

,SCC5

SCMn1

,SCMn2,SCMn3,SCMn5

SCSiMn2

SCMnCr2

,SCMnCr3,SCMnCr4

SCMnM3

SCCrM1

,SCCrM3

SCMnCrM2

,SCMnCrM3

SCNCrM2

JIS G 5121 

SCS2

,SCS2A

JIS G 5501 

FC200

,FC250,FC300,FC350

JIS G 5502 

FCD400

,FCD450,FCD500,FCD600,FCD700,FCD800

JIS G 5705 

FCMP44-06

,FCMP49-04,FCMP54-03,FCMP59-03,FCMP65-02

d)

機械構造部品用焼結

材料

JIS Z 2550 

SMF4030

,SMF4040,SMF5030

5.

(加工材料)の 5.4(加工材料の確認)の“必要があれば,JIS G 0565JIS G 0566 及び JIS Z 2343 によ

る方法”を,

“必要があれば,JIS G 0566JIS Z 2320-1JIS Z 2343-1 及び JIS Z 2501 による方法”に置き

換える。

8.

(加工品の品質)の項目名の(

3

)

を,削除する。

9.

(加工品の試験方法)の項目名の(

3

)

を,(

4

)

に置き換える。

9.

(加工品の試験方法)の 9.1(外観試験)の“目視又は JIS G 0565 及び JIS Z 2343 のいずれかの”を,

“目

視又は JIS Z 2320-1 及び JIS Z 2343-1 のいずれかの”に置き換える。

9.

(加工品の試験方法)の 9.4(金属組織試験)の“JIS G 0551JIS G 0552 及び JIS G 0558 のいずれかの”

を,

JIS G 0551 及び JIS G 0558 のいずれかの”に置き換える。

付表 1(引用規格)を,次の表に置き換える。


3

B 6912

:2010

付表 1  引用規格 

規格番号

名称

JIS B 0122 

加工方法記号

JIS B 0621 

幾何偏差の定義及び表示

JIS B 6901 

金属熱処理設備−有効加熱帯及び有効処理帯試験方法

JIS B 6905 

金属製品熱処理用語

JIS B 7503 

ダイヤルゲージ

JIS B 7514 

直定規

JIS B 7524 

すきまゲージ

JIS B 7725 

ビッカース硬さ試験−試験機の検証及び校正

JIS B 7726 

ロックウェル硬さ試験−試験機の検証及び校正

JIS B 7727 

ショア硬さ試験−試験機の検証

JIS B 7734 

ヌープ硬さ試験−試験機の検証

JIS G 0551 

鋼−結晶粒度の顕微鏡試験方法

JIS G 0558 

鋼の脱炭層深さ測定方法

JIS G 0559 

鋼の炎焼入及び高周波焼入硬化層深さ測定方法

JIS G 0566 

鋼の火花試験方法

JIS G 3201 

炭素鋼鍛鋼品

JIS G 4051 

機械構造用炭素鋼鋼材

JIS G 4052 

焼入性を保証した構造用鋼鋼材(H 鋼)

JIS G 4053 

機械構造用合金鋼鋼材

JIS G 4303 

ステンレス鋼棒

JIS G 4311 

耐熱鋼棒

JIS G 4401 

炭素工具鋼鋼材

JIS G 4404 

合金工具鋼鋼材

JIS G 4801 

ばね鋼鋼材

JIS G 4805 

高炭素クロム軸受鋼鋼材

JIS G 5101 

炭素鋼鋳鋼品

JIS G 5111 

構造用高張力炭素鋼及び低合金鋼鋳鋼品

JIS G 5121 

ステンレス鋼鋳鋼品

JIS G 5501 

ねずみ鋳鉄品

JIS G 5502 

球状黒鉛鋳鉄品

JIS G 5705 

可鍛鋳鉄品

JIS K 2242 

熱処理油

JIS Z 2244 

ビッカース硬さ試験−試験方法

JIS Z 2245 

ロックウェル硬さ試験−試験方法

JIS Z 2246 

ショア硬さ試験−試験方法

JIS Z 2251 

ヌープ硬さ試験−試験方法

JIS Z 2320-1 

非破壊試験−磁粉探傷試験−第 1 部:一般通則

JIS Z 2343-1 

非破壊試験−浸透探傷試験−第 1 部:一般通則:浸透探傷試験方法及び浸透指示模様の分類

JIS Z 2501 

焼結金属材料−密度,含油率及び開放気孔率試験方法

JIS Z 2550 

焼結金属材料−仕様