>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

日本工業規格          JIS 

 

B 3401-1993 

 

 

CAD用語 

Glossary of terms used in CAD 

 

 

1. 適用範囲 この規格は,主として機械工業におけるCADに関して用いる主な用語及びその定義につ

いて規定する。 

備考 この規格の引用規格を,次に示す。 

JIS X 0002 情報処理用語(算術演算及び論理演算) 

JIS X 0013 情報処理用語(図形処理) 

JIS X 5108 開放型システム間相互接続のトランスポートサービス定義 

 

2. 分類 用語は,次のとおり分類する。 

(1) 一般 

(2) 装置 

(3) モデリング 

(4) 対話 

(5) 表示 

(6) 公的規格 

 

3. 用語,及び定義 用語,及び定義は,次による。 

なお,対応英語を参考のため示す。 

備考1. 一つの用語欄において二つ以上の用語が併記してある場合には,記載してある順位に従って

使用する。 

2. 定義の文中で下線を引いてある語は,この規格に規定されている用語であることを示す。 

参考1. 一つの対応英語欄に二つ以上の対応英語が併記してある場合には,記載してある順位に従っ

て使用する。 

2. 対応英語の一部に丸括弧 “( )” を付けてあるものは,丸括弧の中の用語が省略される場合が

ある。 


B 3401-1993  

(1) 一般 

番号 

用語 

定義 

対応英語(参考) 

0101 

自動設計 

製品の設計に関する規則又は方法をプログラム化して,コ
ンピュータを利用して自動的に行う設計。 

automated design 

0102 

CAD 

製品の形状,その他の属性データからなるモデルを,コン
ピュータの内部に作成し解析・処理することによって進め
る設計。 

computer aided design 

0103 

CAM 

コンピュータの内部に表現されたモデルに基づいて,生産
に必要な各種情報を生成すること,及びそれに基づいて進
める生産の形式。 

computer aided 

manufacturing 

0104 

CAD/CAM 

CADによってコンピュータ内部に表現されるモデルを作
成し,これをCAMで利用することによって進める設計・
生産の形式。 

− 

0105 

CAE 

CADの過程でコンピュータ内部に作成されたモデルを利
用して,各種シミュレーション,技術解析など工学的な検
討を行うこと。 

computer aided 

engineering 

0106 

自動製図 

コンピュータ内部に表現されたモデルに基づいて,対象物
の図面を自動化装置によって描くこと。 

automated drafting 

0107 

パラメトリックデ
ザイン 

製品又はその部分について,形状を類型化し,寸法などを
パラメタで与えることによって,コンピュータ内部のモデ
ルを簡易に生成する設計方法。 

parametric design  

0108 

コンピュータアニ
メーション 

コンピュータグラフィックスなどの技術を利用して生成
した動画,又はこれを生成すること。 

computer animation 

0109 

コンピュータグラ
フィックス, 
図形処理 

コンピュータ内部に表現されたモデルをグラフィックデ
ィスプレイなどに表示する技法。 

computer graphics 

0110 

対話形コンピュー
タグラフィックス 

対話形式でコンピュータ内部にモデルを作成し,これをグ
ラフィックディスプレイなどに表示する技法。 

interactive computed 

graphics  

0111 

CIM(しむ) 

製品企画から設計,製造,販売,保守までの生産に関する
あらゆる活動を,コンピュータ技術を使用することによっ
て一つのシステムに統合しようとする考え方。 

computer intergrated 

manufacturing  

(2) 装置 

番号 

用語 

定義 

対応英語(参考) 

0201 

ワークステーショ
ン 

他の計算機システムとデータを共有できる自立形計算機
システムで,高性能な処理装置,表示装置,外部記憶装置
などを備え,マルチウインドウ・ネットワークなどの機能
をもつもの。 

workstation 

0202 

(グラフィック)デ
ィスプレイ 

図面又は画像を表示する装置。 

備考 走査線の制御方式の違いによって,ラスタ型・

ベクトル型がある。 

graphic display 

0203 

タブレット 

位置を指示するための機構をもった特殊な平板状の入力
装置であって,通常位置入力装置として使われるもの(JIS 
X 0013参照)。 

備考 通常,メニューの指定・ディスプレイ上のグラ

フィックカーソルの制御などに用いる。 

tablet 

0204 

マウス 

平面の上を移動させて操作する手持ち式の位置入力装置
(JIS X 0013参照)。 

備考 通常,ディスプレイ上のグラフィックカーソル

の制御を目的として用いる。機械方式及び光学
方式がある。 

mouse 


B 3401-1993  

番号 

用語 

定義 

対応英語(参考) 

0205 

座標読取機,ディジ
タイザ 

座標をディジタル化して入力する装置。 

coordinate digitizer 

0206 

装置座標,デバイス
座標 

装置に依存した座標系で指定される座標(JIS X 0013参
照)。 

device coordinate 

0207 

プロッタ 

取外し可能な媒体に,コンピュータからの情報を作画・描
画する装置。 

備考 ベクトルイメージで作画するペンプロッタ及

びドットイメージで描画するラスタプロッタ
がある。 

plotter 

0208 

エンジニアリング
ワークステーショ
ン 

科学技術計算機能,グラフィックス機能などを強化した,
エンジニアリング指向のワークステーション。 

engineering workstation 

(3) モデリング 

番号 

用語 

定義 

対応英語(参考) 

0301 

モデル 

ある対象から,当面する問題に必要なデータを抽出し,そ
の対象を表現したもの。 

model 

0302 

モデリング 

コンピュータ内にモデルを作ったり,既存のモデルを変更
したりするための技法。 

modeling 

0303 

オブジェクトモデ
ル 

対象に関して,形状のほか,応用に依存する各種のデータ
を含んだモデル。 

object model 

0304 

プロダクトモデル 

製品を製造するために必要な,形状,機能及びその他のデ
ータによって,その製品をコンピュータ内部に表現したモ
デル。 

product model 

0305 

形状モデリング, 
幾何モデリング, 
形状処理 

コンピュータ内部に形状モデルを生成,表現,又は制御し
たり,それらに対する操作を行うための技法。 

geometric modeling  

0306 

形状モデル, 
幾何モデル 

平面上又は三次元空間内の形状をコンピュータ内部に表
現したモデル。 

geometric model 

0307 

ワイヤーフレーム
モデル 

三次元形状を,りょう(稜)線によって表現した形状モデ
ル。 

wire frame model 

0308 

サーフェスモデル 

三次元形状を,面分によって表現した形状モデル。 

surface model 

0309 

ソリッドモデル 

三次元形状を,その形状の占める空間があいまいでなく規
定されるように表現した形状モデル。 

備考 略してソリッドともいう。 

solid model 

0310 

三次元モデル 

三次元形状を表現した形状モデル。体積情報によるソリッ
ドモデル,面情報によるサーフェスモデル,線情報によるワ
イヤーフレームモデルに分類できる。 

three-dimensional 

(geometric) model 

0311 

2

1

2次元モデル 

掃引によって三次元形状を表現した形状モデル。 

2

1

2-dimensional 

(geometric) model, 

2.5-dimensiona1 

(geometric) model 

0312 

世界座標,ワールド
座標 

対象の図形の入出力を行うために用いられる形状モデル
を定義付ける最も大域的なグローバル座標。 

world coordinate 

0313 

スプライン曲線 

特定の連続性の条件を満たすように接続した曲線分の集
まりとして定義付けされる曲線。 

spline curve 

0314 

スプライン曲面 

特定の連続性の条件を満たすように接続した曲面分の集
まりとして定義付けされる曲面。 

spline surface 

0315 

自由曲線 

簡単な数式で表現することが困難で,一定の連続性の条件
を満たすように接続した曲線分の集まりとして表現され

free-form curve 


B 3401-1993  

番号 

用語 

定義 

対応英語(参考) 

る曲線。 

0316 

自由曲面 

簡単な数式で表現することが困難で,一定の連続性の条件
を満たすように接続した曲面分の集まりとして表現され
る曲面。 

free-form surface 

0317 

マスプロパティ 

物体がもつ,形状に依存する面積,体積,一次モーメント,
二次モーメント,重心などの特性値。 

mass property 

0318 

集合演算 

形状を点集合としてとらえ,その集合の和,積,差によっ
て新たな形状を生成する操作。 

set operation 

0319 

局所演算 

形状モデルを局所的に変形する操作。 

local operation 

0320 

掃引(そういん) 

平面上で定義した図形を空間内で移動し,その軌跡によっ
て三次元形状を生成する操作。 

備考 形状モデルを作成するための手法で,主として

移動掃引及び回転掃引が用いられる。 

sweep 

0321 

CSG(しーえすじー) サービスプリミティブと呼ばれる基本形状要素の集合演

算に基づいて三次元形状をコンピュータ内部に表現する,
ソリッドモデル作成のための手法。 

備考 サービスプリミティブとは,サービス利用者と

サービス提供者間における抽象的で実装に依
存しない相互動作(JIS X 5108参照)。 

constructive solid 

geometry  

0322 

境界表現 

頂点,りょう(稜)線,ループ,面分,シェルの接続情報
によって,三次元形状の境界をコンピュータ内部に表現す
る,ソリッドモデル作成のための手法。 

boundary representation 

0323 

線織面,ルールドサ
ーフェス 

線分の両端が三次元空間内の2本の曲線上をそれぞれ連
続的に移動するとき,その線分の軌跡として定義される曲
面。 

ruled surface 

0324 

ネスティング 

二次元の閉図形によって表現される部品又は部材を長方
形などの母材の中に最適に配置すること。 

nesting 

0325 

ベジエ曲線 

順序付けられた点の1次結合として表現された曲線式に
おいて,バーンスタイン多項式を係数関数として用いた曲
線。 

Bezier curve 

0326 

B−スプライン曲線 

順序付けられた点の1次結合として表現された曲線式に
おいて,B−スプライン関数を係数関数として用いた曲線。 

B−spline curve, 
basis spline curve 

0327 

ベジエ曲面 

格子上の点群の1次結合として表現された式において,バ
ーンスタイン多項式の積を係数関数として用いた曲面。 

Bezier surface 

0328 

B−スプライン曲面 

格子上の点群の1次結合として表現された式において,B
−スプライン関数の積を係数関数として用いたスプライ
ン曲面。 

B−spline surface, 
basis spline surface 

0329 

B−スプライン関数 

スプライン関数の基底関数。 

B−spline (function), 
basis spline (function) 

0330 

NURBS(なーぶす) 非一様で,かつ,有理なB−スプライン関数。 

又はその関数を係数関数とする曲線又は曲面。 

non uniform rational  
B−spline 

0331 

回転曲面 

線分又は曲線を,ある軸の周りに回転することによって得
られる曲面。 

surface of revolution  
B−spline 

0332 

フィレット面 

複数の面又は曲面の接続を滑らかにするために挿入され
る曲面。 

fillet surface 

0333 

グローバル座標 

対象とされる空間に定義される大域的な座標系,又はその
座標系で表された座標値。 

備考 世界座標もグローバル座標の一種である。 

global coordinate 

0334 

ローカル座標 

グローバル座標に対し,相対的に定義される局所的な座標
系,又はその座標系で表された座標値。 

local coordinate 


B 3401-1993  

番号 

用語 

定義 

対応英語(参考) 

0335 

形状モデラ 

形状モデルを生成,表現,制御,操作するソフトウェア。
単にモデラということもある。 

geometric modeler 

0336 

シェル 

境界で隣接した面分の集合。 

shell 

0337 

面分(めんぶん), 
フェイス 

閉じた境界をもつ面要素。 

face 

0338 

ループ 

端点で接続するりょう(稜)線で構成される閉じた輪郭。
面分の境界を表す。 

loop 

0339 

りょう(稜)線, 
エッジ 

2個の頂点を境界とする線要素。 

edge 

0340 

頂点, 
バーテックス 

形状モデルを表すための点要素。 
幾何の点に対応する。 

vertex 

0341 

ポリゴン 

形状を表すための折れ線。 

polygon 

0342 

トリミング 

形状の一部を削って修正する操作。 

trimming 

0343 

オフセット 

与えられた線に対して一定の隔たりをもつ線,又は与えら
れた面に対して一定の隔たりをもつ面。 

offset 

0344 

コピー 

指定された形状と同じ形状を作る操作。 

copying 

0345 

ミラー 

指定された点,直線,又は平面に対して指定された形状と
対称な形状を作る操作。 

mirroring 

0346 

拡大縮小 

形状を指定された点に関し,与えられた比率だけ大きくし
たり,小さくしたりする操作。 

scaling 

0347 

パラメトリック曲
線 

一つの媒介変数を変化させることによって,その関数値と
して,与えられる座標によって作られる曲線。 

parametric curve 

0348 

パラメトリック曲
面 

二つの独立した媒介変数を変化させることによって,その
関数値として,与えられる座標によって作られる曲面。 

parametric surface 

0349 

面取り(めんとり) 面と面との交わりの角に斜めの面を付けること。 

chamfering 

0350 

プリミティブ 

集合演算のオペランドとして用いられる基本形状。 

primitive 

0351 

ディメンジョン 

寸法数値,又は寸法数値と寸法線とで構成される寸法要
素。 

dimension 

0352 

干渉チェック 
(かんしょう) 

平面上,又は三次元空間内において,複数形状間の重なり
合いを調べること。 

interference check 

0353 

オペランド, 
演算数 

演算が行われる対象となるもの(JIS X 0002参照)。 

operand 

(4) 対話 

番号 

用語 

定義 

対応英語(参考) 

0401 

カーソル 

表面上の次の操作位置を指示するために使われる,可動で
かつ可視な印(JIS X 0013参照)。 

cursor 

0402 

グリッド, 
格子 

グラフィックディスプレイ上に表示された一定間隔の格
子。 

備考 表示点の座標値を丸めるために使う。 

grid 

0403 

メニュー 

グラフィックディスプレイ上などに配置された操作,属性
の目録で,目録中の項目が指示装置又は指によって選択可
能なもの。 

menu 

0404 

アイコン 

操作,属性の象形表現。 

備考 表示画面に表示され直接操作可能であり,主と

してメニューの項目として用いられる。 

icon 

0405 

レイヤ, 
画層 

複数の画像を重ね合わせて表示するために用いる層。 

layer 

0406 

ラバーバンディン
グ 

前指示点から現在のカーソル表示点までの追従軌跡を動
的に表示する技法。 

rubber band technique 


B 3401-1993  

(5) 表示 

番号 

用語 

定義 

対応英語(参考) 

0501 

シェーディング 

三次元形状の画像を写実的に表現するために,面の傾き,
光源の位置などを考慮して,面の見掛けの色や明るさを決
定すること。 

shading 

0502 

付影処理 
(ふえいしょり) 

三次元形状の画像に影を付ける操作。 

shadowing 

0503 

画素, 
ピクセル, 
PEL(省略形) 

色又は輝度を独立に割り当てることができる,表示面の最
小要素(JIS X 0013参照)。 

pixel 

0504 

レンダリング 

三次元形状の描画において,明るさ及び色を付与して,現
実に近い質感を与えること。 

rendering 

0505 

隠線消去, 
隠れ線消去 

三次元形状の投影図において,実際には隠れて見えない線
を表示しないこと。 

hidden line removal 

0506 

隠面消去, 
隠れ面消去 

三次元形状の投影図において,実際には隠れて見えない面
を表示しないこと。 

hidden surface removal 

0507 

投影図 

一定の規則によって三次元形状を平面上に描いた図。 

projection drawing 

0508 

平行投影 

投影線が互いに平行な投影。 

parallel projection 

0509 

透視投影, 
中心投影 

投影線がある1点に集中する投影。 

perspective projection, 
central projection 

0510 

ビュー 

投影図を作成する基準となる視点の位置及び視線の方向。 

備考 投影図のことを指す場合もある。 

view 

0511 

フィル 

二次元閉領域を定められた模様で埋めること。 

fill 

(6) 公的規格 

番号 

用語 

定義 

対応英語(参考) 

0601 

IGES(あいじぇす) 製品定義データの交換のため,ファイル形式,言語形式及

びそれらの書式で定義される製品定義データを規定した
ANSIの略称。 

The initial graphics 

exchange specification 

0602 

STEP(すてっぷ) 

ISO(国際標準化機構)で開発中の,製品モデルの表現及
び交換に関する規格全体の通称。 

standard for the exchange 

of product model data 

 


B 3401-1993  

CAD用語改正原案作成委員会 構成表 

 

 

氏名 

所属 

(委員長) 

 

山 口 富士夫 

早稲田大学理工学部 

 

 

井 越 昌 紀 

東京都立大学工学部 

 

 

中 島 尚 正 

東京大学工学部 

 

 

光 成 豊 明 

明星大学情報学部 

 

 

若 松 茂 三 

工業技術院標準部 

 

 

杉 上 孝 二 

通商産業省機械情報産業局 

 

 

小 島 俊 雄 

工業技術院機械技術研究所 

 

 

小 堀 研 一 

大阪工業大学電子工学科 

 

 

菊 地 政 勝 

社団法人日本設計工学会(武藤工業株式会社) 

 

 

須 賀 雅 夫 

株式会社三菱総合研究所 

 

 

河 西 正 行 

三和工機株式会社(東京設計管理研究会) 

 

 

武 藤   章 

石川島播磨重工業株式会社航空宇宙事業本部 

 

 

篠 原 克 也 

日本電気株式会社C&Cシステム研究所 

 

 

川 口   博 

キャダムシステム株式会社 

 

 

平 林 哲 夫 

日本ユニシス株式会社製造工業システム本部 

 

 

山 田 健 雄 

株式会社日立製作所ソフトウエア開発本部 

 

 

長谷川   亨 

株式会社SRA開発本部